新潟生まれのしょうゆ【郷土の実り】郷土の実りプロジェクト

ABOUT US

私達について

●製造会社紹介
 私たちは昭和47年に新潟県内の老舗醸造元18社が集結して誕生した新潟県長岡市にあるしょうゆ屋です。口下手で頑固な職人が多いです(笑)
 新潟県で小麦づくりが復活していることを知り、数少ない貴重な小麦だから、どうせ造るなら手間をかけてでもこだわったしょうゆを造ろう!と、天然醸造、無調整、搾ったまま何も加えない「郷土の実り」は誕生しました。
 天然醸造は猛暑や冷夏、毎年の原料の差で色も味も違うものとなります。今年はどんなしょうゆに仕上がるか一番ワクワクしているのは私たちかもしれません。
 この商品を造るようになって改めてしょうゆの魅力を再確認することができ、もっと皆さんに発酵や醸造について伝えていきたいという思いが強くなりました。
 私たちは「郷土の実り」を通じてしょうゆの価値、日本の醸造品の素晴らしさを多くの方に伝えていきます!

【自然の温度変化で造る天然醸造しょうゆ】
 一般的なしょうゆは発酵を早めるため、タンクを温めて半年ほどで出来上がりますが、郷土の実りは、昔ながらの自然な四季の温度変化だけで丸一年間発酵・醸造を行った、天然醸造のしょうゆです。
 時間をかけた分だけ味がまろやかで、自然なやさしい甘みが特長です。その年の大豆と小麦の出来具合や気候により、毎年の風味の変化を楽しめる、ワインのようなヴィンテージしょうゆです。
【無調整 絞ったまま何も加えない】
 一般的なしょうゆは、品質保持のため、保存料やアルコールを加えますが、郷土の実りは、加えておりません。
 また、通常のしょうゆは、仕込みタンクごとに出来上がりが違い、品質を均一に保つため、決められた成分まで塩水や水で調整します。
 しかし、郷土の実りは、その年の味わいを大切にしたいので、成分の調整をせずに搾ったままで製品にしました。
【新潟生まれの醤油とは】 
 新潟の人が、新潟の原材料を使って、新潟の気候の中で、新潟の人々と共に仕込んだ、新潟の自然と人が醸すしょうゆです。
 自分たちで造ったしょうゆは格別です!

《新潟の小麦づくりを復活!》
〜県産醤油復刻プロジェクトを立ち上げ〜
 しょうゆの原材料は、大豆と小麦です。
小麦は新潟県でもかつてはたくさん作っておりましたが、戦後年々減少し、1998年には完全になくなってしまいました。 
 しかし、地元の農家さんに小麦を作ってもらう活動を続け、雪に強い小麦品種「ゆきちから」の栽培が始まり、弊社 新潟県醤油協業組合と、山崎醸造株式会社、株式会社ホクショクとの3社で、《県産醤油復刻プロジェクト》を立ち上げ、2015年ついに初仕込みを行うことができたのです。
 郷土の実りは、100%新潟県産の大豆と小麦を使用して醸造しております。

★お客様の声★
「無添加、天然醸造に魅かれて購入しました。自分の子どもが初めて口にする醤油に選びました」(30歳・女性)
「一本で味が決まる醤油に出会えました!」(36歳・女性)
「少し高いけど、家族が喜ぶからいいか!と思ってリピートしています。」(50歳・女性)
「昔のしょうゆの味がする!うまい!」(70代・男性)

★レシピ★
 天然醸造のしょうゆを思い切り感じていただけるおすすめレシピをご紹介します!
⇨ http://kikoshin.co.jp/kyodo/recipe/

★ブログ★
http://kikoshin.co.jp/kyodo/syoyu_blog/