mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

Aloha blessings from ANTARES* 9

Divine Healing Space ANTARES* からの、9通目のメルマガ、9枚目の花びらです。
受け取っていただきありがとうございます。

今日の空は朝から夕方までとても美しく、なんだか違う次元のもののようでした。
そして今日は2月2日、節分の日ですね。
3日の節分が当たり前という感覚でいましたが、それは経験の蓄積でそう思っていただけなのだなと、改めて思った本日。当たり前の事が当たり前ではなく、すべては流れの中で変わっていく、それは、私たち自身も古い習慣から抜け出してもっと自由になっていく可能性があるということ、それは可能だよ、そうなっていいよ、というメッセージのようだなと感じました。

私は2には何かがひらくイメージを感じています。
扉がひらく、道がひらける、宇宙にひらく、ハートをひらく。
繋がり、陰陽の調和、新しい世界。

私たちの世界は、私たちが信じたように創られている、そして創られる。
それは、古くは聖書にも、最近ではビジネス書にもかいてあるようなフレーズでありますが、深遠な美しき宇宙の法則でもあります。

例えば、自分が自分に優しくなれば世界は優しくなるし、その逆も然り。
先月は「自分に優しく」をテーマにして、クラスでもセッションでも、私たちに染み付いた色々な厳しさの話をしていましたが、今月も引き続き、自分に優しく、自分を大切にしていくことを、強くお勧めします。
優しさは、私たちが開いていくこと、扉を開けて、自分の道を進んでいくことを力強くサポートしてくれます。自分で自分に優しさを注ぐ。
厳しい習慣は変えてもいいのだと、自分を鞭打つ必要はないのだと、少しずつ、でも確実に、コツコツと思考の習慣を変えていきたい。
陰ヨガも頑張らないことを頑張るヨガ、これも神経に刷り込まれた習慣を解放する一つの手段です。

優しくて平和で、心安らぐ天国のような世界。
そんな世界も自分が信じればそうなるということ。信じるためには、まず自分が自分に優しさを注ぐ事が大切です、そこからはじめる必要がありますね。優しさを感じる機会がなかったら、いくら世界は優しいと言われても信じることは難しいですし、なのでまずは自分で自分に優しさを体験させてあげたい。
私たちが、知っている→信じている、という変化を起こすには、ある程度の経験や体験が必要なのです。

私はこの話が好きすぎて、おそらく何時間でも話し続けられます、笑。先日は5時間くらい話していて、時計を見て自分でもびっくりしましたが…。
気を抜くとまた長くなりそうなので、この話は今日はこの辺までとします。

優しさという愛を自分と自分の世界に注いでいきましょう。
そしてハートをひらいて、自分の無限の可能性をひらいて、愛の世界を生きていく。
同じ見えないものを信じるならば、恐れや不安心配ではなく、愛と光を信じていきたいですね。
これが2月2日のメッセージ、2のストーリーでした。

次回はまたゾロ目の日に配信予定です。
宇宙の愛と光と、心からの感謝とともに。

~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~
お知らせ

◎今月の参加無料のアライメントだけの会は2月28日(日)11:11-11:44です。
✳︎その他日時でご希望ありましたらお知らせください^^
いつでもどなたにでもアライメントの体験のサポートさせていただきます。
また追加日時が決まりましたらブログやSNSでお知らせします。

◎マザーアマラのギャザリングがオンラインで開催されます。
愛である光である自分自身を真実として体験するための
また、自分は本当に愛と光なんだ、と実感・体感することのできるとても美しい機会です。
ご興味ありましたらぜひ、参加くださいませ。
お申込み受付中です。

2021年2月13日(土)&14日(日) 2日間
各日8:00-2:22 (休憩あり)
参加費444USドル:日本円で48000円前後
お申込み: メールやLINE、メッセンジャーで連絡ください。
メールは aloha@antareslove.jp まで。

◎オンライン個人セッションのキャンペーン【2月末まで】
2月末までに購入していただければ、セッションはそれ以降でも大丈夫です。
https://ticket.tsuku2.jp/eventsDetail.php?ecd=05112161230103

◎ブログ、スケジュールなどのお知らせは下記のリンクから確認していただけます。
(スケジュールは随時更新していますが、詳細はメールやラインやメッセンジャーなどでお問い合わせくださいませ。)
https://linktr.ee/antareslove_tokyo

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する