カフェじゃろなんじゃろ|幾久山・上の平米取扱所

島のおいしいお米通販なら、長崎県の離島・五島列島の大自然の中で育った至極のお米。

ここに美味しいお米ができる空気が綺麗で、清流が流れる地域があります。
豊かな大地が生み出す至極のお米は、知る人ぞ知る逸品です。
恵まれた自然で、安心・安全な米作りを目指し、有機JAS認証を受けた米づくりも行っております。
混じり気なしの至極のお米をぜひ味わってみてください。

営業時間:10:00〜16:00 定休/火水
〒853-0502
長崎県五島市玉之浦町幾久山437-75
0959−88−2288

ABOUT US

product

  • 通販

mail magazine

カフェじゃろなんじゃろの無料のメールマガジンに是非ご登録ください。

島のおいしいお米通販なら、長崎県の離島・五島列島の大自然の中で育った至極のお米。

古来より大切にされていた稲作。
稲は「命の根」の事を現し、人間の生命の根本と考えられていました。

そんな稲作が危機に立たされているのが、私たちの地域幾久山(いつくやま)・上の平(かみのひら)地区です。

五島列島・五島市の中でも高齢化が著しい玉之浦(たまのうら)町に位置します。

幾久山・上の平地区の成り立ちは、約500年前とされています。

その当時五島を納めていた「五島藩」が守りの要所として建てられた出城の下に拓かれた地域です。

【美味しいお米が育つ条件】

・豊富な清流(美しい水)
・豊かな自然
・綺麗な空気

豊富な水を貯め込める豊かな自然は、美味しいお米を育てる上で、欠かせない条件です。

四方を山に囲まれている集落で大切に育てられたお米です。
山は水を貯め込むことができるので、年中清らかな水が枯れることがありません。

そして、私たち人間にも綺麗な空気が必要なように、生きているお米にも必要です。
植物を育む空気は、森林によって浄化されるので、いつでも綺麗な状態が保たれています。


・昼夜の寒暖差

島と聞くと想像しにくいかもしれませんが、
山間の集落で栽培をしているため、
昼夜の寒暖差が大変大きいです。

それにより、日中の光合成によってできたデンプンを、
夜が暖かいとデンプンを稲自体の補修に使ってしまいますが、
夜が寒いと稲がしっかりと休むことができ、お米の中に蓄える
ことができ、甘み・旨みがたっぷりのお米に育ちます。

美味しいお米に育つ条件の整った地域です。


【私たちのこだわり】

・混ぜ米一切なし

・有機栽培、自然循環栽培の取り組み

・籾(もみ)での保存

・トレーサービリティーシステムの導入

shop fan club

お気に入りのお店のショップ ファンクラブに参加して、
ポイントやお得な情報を手に入れよう!

powered by カフェじゃろなんじゃろ|幾久山・上の平米取扱所

ファンクラブ
ショップ情報 お問い合わせ