ガラスのメルヘン美術館

新潟県海辺のど真ん中にあります越前浜の古民家でガラス細工を作っています。ガスバーナーでガラス棒を溶かしながら小さな夢の世界を作品にしています。妖精、昆虫、動物、童謡、四季折々の催し、アクセサリー等を”作りたい”と思ったその時のパワーを大切にしながら炎に向かいます。館内は、体験教室の場、作品を展示販売しているギャラリーや、お庭の花々を眺めながらお食事もできるカフェもご用意してあります。 ガラスのメルヘン美術館 新潟市西蒲区越前浜4715 tel:09045498663 作者:松田尚子

ABOUT US

product

  • 通販
  • ウェブチケット

mail magazine

ガラス細工を新潟県海辺のど真ん中にあります越前浜の古民家で作っています。ガスバーナーでガラス棒を溶かしながら小さな夢の世界を作品にしています。妖精、昆虫、動物、童謡、四季折々の催し、そしてアクセサリー等を”作りたい”と思ったその時のパワーを大切にしながら炎に向かいます。館内は、体験教室の場、作品を展示販売しているギャラリーやお庭の花々を眺めながらお食事もできるカフェもご用意してあります。

ガラスの世界は、実はいろいろな技があります。
そんな中で、ガスバーナーを使って作り出すガラス細工の作品を少しでも多くの人たちに知って頂き、作品を見てこの世界に入ってみたい。
やりたいと思ってくださる方たちが多くなれば、こんなに幸せなことはないと思い、作り続けております。
光に輝くガラス達は不思議な力があると思います。
手に取ったり、身につけたり、飾っていただいたりしたときに思わずにっこりしたり、ほっと癒された り、小さなお子様から大人の方達まで幅広くガラスを愛する方に手に取っていただきたいです。

松田尚子(まつだしょうこ)
新潟の西蒲区越前浜に住んでいます。
ガラスの世界に巡り会って40数年が経ちました。
数えてみればこの技術をもちプロとして現在も活躍しているアーティストは日本に約20名ほどです。
長い間ご愛顧いただきましてありがとうございます。
ひたすらガスバーナーでガラスを溶かしながら、自分の好きな世界を作品にしてきました。
自然豊かな子供の頃、あらゆる生き物たちと戯れながら遊びまわっていたことが、今の作品に表現されていると思います。
いろいろな本も大好きで、作品を作る上で力になってくれています。
手作りで、世界にたった1点しかないガラス細工の世界をぜひ手に取って、楽しんでください。

1954 新潟県燕市に生まれる
1981 東京ギアマン工芸学院ガラス科 卒業
1985 新潟伊勢丹 個展
1986 アンデパンダン展「ガラスの昆虫」金賞
1987 松屋銀座「ガラスの昆虫図鑑」個展
1991 「ガラスの妖精たち」出版
1997 シアトル/ガラススクール 参加
   ガラスのメルヘン美術館 開館
1998 長野県安曇野で毎年作品展を開催
2000 ランプワークフェスティバル毎回参加
2001 「バーナーで作る小さな妖精たち」出版
2006 毎年 作品展/個展多数参加
2010 ガラスバーナーワーク養成講座 開設
2018 カーブドッチ近く越前浜の古民家へ移転/作品店舗及び喫茶オープン
2020 各地作品展/体験教室開催

作品についてです。
私の作品は、ガラス工芸(バーナーワークの技法になります。
ガスバーナーでガラス棒を1000度前後の温度で溶かしながら形を作っていきます。
動物、昆虫、海の世界、童話、神話、妖精の世界をつくりだしていきます。
アクセサリーでは、イタリアのベネチアンガラスを溶かして作ることを得意としています。
作品は小さくて手のひらにちょこんと乗る大きさが多いです。

取り扱い、お手入れの方法です。
作品を移動する時は台の上に乗っている作品は一度下ろしてください。
台ごと移動すると、滑ってしまい、作品を落としたり倒したりすることが多いです。
作品を洗うときは、手のひらに乗せて水か、ぬるま湯のシャワーで軽く洗ってください。
綿棒で隙間を洗ったりすると壊れることがあります。
洗ったら後は拭かずに、自然乾燥させてください。

ガラスのメルヘン美術館
新潟市西蒲区越前浜4715
tel:09045498663
作者:松田尚子

shop fan club

お気に入りのお店のショップ ファンクラブに参加して、
ポイントやお得な情報を手に入れよう!

powered by ガラスのメルヘン美術館

ファンクラブ