ロゴ

about us

わたしたちについて

<靴づくりの工程ってご存知でしょうか?>


1.設計
新しいデザインを作り出すときは、設計前に多くの時間をかけてデスカッションが行われ、そこからアイデアをイラストに描き起こします。

2.金型作成
設計イラストをもとに、靴のフォルムにとって重要な木型の工程に入ります。
納得のいくカタチにするために入念に削り込む作業を続けます。

3.型紙作成
すべての設計図となる型紙作成。
最終のフォルムをイメージして、削り出された木型をもとに、素材の伸びや性質などを考慮しながら型紙を作っていきます。
のちのちの工程の基本となるものです。

4.素材選定
数ある素材から厳選した素材を使用します。

5.裁断
抜型と呼ばれる一つひとつが特注品の刃物で、材料をパーツごとの形に抜きだします。
素早く、無駄なく切り抜くには熟練の技術を要します。

6.縫製
裁断されたパーツをミシンで縫い合わせます。
人の手による想いを込めた縫製で、ずっと使用していただけるように・・・

7.糊塗り
パーツの作りに合わせた接着剤を選び、一つひとつ手作業で塗布します。
均一かつはみ出しのない塗布技術には熟練の腕が求められます。

8.吊り込み
木型に素材を沿わせて、靴の形にする吊り込みという作業。
インソールとベルト部分を一つひとつ丁寧に組み上げていきます。

9.仕上げ
インソールとアウトソールを合わせ、全体に圧力をかけることで隙間なく接着され、靴の完成となります。




<専門家の方たちと共同制作>
また整骨院の先生方に協力してもらい健康に特化した商品の開発も進めております。

http://japan-dsa.or.jp/

<靴づくりの工程ってご存知でしょうか?>



1.設計

新しいデザインを作り出すときは、設計前に多くの時間をかけてデスカッションが行われ、そこからアイデアをイラストに描き起こします。


2.木型作成

設計イラストをもとに、靴のフォルムにとって重要な木型の工程に入ります。

納得のいくカタチにするために入念に削り込む作業を続けます。



3.型紙作成

すべての設計図となる型紙作成。

最終のフォルムをイメージして、削り出された木型をもとに、素材の伸びや性質などを考慮しながら型紙を作っていきます。

のちのちの工程の基本となるものです。


4.素材選定

数ある素材から厳選した素材を使用します。


5.裁断

抜型と呼ばれる一つひとつが特注品の刃物で、材料をパーツごとの形に抜きだします。

素早く、無駄なく切り抜くには熟練の技術を要します。


6.縫製

裁断されたパーツをミシンで縫い合わせます。

人の手による想いを込めた縫製で、ずっと使用していただけるように・・・


7.糊塗り

パーツの作りに合わせた接着剤を選び、一つひとつ手作業で塗布します。

均一かつはみ出しのない塗布技術には熟練の腕が求められます。


8.吊り込み

木型に素材を沿わせて、靴の形にする吊り込みという作業。

インソールとベルト部分を一つひとつ丁寧に組み上げていきます。


9.仕上げ

インソールとアウトソールを合わせ、全体に圧力をかけることで隙間なく接着され、靴の完成となります。





<専門家の方たちと共同制作>

また整骨院の先生方に協力してもらい健康に特化した商品の開発も進めております。


http://japan-dsa.or.jp/