about us

わたしたちについて

岐阜の地酒「千古乃岩(ちごのいわ)」

清酒「千古乃岩」は、越後杜氏伝承の技によって、品質一筋に丹精込めて醸造する岐阜の地酒です。明治42年(1909年)創業者の中島重蔵は、この地方の巨石「稚児岩」にあやかって、千年の時を想い「千古乃岩」と名付けました。岐阜の気候や風土と共に絶妙なバランスで造られる、静かで芳醇な岐阜の地酒・日本酒です。

岐阜県土岐の山あい(JR土岐市駅方面から駄知方面までの肥田川沿い)に、稚児岩(ちごいわ)と呼ばれる巨岩があります。長さ18m、高さ18m、重さ推定13,125トン、土岐市の天然記念物にも指定されているこの巨岩は、めでたい岩とされており、子宝に恵まれると伝えられています。400年ほど昔、子宝に恵まれない夫婦が観音様のお告げによって山道を歩いていると、この岩に行きあたりそこでお祈りをすると珠のような子供を授かったと言われています。
また、 武蔵坊弁慶が持ってきたという逸話も残っています。


【会社概要】
千古乃岩(ちごのいわ)酒造株式会社
屋号:尾張屋商店
酒類の創業は明治42年、業界の中では比較的新しい酒蔵です。その前は醤油や味噌を2代にわたり醸造していた歴史があります。日本酒独特の麹くささを抑えた超醇製法はすっきりした飲み口が特徴で地元、東濃地方で広く愛され続けております。この地方は焼き物の一大生産地で粘土質の地盤が厚く、それを通った地下水は軟水の中でもとりわけ軟度の高い軟水になります。お酒造りに適した環境で4代にわたりスッキリした地酒を醸造しております。

〒509-5401
岐阜県土岐市駄知町2177-1
TEL:0572−59−8014
FAX:0572−59−8144

HP:http://chigonoiwa.jp
Facebook:http://facebook.com/chigonoiwa
Twitter:http://twitter.com/chigonoiwa