Lani uli(ラニウリ)

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

自律神経を整えましょう

ALOHA!カラダとココロが元気になるメルマガを配信するラニウリです。


もはやここ、日本は亜熱帯地域の国なのでは?と思ってしまうような連日の暑さ・・・


私が小学生のころ(もう40年以上前のことですが)は気温が30度以上になると危険だからと

夏休みの午後1時から3時までは家で宿題やりなさいと、よく母から言われたものです。

自然大好きっ子だった私は、麦わら帽子かぶって近所の神社へ、蝉取りに出掛けていましたけれどもね(笑)


それがどうです、今や気温35度は当たり前。40度近くまで上がる日も珍しくなくなりました。

高温多湿の日本の夏は、しらずしらずのうちにストレスになり自律神経が乱れてカラダが悲鳴をあげはじめます。

いわゆる夏バテ状態ですね。


カラダが重い、食欲が出ない、やる気が起きない、寝つきが悪い、頭痛に下痢などなど。

なかなかに辛いですよね・・・


自律神経を整える方法はいくつかあります。

ポイントは生活リズムを整えることと、ストレスをため込まないこと。

簡単そうで実はちょっぴり難しかったりしますよね。


とにかく暑いからお風呂はシャワーだけで済ませてしまう。

食欲もないからアイスや冷たい飲み物ばかりで食事のバランスが崩れてしまう。


あぁ~数年前の私はまさにそんな生活でした。

いつもだるくて疲れやすい。頭痛もしょっちゅうで薬が手放せなかったです。

セラピストなのに・・・自分のケアは後回しにしていました。


今、私が気を付けていることは・・・


①質の良い睡眠を心がける

寝る前にパソコンやスマホをなるべく見ないようにする。この《なるべく》というのもポイントです。

なぜかといえば、仕事でパソコン作業を夜遅くすることもあるので、ここは臨機応変に。

絶対見ないって決めてしまうのもストレスになるので、どうしても作業する時は、終わってからゆっくりと

湯船につかることを心がけています。

寝室のエアコンも適温に設定して、寝苦しい夜に頑張って扇風機だけで過ごすような

我慢大会的なことをするのはやめました。設定温度は27度か28度ですが快適に眠れていますよ。

暑いと感じる時は設定温度を下げるのではなく、風量をひとつ上げると良いそうです。


②バランスの良い食事(特にタンパク質をとる)

これは夏だけに限ったことではなく、バランスの良い食事をとることは常日頃意識したいですが

夏は特に暑くて食欲が落ちるので喉越しのよいものばかり食べたくなりますよね。

そうめんや冷やし中華食べたっていいんです、美味しいですもんね。

でもでもそれだけでなく、良質の動物性タンパク質を意識してとるようにしています。


③適度な運動

ジムに通わなくても、自宅で出来るストレッチや軽い運動を、少しとりいれるだけでも十分です。

私は長年フラを踊っていたので、教室を離れた今でもステップだけは踏むようにしています。

それだけでも汗をじんわりかいて、心もリセットできて良い感じです。

ウォーキングも良いですね。涼しい時間帯に20分でも歩くと自律神経系が整ってくると思います。


まだまだ書きたいことは沢山ありますが、今日はこのへんで。MAHALO





ハワイの伝統的なリラクゼーション、ロミロミで自律神経を整えませんか?


https://ticket.tsuku2.jp/events-detail/22009200101403




メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する