mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

ぼく・私って誰?!

こんにちは「作文110番」の森下です。

先週、メルマガ送信したつもりが出来ていなかったようで・・・、

先ほど先週分をお送りしたので2通続けてです(汗)


◆メルマガ登録者には
冊子「(元)採点者だけが知っている!!
『作文審査員・入試担当者はここを見る!』
入試に合格できる作文のコツ」をプレゼント中

※ご希望の方はメッセージかメールでお知らせください。
 PDFを送らせていただきます!
michikomorishita@kcf.biglobe.ne.jp

◆メルマガの感想やリクエストなど
 お気軽にご連絡くださいね!!
michikomorishita@kcf.biglobe.ne.jp


今日の読書感想文講座で次のように聞かれました。

「本文に『僕は~をした』と書いていありますが、

その『僕』と書き手である自分自身とを

どう区別して書いたらいいですか?」

と。




書き手本人を「僕」と表現したい場合、

作中に出てくる登場人物に関しては

登場人物の名前に変えるよう伝えました。

つまり「僕」と表現は書き手本人だけということです。




もちろん「僕(私)」が含まれるセリフそのものを利用する場合は

「これは○○のセリフです。」といったように明記すべきです。

それ以外はきちんと誰の行動なのか分かるように

名前で明記するようにと伝えました。




特に物語は、登場人物が多いため

感想文を読む立場にはきちんと名前を明記してもらわないと、

どこで登場人物が入れ替わったのかなどは全く分かりません。

読書感想文は感想文に書かれている本を

読んでいない人にも理解できるように!

これをしっかりと意識しましょう。

 

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する