mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

3回書くよりも3回〇〇〇した方がいい!

こんにちは「作文110番」の森下です。

◆メルマガ登録者には
冊子「(元)採点者だけが知っている!!
『作文審査員・入試担当者はここを見る!』
入試に合格できる作文のコツ」をプレゼント中

※ご希望の方はメッセージかメールでお知らせください。
 PDFを送らせていただきます!
michikomorishita@kcf.biglobe.ne.jp

◆メルマガの感想やリクエストなど
 お気軽にご連絡くださいね!!
michikomorishita@kcf.biglobe.ne.jp



「間違えた漢字を3回ノートに書くという塾の宿題がありますが3回書くべきでしょうか?」

という質問を受けました。
逆に私は保護者に聞きました。

「そのノートというのは塾の先生に提出してチェックされるのですか?

さらにはその間違えた漢字に関しては確認テストなどありますか?」

と。



すると宿題チェック及び確認テスト、両方ともないとの事でした。

それならば無理に3回書く必要はないと答えました。

もちろん本人が3回書きたいというなら話は別です。

しかし、本人は書きたくないとのことです。

しかもその生徒に関しては比較的、漢字は得意とのこと。

自分なりにきちんと覚え別の方法え覚えてるとのことでした。



そこで、

「同じ3回ならば、親御さんの方から口頭でいいので3回テストして下さい」

とお願いしました。

この保護者は子供の勉強の進捗情報・状況などをチェックして

丸付けなどをサポートしてくださってるタイプだったので

そのようにお伝えしました。



例えばリビングのテーブルの上にメモなどを置いておき、

食事の前後などに何気に子供

「そう言えば、○○という漢字ってどうやって書く?」

といった具合にテストするようお願いしました。



突然にテストされると思うと

人間はしっかりと記憶しなきゃという意識が働き、

必死で漢字を覚えます。

3回テストしてクリアできれば

ほぼ間違いなく記憶に定着したと言えるでしょう。

作業ではなく本当に身につく勉強を工夫してやっていく、

それが大切だですね。

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する