ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

ショップポイントについて・「レイキ」海外事情と日本事情

こんにちは~あすかです!今日は予約配信にしています。

メルマガ不要の方は、メールの下のほうの配信設定よりお手続きくださいね。お手数おかけいたします。

ポイントをわけあるシステムが5月より変更になりまして、私もようやく内容を把握してきています^^;

6.7.8月の1日に知らぬポイントがついた!と驚いた方もいるかもしれません。

以前は登録された方で紹介者のお買い物ポイントから分け合うシステムでしたが、今は「ファンクラブ」というのがあり、ひいきのお店を登録してポイントをわけあうシステムです。

初めて登録、お買い物された方は、最初にお買い物されたお店が自動で登録されています。

・取得条件は、その月にファンクラブ登録のショップでお買い物をしたこと。
・ショップからポイントをファンクラブのお客さまに振り分け自動でおつけします。
・翌月1日に自動でメールが届きます。

ちょっと嬉しいプレゼントみたいなものです!
ツクツク内には無農薬の農家さんや、オーガニックのカフェ等もありますので、私のお店を卒業されても、どうぞ多様にご使用ください☆ファンクラブ登録も毎月変更できます!


ちなみに私の今月のファンクラブは桃農家さんです(^_^)
大きくて甘くて柔らかくて美味しい!!
https://ec.tsuku2.jp/items/18580040022502-0001?t=3&Ino=000010909300


それでは本題、

厚生労働省ホームページに、レイキの記載がありました~参考までに情報をお伝えしますね。

https://www.ejim.ncgg.go.jp/public/overseas/c02/10.html
海外での情報からレイキを掲載しているようです。
抜粋してお話ししようと思いましたが、ちょっとやめました。
上記のURL内容はあたりさわりない感じです。面白くなかった(^_^;)

アメリカに住む友人から聞いたレイキの立ち位置など、今日はお話しできたらな~と思います。
レイキは海外では医療保険が使えますが、ドイツ、イギリスもかな?

海外のレイキのサイトを読むとかなり自由に使っているので面白いです。
でもね、日本と海外では医療の在り方も考え方も、代替え療法の立場も全く異なります。法律も。

アメリカの友人起世子Thompsonさんは私のヨガの先生
(ちなみにこちら!https://www.kouyuyuga.com/)
よく現地の方達と医療のお話しや、健康のことなどをお話ししたります。レイキも当たり前に知っている言葉だそうです。

興味深かったのは、
「アメリカでは風邪で医者にかかるとたやすく5000円とかとられる、手術をしてもその日に帰される」
「でも入院先でアロママッサージをすることもできるし、レイキヒーラーが来る」もちろん医療保険使えるよ!とのこと。
ただし・・・民間の医療保険なので、良い保険ならね!ってことだそうです。

手術後に管が入っていようが、点滴してようが、動けなかろうが、痛かろうが、そのあと入院するか、自宅で治療するかはお金次第。
手術を受けるか、それとも死を選択するかも、全て自己責任。

ハワイに住んでいた友人も、救急車はお金もちしか呼べない!と笑っていました。絶対に風邪ひくもんか!と!!

日本では、手厚い医療、食事がとれて動けるようになるまで入院させてくれますよね。高額な手術費用がかかっても、健康保険によっては数万以上になるとほとんど返ってきます。救急車も無料!
子供は医療費無料、風邪で医療にかかっても薬込みで3000円くらい。

当たり前にこの環境があると、健康に対する意識も、日頃の予防、代替療法への意識も異なるはずです。
とにかく日頃の気合いが違います。
リフレクソロジーもイギリスからですし、マッサージやレイキが盛んな国ほど、医療が高い傾向があるようです。

日本は病気になっても病院いける!と選択ができる。豊かで素晴らしい国です。それはとってもありがたいです。

でも・・・おっと、ちょっとこれ以上は発言できない(笑)いくらでも毒舌がでてしまいます。

日本は好きな国です。でも、お一人お一人が日頃の身体、心への意識も、もっともっと高めていけたらな~と思います。
ヨガ、レイキ、食事、マッサージ、などなど、日頃から自分で自分を気遣っていけるツールやリラックス、癒しがあるとよいですよね!

あ~書きたいことがたくさんあるのですが!これから夜のヨガクラスがあります(^ ^)
お付き合いいただき、ありがとうございます!!
良い一日をお過ごしください!

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する