蒜山高原328農園(ひるぜんこうげんみつばちのうえん)

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

【採蜜体験!いよいよ始まります!】再配信

蒜山高原328農園の遠藤です

改行のされていないメルマガが配信されてしまったので
再送です

秋になるとなぜか
子供の頃のことをよく思い出します
先日、思い出した事は
私、小学校1年生の夏休みをもって
宿題を卒業したことを思い出しました(笑)

はい!それからというもの
宿題を出した記憶がありません
「宿題を出しなさい!」と先生から叱られた記憶は
沢山あります(笑)

もちろん、小学校、中学校、高校
全部です

宿題をする意味が、分からなかったんですね
「学校で勉強すれば、宿題なんて必要ない」
そんな風に思っていました
目的が分かっていたら、ちゃんと宿題をしていたかもしれません

分かりませんが・・・・

だから、こんな大人になってしまったんでしょうね(笑)
国語の宿題をちゃんとしていたら
メルマガの内容も違ったかもしれません
なんて事を思ってみるのでした(笑)


ここからが本題です
いよいよ始まります
二ホンミツバチ採蜜体験
テレビでミツバチの巣を採って食べるシーンを見たことはないでしょうか?
美味しそうに見えた、あのシーンを実際に体験してみませんか?

ニホンミツバチの巣箱を切り取って、はちみつを絞る体験になります
また、巣蜜の試食や、搾りたての蜂蜜が食べ放題の激レアな体験です

【巣蜜とは】
ミツバチの巣のはちみつが貯蔵されている部分を切り取ったもの
巣ごと食べる事ができます

ニホンミツバチの採蜜は1つの巣箱に対して、1年に1回しか採ることができない貴重なものです。
ニホンミツバチの不思議に触れながら、本物の生はちみつを食べてみませんか?

選べるお土産も付いています

昨年と違うところは
日常のミツバチの世話も見学体験できるところです
なかなか見る事のできない
二ホンミツバチの世界を覗いてみませんか?

●昨年体験に参加された方のレビューをご紹介します●

☆M.S様 女性
初体験でした!

初めての採密、行くまでは少し緊張していましたが
ご家族がとてもあたたかく迎えてくださってすぐに緊張が解けました。
虫は得意ではないし、刺されたりしたら怖いな。。
と思っていましたが、お天気も良く、蜜蜂たちはお利口で
養蜂家さんの蜜蜂への愛も感じられ、安心して参加できました。
巣箱前にいる時間は思ったより短く
持ち帰ってから製品にしていく工程を教わりながらゆっくり試食をさせて頂きました。
花の香りが強く、濃厚な味わい!とっても美味しい蜂蜜をあれだけ食べられるなんて贅沢でした。
部分部分によって味が違うのは季節毎に蜂たちが持って帰ってくるお花の種類が違うからなど
蜂たちの働きぶりと、自然環境、生態系の偉大さと共に
日本蜜蜂を守りたいという養蜂家さんのポリシーに感服しました。
気になっていた蜜蝋オイルも購入できたので試すのが楽しみです!


☆K.M様 女性
初体験!

ニホンミツバチに触れる事も、巣箱を見る事も初めてでした!
どんな環境で生きて、育っているのか、
この目で、身体で体験させて頂けた事に
とても感動です!
羽音も可愛いくてキュンキュンしました🎵
巣箱を開けた瞬間、思わず歓声でした!笑
採れたての蜂蜜を、巣蜜を
贅沢にもたっぷり頂けたのは
このツアーだからこその喜びでした!

養蜂家さん達、親子の連携プレーも素晴らしく、
ニホンミツバチへの想い、蒜山への愛情も深く感じました!
地球や、自然とミツバチの繋がりや
人間とミツバチとの関わり方にまで
考えさせられるものがあり、感慨深かったです。
是非ともまた宜しくお願いします!


☆S.M様 女性
ニホンミツバチ採蜜ツアー

お天気も良く、ミツバチの機嫌も良かったので、とても有意義な時間を過ごすことができました。
もともと養蜂に興味があり、楽しみにしていました。
このツアーに参加して、改めてみつばちの生態の奥深さと、
自然の偉大さに触れることができたと思います。
初めて見た巣箱の中はミツバチの愛らしさからは想像もつかないほど神秘的でした。
せっせと集めた貴重な蜜を少しお裾分けしてもらって、
蜂蜜に合う食材でおもてなしをしていただき、ニホンミツバチのことも沢山教えていただき、
お腹いっぱい、胸いっぱいとなりました。
今までの蜂蜜の認識が大きく変わりました。ご家族で営まれていると聞き、
ニホンミツバチへの愛情もしっかり伝わりました。
5月には分蜂ツアーにもぜひ参加したいと思います。

今年の採蜜体験の日程ですが
9月10日(土)
https://ec.tsuku2.jp/items/02552116029271-0001
9月11日(日)
https://ec.tsuku2.jp/items/01050922420360-0001
9月12日(月)
https://ec.tsuku2.jp/items/10229304201450-0001
9月17日(土)
https://ec.tsuku2.jp/items/40232169002215-0001
9月18日(日)
https://ec.tsuku2.jp/items/11251102292207-0001
9月19日(月)
https://ec.tsuku2.jp/items/30751229212001-0001
以上、合計6日間です
詳しい内容は商品ページをご覧ください

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する