ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

【分蜂体験ツアー開催決定!!】

蒜山高原328農園の遠藤です

今回は、前振りなしの本題からお話しします!

お待たせしました!
いよいよ、分蜂体験ツアー決定しました!
急な日程で申し訳ありませんが
下記の内容で開催いたします

各日程、6名限定になっています

5月28日(土)
https://ec.tsuku2.jp/items/22221802101040-0001
5月29日(日)
https://ec.tsuku2.jp/items/37105220502132-0001

以下が内容になります

分蜂を見学できるかもしれない激レアなツアーです。
分蜂とは…ハチの群れが、1群れから2群れに分かれることを言います。

分蜂の時は嵐のようなものすごい羽音がして、一斉に移動するときにはまるで雲のようです。
この時期にしか見ることの出来ない貴重な体験です。
そんなハチたちの貴重なエンターテイメントをお楽しみ下さい。

【スケジュール】
・10時集合〜15時頃に終了予定。
・集合時に現金にて参加料金4,000円をお支払いいただきます。
※【店頭払い専用】となっておりますので、ご購入時の支払い方法の選択で「店頭払い」を選んで頂ますようよろしくお願いします。

【内容】
・ニホンミツバチ達の分蜂を間近で観察出来るかもしれないツアーです。
・ガイドによるニホンミツバチの生態についての解説も行います。
・昼食はお弁当、飲み物をご持参ください。
・お土産に百花蜜のハチミツ(20g)と蜜蝋オイルリップステックタイプをお持ち帰りいただけます。
・分蜂が見れなかった場合は日本ミツバチ百貨蜜【Jack~極蜜~】180gをお持ち帰り頂きます
こちらの商品です↓
https://ec.tsuku2.jp/items/12020221021560-0001



【分蜂とは】
ニホンミツバチの群れが、1群れから2群れに分かれることを言います。
春になると新しい女王蜂が生まれます。
すると、その母親の女王蜂は、働き蜂の約半数を連れて巣を飛び出し、新たな場所に巣を作ります。
母親が家を出て行くのです。

人間では出て行くとすれば娘ですが、ミツバチの世界では逆です。
これは、ニホンミツバチが子孫を残す上での合理的な習性と言えます。

自然界でニホンミツバチの群れが1年間生き延び、分蜂の時期を迎えるのはそう簡単なことではありません。
巣を作ったところが崩れることもあるでしょうし、熊に襲われたり、オオスズメバチに襲われたりという外敵の心配もあります。

冬を越して春を迎えることのできた群れは、外敵の侵入に強かったり、周りに十分な蜜源があるなど、何かしら有利な場所があります。
ニホンミツバチの世界では、より若く寿命が長い次の世代に、良い家を継がせるわけです。

【注意】
※虫が苦手な方はご遠慮下さい。
※ハチに刺されないように配慮しますが条件によっては刺される事がありますので自己責任でお願いします。

※必ず見れるという保証はありませんので、ご理解の上ご購入よろしくお願いします。
※雨天の場合、分蜂は行われませんので中止となります。


◆分蜂ツアー参加のお客様の声◆

☆ これまでハチ、と聞くと近づくと刺される
攻撃的で怖い虫のように感じていましたが
ニホンミツバチは、他の種類のハチと異なりとても穏やかな性格(当日が爽やかな天気だったためかもしれませんが)で
近くに寄っても刺されることはなくせっせと巣箱から花粉を集める姿や
巣の中のお掃除をする姿がとてもけなげで愛らしく感じ
見ていて飽きませんでした。

☆ 当日は運よく分蜂を見れましたが
分蜂自体はミツバチの機嫌次第なこともあり
見れるかどうか分からないハラハラドキドキ感がこのツアーの面白さのように感じました。

☆ 人生で初めて見た分蜂は巣箱から出て
羽音を立てながら上空を舞っていたミツバチが分蜂蜂球を作りながら
徐々に静まり、引越し先が決まった後に
一斉に飛び立つ様子の「静」と「動」が
大きな一つの生命の躍動のようで、心を動かされました。

☆ ミツバチが一生かかって採取する蜜は、ティースプーン1杯
というお話を聞き蜂蜜にはミツバチの一生が詰まっている
有難いものだと知ることができ
自然の恵みを今まで以上に有難くいただく気持ちになりました。

☆ 終始、遠藤さんがにこやかかつ愛情たっぷりに
ニホンミツバチについてお話しいただいたので
ミツバチが遠藤家の家族の一員のように感じ
328農園の蜂蜜の奥深さを知ることができました。
ありがとうございました。


是非!ご参加ください!!

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する