ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

『成幸の法則2022』11.4

水は器にしたがうものだ。
<太宰治>

今日は「水」についてのお話です。

水を飲むことで脳が活性化するということはご存知でしたか?

このことは、医学的に様々な研究が進んでいます。

認知症の患者さんが、しっかり水分を摂ることで、症状の進行を遅らせることが出来るという事実は、既に医学の常識です。

「ボケたくなければ水を飲もう!」です。

適切な水(質と量)が身体にないとどうなるか。

脳梗塞のリスクが高まります。

知識が頭に入りません。

物忘れが酷くなります。

集中することができません。

夜眠れません。

骨を作れません。

関節が痛みます。

皺になります。

無駄にお腹が空いてると脳が勘違いします。

太りやすくなります。

血液がドロドロになります。

解毒できません。

薬を飲んでる人は、特に水を多目に飲まないと、化学物質をデトックスできません。

と、まぁ、いいことがありません。

水は地球にとっても、私たち生物にとってもかけがえのないものなのです。

人生においての「水」は、こんな言葉に代表されます。

「清濁併せ呑む水の如し」

自分の正しさだけを主張していても、戦いになるだけです。

自分にとって、「清」も「濁」も、まさに併せ呑む度量と器が欲しいものです。

そして、水は穏やかな面と激しい面の両面があります。

青い空や白い雲を鏡のように映し出す穏やかな川面。

全てを破壊し尽くすような激流。

どちらも同じ水の流れです。

人生もまた平穏な時ばかりではありません。

どんな時でも平常心で目の前の出来事と向き愛える度量の大きさ、清濁併せ呑む水のような在り方を身につけましょう。

そのためには、様々な価値観を容認しながら、自分の信念を固めることです。

人生の奔流を創りましょう。

ーーーーーーーーー

※シェア元は私のメンター
成幸コンシェルジュ
 ”見る人を幸せにする” 人見幸男先生です 

ーーーーーーーーー

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する