ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

『成幸の法則2022』10.7

私たちは単純に、物事は「こうだ」、あるいは「こうあるべきだ」と思い込んでいるだけである。
そして、私たちの行動や態度、考え方そのものも、こうした思い込み=パラダイム(考え方、見方)から生じている。
<スティーブン・R・コヴィー>

成幸の大敵のひとつに「スキーマ(思い込み)」があります。

私たちは、見たいように見て、聞きたいように聞いて、感じたいように感じています。

そして、過去の体験から自分の「スキーマ」が出来上がります。

その「スキーマ」は思いのほか頑固で、融通が利きません。

成幸のためには、その「スキーマ」をゆるめる必要があるのです。

先日も書きましたが、同じ出来事に遭遇しても、そのとき湧いてくる感情は人それぞれ違います。

それはなぜかというと、頭の中で考えること(=思考)が人それぞれ違うからです。

例えば、
「ゴミ出しのときに、近所の人に挨拶をしたが、その人は挨拶に応えず、無言で立ち去ってしまった。」

といった出来事に遭遇したときに、

「私は嫌われているんじゃないだろうか?嫌われてやっていけるのだろうか?」と考えて不安になる人もいれば、「こっちから挨拶しているのに、
挨拶を返してこないなんて、失礼じゃないか」と考えて怒る人もいます。

「どうせ私は疎まれているのだ」
と考えて憂うつになる人もいます。

このように、考え(思考)が感情を生み出すのです。

そして、その考え(思考)は、「スキーマ(思い込み)」から生まれるのです。

「スキーマ」とは、「心の底で信じ込んでいること」なのです。

そしてその「スキーマ」が、一人一人の生き方を規定する根本に君臨してしまうのです。

例えば、
上記のゴミ出しの例ような出来事に遭遇したとき、
「私は嫌われているんじゃないだろうか?嫌われてやっていけるのだろうか?」と考える人は、心の底で、
「人に嫌われるべきではない」 とか
「みんなとうまくやらねばならい」 と信じ込んでいる可能性があるということです。

この信じ込み、思い込みが「スキーマ」なのです。

マイナスの感情が生まれた時に、この「スキーマ」を意識してください。

そして、自分の思考のクセと向き愛い、「スキーマ」をゆるめるアプローチをしてみるのです。

ーーーーーーーーー

※シェア元は私のメンター
成幸コンシェルジュ
 ”見る人を幸せにする” 人見幸男先生です 

ーーーーーー

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する