ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

『成幸の法則2022』3.21

生きることは暗闇を迷うこと。
だけどそれは、光がある場所へたどり着くための道。
<ドラマ「相棒」より>

笑顔は光、怒りは闇です。

あなたが笑っているとします。
 
そうすると、あなたの笑顔の影響を受けて、隣の人も笑いたくなります。

あなたが楽しそうに笑っていると、そばにいる人にも、その「楽しい」が共鳴共振し伝わっていくのです。
 
反対に不機嫌だと、隣の人もその不機嫌の波動が伝わります。

にこやかにしている人の波動と、不機嫌な人の波動では、どちらがより強い共鳴共振の力を持っていると思いますか?

光と闇の力は、50対50ではありません。

光が闇の中に入っていくと、100%光になります。
 
光が闇の中から出ていくと、闇になります。
 
光がいなくなったときだけ、闇は闇を主張できるのです。
 
闇という独立した存在は無いということです。

光が無いときを、闇と呼びます。

光があるとき闇は消え完全に光となるのです。

そうです。

光と闇は圧倒的に光の方が強いということ。

笑顔は光、怒りは闇です。

怒りは笑顔で消すことができます。

ですから、大事なことは、自らが明るく光ってまわりを照らすこと。
 
相手の闇を指摘しただけでは、闇は光にはなりません。

自らがピカピカと輝くことで、相手の闇を消してしまうのです。

明るく生きましょう。

どんなに暗い闇が広がっていても、朝日が昇れば、その闇は一瞬にして光に変わってしまうのと同じです。

闇と光は共存しません。

人生を光で包みましょう。

「不安」や「心配」があって、心の中に闇が広がっていたとしたら...

それは、心の中に光を届けることが必要だということ。

そんな時のお呪い(おまじない)

「天之御中主(アメノミナカヌシ)様、お助け頂きましてありがとうございます」

このお呪いを、何度も何度も唱える事で、心の中に「光」が広がっていくと言われています。

闇に支配されない人生の選択です。

私たちは光の子なのですから。

ーーーーーーーーー

※シェア元は私のメンター
成幸コンシェルジュ
 ”見る人を幸せにする” 人見幸男先生です 

ーーーーーーーー

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する