ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

『成幸の法則2022』9.14

馬に乗るまでは牛に乗れ
<中国の諺>

この諺は、「馬は牛より速く走るので馬に乗りたいでしょうが、いきなり乗馬するのは難しいので、まず牛に乗って乗り方を練習するといい」という意味です。

これは、ビジネスにおいても大切な意味合いです。

「いきなり大きな仕事をしようとするのではなく、まずは小さな仕事をこなして確かな実力をつけよ」ということと、解釈できます。

また、
「理想的な仕事を見つけるまで、何もしないよりも、今できる仕事を見つけて前に進んだ方がいい」という意味でも使われる諺です。

等身大の自分で、一歩一歩、確実に
歩みを進めていきたいものです。

しかし、焦ったり、見栄を張ったり、欲張ったりと、私たちは愚かな面も持っています。

先ずは「慣らし運転」です。

少し慣れてくると、油断が大敵です。

わかったつもりで、見切り発車をしたり、アクセルを吹かしすぎてスピード違反をしたり、マイペースという名の「独りよがり」では、物事は成就しません。

チョットずつ、チョットずつ。

一歩ずつ、一歩ずつ。

習熟すると、その一歩の歩幅が大きくなります。

無意識で幸動できるようになります(習慣化)。

牛に乗っている間に、基本の「型」ができた証です。

新たなチャレンジ目標を設定するのはそんな時期。

いよいよ馬に跨(またが)り、大草原を疾駆できるのです。

ペースが変わり、今までの景色との違いにワクワクすることでしょう。

もっと遠くまで駆けていきたいと、いい意味での欲も膨らむことでしょう。

共に疾駆する仲間を欲するのはこんな時期です。

みんなで大草原を駆け回る、その爽快感。

人生は志を共にする仲間がいてこそ、その醍醐味を味わえるのです。

いくらお金があろうと、強い志で結ばれた仲間と共にする人生には勝てません。

志さえしっかりしていれば、稼ぐことはいくらでもできます。

今朝で、2222回を重ねたこの成幸の法則も、一日一日の積み重ねで、今、その重みや価値が、多くの人に伝わり始めています。

ーーーーーーーーー

※シェア元は私のメンター
成幸コンシェルジュ
 ”見る人を幸せにする” 人見幸男先生です 

ーーーーーーーー

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する