ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

『成幸の法則2022』9.10

わずかなもので満足できぬ者は、何ものにも満足できぬ。
<エピクロス>

真の「成幸」には、必ずその後ろに存在するものがあります。
 
その一つが「愛」です。
 
もう一つが、「与えること」と「受け取ること」の広がりです。

世の中で言う「成功」は、概ね外側からの評価や、外的要因で計られる尺度です。

具体的には、下に記すようなことが満たされると、
「私は、こんな小さな幸せで十分」と、自分を満足させようとする人が現れます。

「食べたかったものを食べられた」
 
「行きたかった場所に行けた」
 
「欲しかったものが手に入った」

これはこれで、望みが叶って嬉しいことではあります。

しかし、外的要因が「満足の根本」では、

例えば、免許取り立ての若いサラリーマンが....

とにかく車が欲しかった。
↓↓↓

ローンで中古車だけど念願の車を手に入れた。
↓↓↓

2台目は、ついに新車を買った。
↓↓↓

3年乗ったら、今より高級な車が欲しくなった。
↓↓↓

ローンは厳しくなったが、ついに高級外車を買った。
↓↓↓

最初の中古車の購入から15年。ついに複数の車を所有できるようになった。

外的な要因での満足は際限がありません。

「より高級に」「より多く」「より希少に」といった方向に向かわずして、幸せを感じられなくなります。

しかし、「真の成幸」は、内的な要因で生まれるものなのです。

一言で言うなら「生命との関わり」です。

仲間と共に汗を書くことで得られる信頼感。

家族の愛。

パートナーとの一体感。

自然と共生する充足感。

感謝から生まれる地球への貢献。

内側から出ずる幸福感は、基本的に「生命との関わり」によって生まれます。

そして、その幸福感の後ろには必ず「愛」と「与えること」と「受け取ること」の広がりがあるのです。

人生が安定し、意欲が増し、更なるチャレンジへと氣持ちが高揚します。

焦らずに、ゆっくり、やさしく、内側に幸福感を育てていきましょう。

ーーーーーーーーー

※シェア元は私のメンター
成幸コンシェルジュ
 ”見る人を幸せにする” 人見幸男先生です 

ーーーーーーーー

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する