ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

『成幸の法則2022』8.17

自分を偽りながら無理に続けていると、性格は曲がり顔がひきつり、しまいには病気になってしまう。
<高橋歩>

「ペルソナペインティング」という言葉はきいたことがありますか?

ほとんどの人は耳にしたことがないと思います。

「ペルソナ」とはラテン語で「仮面」という意味です。

ユング心理学で有名なユングが、ペルソナを「人格」と表現し、現在までそれが続きます。

ユングによれば、「私たちが他人にみせているペルソナ(人格)は、様々な状況や役割に応じたペルソナであり、それぞれの場面に応じてペルソナを使い分けている」そうです。

例えば私について考えてみると、父親として家族の中での自分と、志事のお仲間の中での自分は、幸動や言動か少し違うということです。

さて、本日のお題の「ペルソナペインティング」についてです。

これは、ストレスを避ける自己コントロール法の1つでもあります。

例えば、
上司からの信頼がまだ厚くなく、雑用ばかりを頼まれる事に、「自分はこんな事のためにこの会社に入ったのでは無い」と、ストレスを溜めてしまう人。

自分がプラチナカードのコンシェルジュだと思って、お客様の要望(上司の要望)に喜んで応えるというふうに「ペルソナペインティング」してしまうのです。

ペインティング、即ち意図的に人格を塗り替えてしまうということ。

不要なストレス回避になる対応です。

一方で、無意識に「ペルソナペインティング」してしまっている場合もあります。

例えば、ワンマンな上司に忖度して、自分の意見も言わず、表面だけを合わせていく様な対応です。

この場合は、自分のペルソナ(人格)を無意識に歪めているので、いずれ爆発的な「何か」が引き起こされる可能性が高まります。

地下のプレートが年に数センチずつ動いて、いずれ大地震を引き起こすように。

人間関係を見直してみましょう。

意識レベルが合致していないと、不要な感情のズレが生じ、ストレスになります。

すぐに整理できない関係なら、敢えて意図的に「ペルソナペインティング」して、前向きな時間を過ごすことが、明るい未来を築く上で大切な生き方なのです。

ーーーーーーーーー

※シェア元は私のメンター
成幸コンシェルジュ
 ”見る人を幸せにする” 人見幸男先生です 

ーーーーーーーー

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する