ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

『成幸の法則2022』8.16

大人になるにつれて、人は根拠のない自信を失う。それで、何かをしないことの言い訳ばかりうまくなる。
<茂木健一郎>

目の前に起こること全ては、「自分が源」です。

良い出来事だけ受け入れて、悪いことは何かのせいにしているようでは、魂の成長は覚束無いでしょう。

子どもは放っておくといつの間にか
言いわけを覚えます。

言いわけをさせない環境が必要なのではなく、言いわけが潔くないことを幼い魂に刻むことが大切なのです。

何歳になっても遅くはありません。

言いわけをしない生き方を選択したいと思います。

「忙しすぎて時間がとれない」
まさに、心を亡くす言い訳です。
※「忙しい」という漢字の、「りっしんべん」は「心」を表します。

「始めるには年齢的に遅すぎる」
何歳になってもチャレンジする人は輝いています。何ごとも遅すぎるということはありません。

「自分なりのやり方でやります」
しっかり先達に学ぶことの重要性は、多くの成幸者の生き様から読み取れます。

「私なりに精一杯やりました」
そう結論づける結果は「満足」していないことが明白。検証を加え更なるチャレンジをするという選択が未来の成幸を引き寄せます。

「不景気だから仕方がない」
外側に上手くいかない原因を求めるのではなく、同じ環境の中でも上手くいく方法を考え実践することが、成幸人生。

言い訳とは、「防御された嘘」です。

それは、自分の奥底に深い傷をつけます。

間違った時、失敗した時、達成できなかった時、その事実をまずは素直に認め、次のチャレンジで上手くいくよう工夫をする姿勢こそが、「成幸体質」を強固にします。

心理学では、言い訳を「セルフ・ハンディキャッピング」と言います。

言い訳をすることは、自らに課す「ハンディキャップ=負担」ということです。

それは、重りをつけながら成幸に向かって走るようなもの。

軽やかなステップで人生を走り抜けたいものです。

ーーーーーーーーー

※シェア元は私のメンター
成幸コンシェルジュ
 ”見る人を幸せにする” 人見幸男先生です 

ーーーーーーーー

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する