ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

『成幸の法則2022』8.8

勝てる、と思えば勝てる。勝利には信念が必要なのだ。
<ウィリアム・ヘイズリット>

鹿児島の「知覧特攻平和会館」の話は、以前にも触れたことがあります。

若くして命を国のために捧げた特攻隊員の手紙に、涙した人も多いことでしょう。

そこに記された最期の手紙は、そのほとんどが「母親」に宛てたものでした。

母の力がいかに偉大かを示すことに、これ以上の事実はありません。

しかし、父親がなすべきことも、しっかりあるはずだと思います。

育メンという言葉が定着した現代。

父親が育児に関わることは、とても意味のあることだと思います。

そして、母親にしかできないことがあるように、父親が父親にしかできないことがあることを自覚することも、大切だと思います。

では、それは一体どんなことでしょうか。

例えば、幼い頃から父親がやるべきことは「語ること」ではないでしょうか。

その習慣が家庭の中にあれば、思春期に子どもがぶれることもあまりないのではと思います。

背中を見せることも大切ですが、折をみて子どもに「信念」を語ること。

重要だと思います。

それは、「責任」と言い替えてもいい、父親の役割です。

そのためにも、自分の「信念」を育てることが大切です。

「信念」と言っても大袈裟に捉える必要はありません。

自分が常に意識している「軸」とでも言うものをしっかり語ること。

言い換えるなら、常に意識しているものが有るや否や、ということが問われるということです。

今日は敢えて、母親と父親の責任という観点で書いていますが、ビジネスにおいても、自分の責任を意識することはとても大切です。

一人一人が責任を自覚してこそ、そのチームや組織は前に進む推進力を得ます。

まさにチームとしての機能を発揮できる環境は、自分の責任を自覚した人の数でそのパワーが決まります。

家族を始めとした、自分自身が属しているコミュニティの中での「責任」を果たすという「信念」を育てたいものです。

ーーーーーーーーー

※シェア元は私のメンター
成幸コンシェルジュ
 ”見る人を幸せにする” 人見幸男先生です 

ーーーーーーーー

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する