ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

『成幸の法則2022』7.20

百の頂に百の喜びあり。
<深田久弥>

東京の高尾山は登ったことはありますか?

標高599mのハイキングには手頃な、人氣のある山です。

ある時山頂でこんな会話が耳に届きました。

「ケーブルカーがあるのに、歩いて登るなんて信じられない」と。

人は何と自己中心的なんだと、思ったものです。

歩いてゆったりと自然を愛でながら山頂を目指す人が、あたかも「悪」の如く表現する横暴さ。

山の山頂を目指す。

それは、何のためか。

足の自由がいまいち効かないけど、山頂からの富士の絶景をひと目見たい人は、ケーブルカーがありがたいことでしょう。

その時の私は先程も書きましたが、紅葉シーズンの只中、ゆったりと自然を愛でながら山頂を目ざしていました。

ですから、山頂に立つ喜びは、ケーブルカーを使って登ることの比ではありません。

人生もまま同じようなことがあります。

そこに、辿り着くまでの苦労の量に、 
比例して,喜びが大きいという体験です。

人生を登山になぞらえるなら、自分の決めた目標(山頂)に足を進めるだけ。

それを、苦しいですとか、辛いなどと言う登山家はいません。

自分で決めて進んでいるからです。

そして、必ず、そこ(山頂)に辿り着いて大きな喜びを味わうのです。

一度でも本氣で目標に臨めば、目標(山頂)への道が厳しいほど、喜びも大きいことを体験済み。

ですから、その悦びが励みになって、1歩1歩を踏みしめながら歩み続けることが出来るのです。

自分は、目指す山頂へ必ず行き着くと、自分を信じていることが、前に進む原動力です。

楽しいチャレンジです。

自分が選んだことですから。

もし、上手くいかないのなら、選んだルートの問題か、装備の問題か。

そんなことまで楽しめる人生は、「目標」と言う山頂までのチャレンジがあればこそです。

高尾山が余裕で登れるようになったら、一回り大きな山の頂を目指してみるといいでしょう。

一段と大きなご褒美が待っていますから。

ーーーーーーーーー

※シェア元は私のメンター
成幸コンシェルジュ
 ”見る人を幸せにする” 人見幸男先生です 

ーーーーーーーー

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する