ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

『成幸の法則2022』6.26

睡眠は最高の瞑想だ。
<ダライ・ラマ14世>

この混沌とした時代を生き抜いていくために、何か心がけていることはありますか?

この時代を生き抜くために必要な力、自分の世界を創っていくために必要な力、それは「強さ」です。

誰の言いなりにもならない、長いものに決して巻かれない、それくらいの強さが必要です。

その強さは「身体の健康」とも密接に関係しています。

例えば睡眠。

昨今は、睡眠の質をしっかり管理するためのアプリやスマートウォッチを始め、枕やマットレスなどの寝具においても、睡眠に関する関心は高まっています。

早寝早起きはしていますか?

夕食が遅い人なら、食事の「分割」で睡眠不足も解消できることをご存知ですか?

マットレスや枕などの睡眠環境を変える手もありますが、お金のかからない生活習慣の見直しから始めてみてください。

起床直後、カーテンを開けて、日の光を浴びていますか?

24時間より長めにセットされている体内時計をリセットすることは、一日のスタートとして欠かせない習慣です。

一日の食事や入浴、起床就寝の時間もある程度決めて一定にしておくと良い睡眠に結びつきます。

食事で氣になるのは夕食の取り方です。

私は今、とあるコーチのもとボディメイクに取り組んでいますが、そのコーチからも食事の指導はしっかり受けています。

夕食が遅い時間になると、内臓の消化活動が終わらず安眠の妨げになります。

消化に時間のかかるのは、脂、たんぱく質、炭水化物の順。

ですから、残業の時などは、炭水化物はなるべく早い時間に食べるようにし、帰ってからタンパク質を中心としたおかずを食べるといった「分割」食がお勧めです。

人生の3分の1ほとが睡眠の時間です。

梅雨時の今、質の高い睡眠を心がけ、昼間の活動のパフォーマンスを高めることは成幸に欠かせない心掛けです。

恋人同士ならいざ知らず、夜長電話をすることも避け、しっかりと深い睡眠を習慣にしたいものです。

成幸コンシェルジュ
ひとみ幸お Vol.2159

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する