ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

【江戸の誘惑】恭頌新禧 2022

【江戸の誘惑】第一四七号 2022.01.01
辛丑 十一月二十九日 暁月

二十四節気:冬至(とうじ)

七十二候:
末候:雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる)
雪が降り積もる地域が多くなる時期で、その雪の下で
春に向け麦の芽が生じている様子を表します。
______

恭頌新禧

新しい年を言祝ぎ(ことほぎ)お慶びを申し上げます。
今年も変わらぬご愛顧のほど、謹んでお願い致します。

全国的に寒い元日ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
岡山はすっきり晴れた元旦を迎えました。

私の元日はここ十何年と変わらぬ一日。
元日は岡山の実家で両親と共にお節を雑煮をいただき
氏神様に詣で、墓参りをし、一年の計を立てる。
そんな一日です。
______

芸者という仕事に就いたときに、
80歳まで現役の芸者でいるという目標を立てました。

やりたいことはすべて挑戦した。
夢は全部叶えた。
あとは芸者を続けられるように体調や人間関係に注力して、と。

でも芸者を続けているうちに、それに付随した
こんな業務やあんな業務をやってくれる人が欲しいな。
と思うようになり。
そして、周囲から、こんなことやってくれない?
と要望が聞こえてくるようになって。

気がつけばまだやるべきことがたくさんできていました。

そんな時にやってきたwithコロナ。

芸者としての仕事の方向性を考える時間が
強制的にもたされたようなコロナ禍下の二年です。

それまで、芸者はお稽古をして芸を磨きながら
料亭に声をかけてもらうまで待っているもの。
とにかく目立っても出しゃばってもいけない。
という先輩芸者衆の薫陶に従って大人しくしていました。

大人しくなんてしていなかったくせに(笑)
という声が聞こえてきそうですけどね。

自分の能力を諸々棚卸しをしまして。
自分の中では紆余曲折あったのですが。
やっと。
自分ができることと、自分にしかできないことに分けました。

業務内容は増えたのですが、
焦点は絞り込めたように思います。

______

一年の計は元旦にあり。

ですが、年間計画を朝のいっときで立てられるわけもなく
昨年の暮れから練っていました。

長くなってしまったので塩見文枝の「一年の計」は
明日お届けしたいと思います。

今年も一年、どうぞ宜しくお付き合いください。

______

新年のイベントは6日から。
穏の座も6日から営業いたします。

【穏の座 新年のお座敷】

■2022年1月6日18:00から22:00くらい
■2022年1月7日18:00から22:00くらい
■穏の座
 新宿区荒木町3番地フォレストビル2階
 080-7884-2597
■19,800円(税込)
 座敷料、芸者の料金、お飲み物

穏の座主催の「新年のお座敷」は18:00から22:00くらいまで。
芸者衆は他のお座敷を終えて回ってきてくれます。
早く始まり早く終わる座敷もあれば、遅い座敷もある。
ですので、何人の芸者が何時来るかは時の運。
といっても穏の座に1時間以上滞在していただければ、
必ずお座付き(お正月の特別の余興)をご覧いただけます。

お座付きはお客様がお集まりになったところで踊ります。
皆様のご来店の状況によりますので、その点ご了承ください。
何度でもお座付を踊りますのでお楽しみに。

ツクツクで事前に購入いただく方だけに特別料金でのチケットをご用意いたしました。
座敷料、芸者の料金、お飲み物。全て入って19,800円(税込)。
軽いお食事もご用意しております。

ツクツクのチケットなしで当日参加の方は、
穏の座の通常料金に正月料金10,000円をプラスした料金です。

チケットはこちらから
https://ticket.tsuku2.jp/eventsDetail.php?ecd=33114221021200

※ツクツクのポイントが貯まります。
______

塩見文枝のオフィシャルページ
(イベントのご案内はこちらが一番早くて網羅しています)
https://shiomi-fumie.com/official

______

塩見文枝が実践している仕事関連のヒントを
Facebookグループで発信しています。
オンラインやリアル、内容はいろいろです。

Facebookグループ
「好きなことをビジネスにしよう」
https://www.facebook.com/groups/shiomi.info
にアクセスしてください。

======

このメールにそのまま返信することはできません。
ご連絡はこちらのアドレスにお送りください。
edo-yuwaku@shiomi.info

メルマガ購読をやめたいときは、残念ですがこちらから
https://home.tsuku2.jp/mypage/
ツクツク‼︎にログインし、マイページ→メルマガ購読管理へ
______

メルマガの話の種はいろいろなところから。

芸者「ふみ香」として所属している花柳界のこと。
「薛風」という名前を頂戴している煎茶道のこと。
ひいては文人趣味の世界のこと。
私のお店「穏の座」のこと。
毎日着ている着物のこと。
伝統工芸品。伝統芸能。お稽古ごとの話題。
穏の座サロンコンサートや江戸を楽しむイベントのご案内。
美術館、博物館、ギャラリーなどの催しのご案内。
そして、季節を感じる江戸の歳時記。

「日本を知る、江戸に遊ぶ」をテーマにつらつらとお話ししたいと思っております。

そうそう、以前書いていたブログ「美しく年齢を重ねるための習慣」も
たいして書いてはいないのですが今だに読んでくださっている方がいらっしゃるので、
ここに書いていたようなことも話題にしてみようと思っています。
______

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
多くの方に支えられて過ごす、この一日に感謝して本日の「江戸の誘惑」をお届けします。

塩見文枝
一春本ふみ香
______


【穏の座】
〒160-0007 東京都新宿区荒木町3番地 フォレストビル2階
電話 080-7884-2597
onnnoza.com
https://tsuku2.jp/onnoza
edo-yuwaku@shiomi.info

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する