ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

【江戸の誘惑】良い年をお迎えください

【江戸の誘惑】第一四六号 2021.12.31
辛丑 十一月二十八日 有明月

二十四節気:冬至(とうじ)

七十二候:
末候:雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる)
雪が降り積もる地域が多くなる時期で、その雪の下で春に向け麦の芽が生じている様子を表します。
______

押し迫って大晦(おおつごもり)です。

例年通り、岡山の実家で両親と穏やかに過ごしています。
大晦には一日中、お節作り。
以前のように大量には作らなくなって、
3人で二日間で食べ切れるくらいの量に。
内容はもう何十年も同じものを作り続けています。

定番。
安定の。
いつもの。
馴染みの。

若い時は常に新しいものを追いかけていたように思いますが、
歳を重ねると「馴染む」というのも良いものだと
思えるようになりました。

そして、同じことの繰り返しなのに常に新しい発見がある。

日本文化は本来、馴染みの文化。
初回、裏を返す、三度目には馴染み。
馴染みになってやっと相方として認められるもの。

私も芸者になってから11年。
和文化イベントに携わるようになったのは1993年。
最初は屋形船たっだように思います。
けっこう長いこと飽きずに続けているものですね。

これからもきっと同じような催しを続けていくのだと思います。
同じ場所、同じ内容、同じ参加者。
でも少しづつ違う、それも楽しい。

来年も継続と挑戦をお届けします。
お付き合い、どうぞよろしくお願いいたします。

みなさま、良い年をお迎えください。

______

新年のイベントは6日から。
穏の座も6日から営業いたします。

【穏の座 新年のお座敷】

■2022年1月6日18:00から22:00くらい
■2022年1月7日18:00から22:00くらい
■穏の座
 新宿区荒木町3番地フォレストビル2階
 080-7884-2597
■19,800円(税込)
 座敷料、芸者の料金、お飲み物

穏の座主催の「新年のお座敷」は18:00から22:00くらいまで。
芸者衆は他のお座敷を終えて回ってきてくれます。
早く始まり早く終わる座敷もあれば、遅い座敷もある。
ですので、何人の芸者が何時来るかは時の運。
といっても穏の座に1時間以上滞在していただければ、必ずお座付き(お正月の特別の余興)をご覧いただけます。

お座付きはお客様がお集まりになったところで踊ります。
皆様のご来店の状況によりますので、その点ご了承ください。
何度でもお座付を踊りますのでお楽しみに。

ツクツクで事前に購入いただく方だけに特別料金でのチケットをご用意いたしました。
座敷料、芸者の料金、お飲み物。全て入って19,800円(税込)。
軽いお食事もご用意しております。

ツクツクのチケットなしで当日参加の方は、穏の座の通常料金に正月料金10,000円をプラスした料金です。

チケットはこちらから
https://ticket.tsuku2.jp/eventsDetail.php?ecd=33114221021200

※ツクツクのポイントが貯まります。
______

塩見文枝のオフィシャルページ
(イベントのご案内はこちらが一番早くて網羅しています)
https://shiomi-fumie.com/official

______

塩見文枝が実践している仕事関連のヒントを
Facebookグループで発信しています。
オンラインやリアル、内容はいろいろです。

Facebookグループ
「好きなことをビジネスにしよう」
https://www.facebook.com/groups/shiomi.info
にアクセスしてください。

======

このメールにそのまま返信することはできません。
ご連絡はこちらのアドレスにお送りください。
edo-yuwaku@shiomi.info

メルマガ購読をやめたいときは残念ですがこちらから
https://home.tsuku2.jp/mypage/
ツクツク‼︎にログインし、マイページ→メルマガ購読管理へ
______

メルマガの話の種はいろいろなところから。

芸者「ふみ香」として所属している花柳界のこと。
「薛風」という名前を頂戴している煎茶道のこと。
ひいては文人趣味の世界のこと。
私のお店「穏の座」のこと。
毎日着ている着物のこと。
伝統工芸品。伝統芸能。お稽古ごとの話題。
穏の座サロンコンサートや江戸を楽しむイベントのご案内。
美術館、博物館、ギャラリーなどの催しのご案内。
そして、季節を感じる江戸の歳時記。

「日本を知る、江戸に遊ぶ」をテーマにつらつらとお話ししたいと思っております。

そうそう、以前書いていたブログ「美しく年齢を重ねるための習慣」も
たいして書いてはいないのですが今だに読んでくださっている方がいらっしゃるので、
ここに書いていたようなことも話題にしてみようと思っています。
______

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
多くの方に支えられて過ごす、この一日に感謝して本日の「江戸の誘惑」をお届けします。

塩見文枝
一春本ふみ香
______


【穏の座】
〒160-0007 東京都新宿区荒木町3番地 フォレストビル2階
電話 080-7884-2597
onnnoza.com
https://tsuku2.jp/onnoza
edo-yuwaku@shiomi.info

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する