ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

🧓高齢者の色の見え🧓

埼玉県坂戸市
💗講師歴💗25年目
カラーMステーション
カラーコンサルタント
満月まい(みつづきまい)です
高齢者はどのように色が見えているでしょうか?
母が今月80歳になり
そろそろ冬の靴下や靴を買おうかなと思い
色々とみていました

高齢者と若者では色の見え方が違うのです
高齢者の場合
通常、若者が見えている色の上に黄色~褐色のフィルターを被せた色に見えています

では高齢者はなぜ色覚が変化するのでしょうか?
年齢を重ねると水晶体(目のレンズ)は老化するだけでなく紫外線により濁り始めるのです
水晶体の老化は40代から進み「透明」➡「黄色」➡「褐色」へと徐々に変化をしていきます

80代になると水晶体は「茶色」になります
茶色のレンズのサングラスを通して色を見ているように見えるのです

黄色に着色された水晶体は「短波長」の光の透過率を減少させます
短波長の青色の光が目に到達しにくくなり、色の識別能力が落ちてしまうのです
高齢者には紺や黒の区別はし難くなるので
わかりやすい色を使うように配慮していきたいですね

※ちなみに水晶体が黄色に変化することは「白内障」でもあるため
手術をすることで改善することも可能です


母の靴下は小豆色やベージュにしています
紺や黒は左右色が違ったりするからです

今日4足買ってきました
靴はその靴下を履いてサイズを確認してからにします

また明日

1日1色で人生をデザインする満月まいのカラーワールド
「色の保健室」 (20分で読めるシリーズ)
amazon紙版
色の保健室🎨
https://www.amazon.co.jp/dp/B08F6Y55J1/ref=cm_sw_r_cp_api_i_6mqsFb6HSQ17Q

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する