ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

七夕のお話

【色のお話】七夕の色
カラーMステーション
カラーコンサルタント
満月まい(みつづきまい)です

新暦の現在では
7月7日は日本の多くが梅雨のさなかで平均すると
晴れる確率は3割ぐらいです
しかし、今年は梅雨明けしたので晴れる確率が高いかなと思ったらお天気は微妙でした

昔々あるところに
天帝(神様)の娘の織女(しょくじょ)と
牽牛(けんぎゅう)という若者がいました

織女は機織りの仕事を
牽牛は牛飼いの仕事をしていて
どちらも働き者でした

そんな2人は初めて出会うなり一目で恋に落ち
やがて結婚しました
しかし結婚した途端、今まで働き者だった2人は遊びほうけて、きちんと仕事をしなくなってしまいました

それを見た天帝は怒り
2人をそれぞれ天の川の両側に引き離したのです

織女と牽牛はとても悲しみ、泣き続けました

そこで天帝は「きちんと働けば、一年に一度「七夕の日」だけ会っても良い」と約束してくれました

それを聞いた2人は
心を入れ替えて一生懸命働くようになったのです

今年は天の川を見ることができるかな

【七夕飾り】
冬でも枯れずに緑を保ち真っ直ぐ育つ竹には「生命の源」という縁起の良い印象があるため、七夕行事で使われるのではないかといわれています。
 笹には抗菌効果があるため、気温が高い時期の防腐剤として適していたことも理由の一つです。昔はお供物を笹の上に乗せ、願い事や穢れと一緒に川へ流す習慣もありました。

【短冊】
 短冊に願い事を書いて笹に吊るすようになったのは江戸時代からです。この頃から寺子屋で学んだり、手習いをしたりする子供が増えたので、お星様にその上達を願うようになったのが始まりだと考えられます。
 このような歴史があるので、短冊に書く願い事は「〇〇が欲しい」といった即物的なものより「〇〇が上手くできるようになりたい」といった技能などの上達を願う方が良いとされています。

✨✨ここで色のお話です✨✨

短冊の色はどうして5色なの?

短冊の色には
青(緑)・赤・黄・白・黒(紫)の5色がよく使われます

これは古代中国の自然哲学である「五行」や、儒教の思想である「五徳(五常)」になぞらえているようです。ただし黒色は縁起が悪いとされ、ほとんどの場合は紫色で代用されます

「五行」とは、自然界にある「木・火・土・金・水」のことをいいます
これらにはそれぞれ対応する色が当てられ、色は同時に方角も示しており、全方角を魔から守るという意味があります。

 ・青(緑)=木:東の方角
 ・赤=火:南の方角
 ・黄色=土:中央の方角
 ・白=金:西の方角
 ・黒(紫)=水:北の方角

「五徳(五常)」とは
儒教が説く5つの徳「仁・礼・信・義・智」のことを指します。特に「信」は他人との信頼関係を意味しており、これがないと他の4つは成り立たないことから最も大切なことだとされています

短冊の色選びに迷ったら、自分に必要な徳に対応する色を選んでみてください。

 ・青(緑)=仁:徳を積む、人間力を高める
 ・赤=礼:先祖や父母・師匠などへの恩
 ・黄色=信:縁ある人々からの信頼
 ・白=義:自らを律し、義務や決まりを守る
 ・黒(紫)=智:思いやりの心から生まれる知恵


短冊と同じように、七夕飾りにもそれぞれ願いが込められています。

1.吹き流し
織姫の入り糸を表しており、機織りや裁縫の上達を願って飾られます。かつての宮中儀式で、5色の糸を長い針に通してお供えしていたものをイメージした形になっています。短冊と同じ5色を使うことで、魔除けの意味もあります。

2.綱飾り
魚を獲る網を表現しており、豊年豊作・大漁の願いが込められています。

3.折り鶴(千羽鶴)
長寿のシンボルである鶴を飾ることで、長寿を願っています。

4.神衣
紙の人形(着物)を飾ると裁縫が上達し、着る物に困らなくなると考えられています。また「人形に災いを肩代わりしてもらう」という意味もあるようです。

5.財布(巾着)
金運上昇を願っています。紙で作った財布や本物の財布を吊るすこともあります。

6.くずかご
「ものを粗末にしない」という意味で、七夕飾りを作るときに出た紙くずを、折り紙で作ったカゴの中に入れて笹に吊るします。
笹には魔を払う力があると考えられているため、家の入り口や軒下に飾るのが一般的です。

七夕は「7月7日夜の行事」なので、七夕飾りは翌日に片付けるのが良いとされています。
かつては笹を飾りごと川に流していましたが、現代では環境汚染防止を考えて、きちんとゴミとして処分しましょう。

【おまけ】

七夕に食べる料理

⚫︎索餅(さくべい)
伝統的なものの一つが「索餅(さくべい)」。小麦粉や餅粉をひねって揚げたお菓子で、唐の時代に日本に伝わりました。今でも奈良県では「麦縄」と呼ばれ、親しまれています。


⚫︎そうめん
索餅が、だんだんと進化していったものがそうめん。例えば宮城県仙台市では今も、400年の伝統を持つ「仙台七夕祭り」が行われていて、そうめんが定番の食べ物です。
そうめんには色つきのものもあるので、五色の短冊にちなんで「五色そうめん」にすると、七夕らしさが演出できますね。


⚫︎かりんとう
索餅にもっとも近いお菓子が、かりんとうです。
かりんとうは唐菓子(とうがし・からくだもの)が原型とも、スペインの南蛮菓子がルーツともいわれています。

今日は七夕
あなたの願い事が叶いますように♬

★★★★★★★★★★★★★★
毎日色のブログを配信しています
https://ameblo.jp/colormstation-iro

★★★★★★★★★★★★★★

ラジオ川越
『満月まいの彩りモーニング』
コーナー
『満月まいのカラーマーケティング』で今日お話した内容です
良かったらラジオ聞いてくださいね

★★★★★★★★★★★★★★
2021年3月よりラジオ川越で
毎週木曜日朝9:00~11:00
生放送パーソナリティをしています

ラジオ川越は
アプリやYouTubeでも観ることができます

⭐️アプリ「Radimo」
https://musicbird.jp/cfm/radimo/

⭐️サイマルラジオJCBA
パソコンの方は↓こちら
https://www.jcbasimul.com/

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する