ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

【アンジェリ《ツクツク店メルマガ vol.29》】たった3分で宇宙の今を知れる光速メールマガジン


【アンジェリ《ツクツク店メルマガ vol.29》】たった3分で宇宙の今を知れる光速メールマガジン

  <不定期配信> 2022/2/11 +++ vol.29+++

【宇宙天気予報】2022年2月版★最新コロナ対策速報
。。。。........。。。。..........

こんにちは!

アンジェリの嶋みずえです。

今回は、コロナの真実と最新対応策について緊急配信です。

前半は、現実的な数字の結果で暗い気分になるかもしれませんが、後半はしっかり対応策をご紹介していますので、

どうか現実から目を背けずに、自分の健康を守る情報満載なので、最後までしっかりご購読下さいね。

まず、3日前に、ついに元厚生労働省のキャリア官僚の医学博士が実名顔出しで、ユーチューブで、コロナの真実を暴露('◇')ゞ

その①「2022/02/07 コロナとオミクロン株の闇を暴く|制度と症状は?どう対処する?」

https://youtu.be/oXZ4XMshhwk

その②「2022/02/09 【暴露】コロナオミクロン株とアレの正体|元厚労省キャリア完了が闇を暴く」

https://youtu.be/qZeDfKwD5E0

以下のデータも発表されています。

<接種後の心筋炎の報告数の2010年-2021年までの報告数の推移グラフ>

2016年    48件
2017年    63件
2018年   122件
2019年    63件
2020年    58件
2021年  15,531件

https://openvaers.com/covid-data/myo-pericarditis

(補足: OpenVAERS の冒頭にも書いてありますけれど、 CDCワクチン有害事象報告は、全体の有害事象のわずか 1%程度しか報告されていない)

<総死亡報告数>

2020年までの30年間        8,746件
2021年の1年間だけ        19,943件

「米CDCのデータは、2021年のワクチン後の心筋炎が昨年の「260倍以上」であることを示す。
そして今年は過去30年すべての接種後死亡報告の総数を上回っていること」

https://indeep.jp/myo-pericarditis-after-vaccination-in-2021-increased-260-times/

・・・と、ここまで書くと、何らかの事情で打たなければいけなかった方も多いのは事実ですし、

治験中なので、何の体調不良もない場合は、運よく生理食塩水に当たった可能性もあるのでご安心下さい。

そして、いつものように、アンジェリでは、現状だけでなく、どこよりも早い最新対応策をご紹介します!(^^)!

実は、1月末の最新発表によると、なんと「スプラウト」が神経損傷復活に役立つことが発見されました。

「1/28記事 スルフォラファンと呼ばれるこの自家製の分子でワクチンの神経損傷を元に戻すことができる」

https://www.naturalnews.com/2022-01-28-can-vaccine-nerve-damage-be-reversed-with-this-home-grown-herb-sulforaphane.html#

「(以下、上記サイトより引用開始)自家製のスプラウトに含まれる分子は、神経系幹細胞を活性化して神経組織を再生し、損傷した神経や脳を修復することが証明されています。

この分子はスルフォラファンと呼ばれ、アブラナ科の野菜すべてに含まれています。

スルフォラファンは、アブラナ科の野菜すべてに含まれていますが、中でもブロッコリースプラウトに最も多く含まれています。

スルフォラファンは、神経組織を再生し、損傷した脳を修復することが知られている数多くの「神経原性」分子の1つです。

mRNAスパイク・プロテイン・ワクチンが神経系や血管系に直接ダメージを与えることを考えると、

スルフォラファンはワクチン被害者の脳の損傷を修復・回復するための最も重要かつ有望な天然分子の一つであると考えられます。

以下の物質はすべて神経修復能力があることが証明されています。

◎ヤマブシタケ(きのこ)
◎グリーンコーヒー豆
◎ユビキノール(コエンザイムQ10)
◎クルクミン(ウコン)
◎プエラリン(葛)
◎ナツメ
●EGCG(カテキン)
●カンナビノイド(Cannabinoid)

⇒実は、2021年5月31日発行のツクツクメルマガにも、既に「カテキン」と「CBD」については記載しておりましたが、
やはり、今回の最新研究結果においても効果があることがわかりました!(^^)!

1)無農薬の緑茶(カテキン)

緑茶抽出物に一番多く含まれるエピガロカテキンガレート(EGCg)が有効。
但し、市販の緑茶はほとんどが農薬入り。
大変貴重な国産完全無農薬は以下がおススメ。

★アンジェリで発売中→【無農薬&無肥料】 幸せ緑茶 (3,5グラム12個入り)

日本国内で完全無農薬の「奇跡の緑茶」。

https://www.shop-angeli.com/fs/angeli/5000077


2)大麻草由来CBDヘンプエキス(特にCBG入り)

現在のmRNAワクチンは、腫瘍(癌)組織誘発ワクチンの可能性があるため、CBGに含まれている「腫瘍成長作用鈍化」を積極的に摂取することが必要。

<CBGの効能>

・腫瘍の成長を鈍化させる
・抗真菌および抗菌治療
・痛みの緩和
・炎症を抑える
・乾癬および皮膚治療
・緑内障治療
・うつ病および不安障害治療

★アンジェリで発売中→【ただ今10%オフ】「フォーカス(CBD&CBG入り)」

アメリカ産有機栽培大麻製ヘンプエキス。CBGはスーパーバグ(抗生物質が効かない強力な細菌)にも有効。

https://angeli.primemybody.com/prod_JP_FOCUS001
。。。。........。。。。..........

ちなみに、スルフォラファンのその他の効果も強力です!

<予想される効果>

酸化的ストレス
炎症
前立腺がん
乳がん
大腸がん
自閉症
膵臓癌
2型糖尿病
DNA損傷
膀胱がん
インスリン抵抗性

…など、さまざまな症状に効果あり!

。。。。........。。。。..........

また、打った方は、引き続き「血栓症」対策を!!

以下の記事では、

「体内に無数に形成される微小血栓は肉眼では見えない大きさだが、毛細血管内で血流障害や炎症などを引き起こす要因の一つとなる。
接種者の救済の鍵となるのは微小血栓対策。」と記載されています。

https://twitter.com/keijimoriiVet/status/1491190058812338176/photo/1

「コロナワクチン接種後に高血圧症に
それは微小な血栓が肺の組織を破壊することにより起きる。(中略)
これは肺動脈高血圧症と呼ばれます。血液が効果的に通過できないため、肺の高血圧です。
この状態の人は通常、数年以内に心不全で亡くなります。」(元ファイザー副社長)

https://twitter.com/japan_nuke/status/1439874454352379906


★アンジェリで発売中→接種者は、以下のジェモで、血栓症対策を!

3)◎血栓症、血管壁の強化:ヨーロッパダケカンバ

4)◎動脈硬化予防:オリーブ

いずれも以下の「ジェモ専用お取り寄せカート」に「ご希望の商品名」をご記載下さい。

https://www.shop-angeli.com/fs/angeli/gr391/5000099

5)◎高血圧の場合は、一酸化窒素NO「コア」+「カリウム食品」は試す価値アリです!

参考サイト)一酸化窒素「NO(エヌオー)」と「カリウム」が決め手! 「血圧を確実に下げる」10の方法
【まとめ】https://mainichigahakken.net/health/article/70-no_5.php

★アンジェリで発売中→ただ今20%オフにてCBD入り「コア」サプリ(血栓症対策)発売中!

☆購入専用サイト・・・ https://angeli.primemybody.com/prod_JPCorePlusPresale_1

(こちらの商品は、アンジェリ本店サイトでの販売ではなく、上記の専用サイトのみの販売となります)

。。。。........。。。。..........

⇒最後に、既に2020年7月には以下の結論は既に出ていた模様。

「新型コロナウイルスは「抗体による免疫を獲得することができない」ことが世界的な医学研究により明らかに。
これにより集団免疫という概念は崩壊し、ワクチンという概念も消えた」

https://indeep.jp/novel-coronavirus-antibodies-disappear-just-few-months/

「(上記より引用)一度感染して回復したとしても、あるいは、仮に今後ワクチンが登場して、そのワクチンを使用したとしても、

「生涯の免疫を獲得することはできない」ということになりそうなのです。

これがなぜ厄介かといいますと、まず、上に書きましたように、仮にワクチンが登場したとしても、

●ワクチンの効果が 3週間~3ヵ月ほどしか続かないので、実質的に接種の意味がない

仮に、新型コロナウイルスに有効なワクチンが開発されたとしても、「毎月打ち続けなければならない」という異様な世界の話となってしまいます。」

(現に、今、まさに毎月打ち続けなければならない状況になってきていますね(';'))

。。。。........。。。。..........

最後に、これだけは伝えたいのは、「子供には絶対打たせないで!」ということ。

<子供の死亡リスク増加率>

15歳から19歳
1回目の接種で82%
2回目の接種で226%

10歳から14歳
1回目の接種で885%、
2回目の接種で5105%

(2022年2月8日:国家統計局:ファイザーCOVIDショットは、子供の死亡リスクを5,100%増加させます。)

https://sonsoflibertymedia.com/office-for-national-statistics-pfizer-covid-shot-increases-childrens-risk-of-death-by-5100/

・・というわけで、今回は数字とデータの羅列で、知りたくない事実も沢山あったかもしれませんが、

ここで「臭いものには蓋をする」のではなく、「事実を知って今できる対応」をすれば、未来は自分で変えることは可能です(*'ω'*)

アンジェリでは、引き続き、自然療法で免疫力をアップする情報特集を配信していきますので、どうぞお見逃しなく!


。。。。........。。。。..........。。。。........。。。。

アンジェリ代表  発行者 嶋 みずえ             
                 
-+-----------------------------------------------+-
ナチュラルセラピーSHOP アンジェリ 自由が丘店
https://tsuku2.jp/angeli01
-+-----------------------------------------------+-





メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する