ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

◆一富士二鷹三小橋vol.6◆

皆さんこんにちは!
11月も半分が過ぎて、今年も残り1ヶ月半!
今週も「一富士二鷹三小橋」の時間がやってきました(^^)

さて、今日は11月9日に行われたセンダイガールズ10周年記念大会についてお話ししたいと思います。
後楽園ホールで行われたその大会では、サムライTVの解説として会場に行きました。
これは先日、センダイガールズ・里村さんとサムライTV「Versus」で対談をした際の一言がきっかけでした。

「センダイガールズの試合をリングサイドで小橋さんに解説していただくのが夢なんです!」

そしてその夢が早くも実現!
前回の観戦は、週刊プロレス熱血コラムの取材で行った昨年3月11日の新宿フェイス大会。
実に一年半ぶりのセンダイガールズの大会。

これは余談になりますが、FortuneDream1では記者会見でも言った通り、女子プロレスは試合に入れる予定はありませんでした。
しかし、ゼロワン靖国大会を週刊プロレスのコラムの取材で行った時、里村選手の試合を見てFD1に女子プロレスを入れることを決めました。
それくらい彼女の試合は僕の心に響く試合だったことを覚えています。

余談はこれくらいにしといて…

第一試合
メインイベント
10周年と区切りの大切な試合の第1試合とメインイベントにキャリア2年以内の選手同士のシングルマッチ、しかもタイトルマッチと言う賭に出たプロデューサー・里村明衣子。
もちろん社長として、彼女たち四人に期待はしているものの…大きな不安があったと思います。
しかし、四人とも里村さん、ファンのみんなの期待に応えたと思います。

一方、選手としての里村明衣子はどうだったか?

セミファイナル
試合前、リング上で里村選手に旗揚げ10周年お祝いの花を渡しました。
そしてリング上の選手たちと握手をしてリングを降りようとしたが、アジャコング選手だけは握手に応じませんでした。
試合が始まりアジャコング選手は里村選手をコーナーに詰め放送席の僕を見ながらチョップの連打!
プライド、意識の高さを感じた瞬間でした。

話がそれてしまいましたが…。
里村、浜田組とアジャコング、松本組ともにコンビーネションが非常に良かったと思います。
特に里村、浜田組のコンビネーションで浜田選手がパワーボムと同時に、里村選手がトップロープからボディープレスは連携も息ピッタリだった。
試合も里村、浜田組の勝利!

社長、プロデューサー、選手と頑張った里村明衣子。
練習生も入門していたし若手も育って来ている、今後のセンダイガールズに期待しています!!

※上記の文章の転用は禁止です※


〇11月のイベント情報(参加に関しましては各所にお問合せください)〇

◆11月18日(金)12:00~『東愛知サロン会・特別講演会』
http://www.higashiaichi.co.jp/

◆11月19日(土)14:00~『岐阜県・天然温泉三峰トークショー』
http://www.mitsumine-onsen.com/index.html

◆11月19日(土)20:00~『NPWSプロレスサミット総会』
http://www.fortune-kk.com/pages/20161119.htm

◆11月23日(水・祝)9:00~『第26回福知山マラソン』
http://www.fukuchiyama-marathon.com/

◆11月26日(土)10:30~『シルバーシティ聖蹟桜ヶ丘健康セミナー』
http://www.kaiteki.info/sc_seisekisakuragaoka/info/3765

◆11月26日(土)14:00~『プロレスエクササイズチャレンジ』直接指導!
http://www.fortune-kk.com/pages/201410exe.htm

◆11月27日(日)17:00~『全日本プロレス両国国技館大会』
http://www.all-japan.co.jp/

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する