カバー画像

作文110番

作文110番

指導歴27年以上!模擬試験採点・読書感想文審査員経験の講師が指導!全国どこでも受講可

作文110番
作文110番

(元)審査員・模擬試験採点者だけが知っている!
作文の採点基準やチェックポイントを「メルマガ」にて紹介しています。

「メルマガ」登録者全員に「(元)採点者だけが知っている!!『作文審査員・入試担当者はここを見る!』入試に合格できる作文のコツ」をプレゼントします。

また「作文110番」では、単なる添削ではなく「動画添削」も取り入れております!

ショーケース

ショップコメント

「文章を全く思いつかない」「一文字も書けない」「書きたいことはぼんやりあるけれど、文字にすることができない」とお悩みの方はいらっしゃいませんか?

私はずっと、この悩みと付き合ってきました。

国語の記述においては文章中の言葉をヒントにしてなんとか書けるのですが、いわゆる「作文」となるとお手上げでした。

では、どうやってこの「苦手意識」を克服したか?

それは「文章」には「種類」、そして「種類に応じて書き方の型がある」ということを学んだことが大きな転機となりました。

また、文章に対しての評価基準がきちんと存在し、その評価基準に合った書き方をすれば大幅減点や低い評価はなされないことが分かったのです。

数多くの作文についての書籍を参考にして意識して書いているつもりなのに大幅減点・・・という場合もあります。

なぜなら、本人は「きちんと書いたつもり」であって、正しい「型」や「形式」に当てはまっていないからです。具体的な「作文の書き方、型」「評価基準」を学ぶことによってはじめて「作文力」がアップするのです。

私は以前に読書感想文の審査員、大手書店の小論文添削の仕事をしていたので採点基準についてのアドヴァイスは定評があります。

あなたも正しい「作文の書き方、型」について学んでみませんか?





私の想い・・・ 受講される皆様へ


「国語」と聞くと皆さんは何を想像するでしょうか?おそらく、「勉強」、具体的には「受験に必要な科目」というイメージでしょう。

でも果たして「国語」≒「受験科目」なのでしょうか?

受験さえ無事にクリアすれば「国語」は必要なくなるのでしょうか。

決してそんなことはありません。

「受験の先」にあるもの・・・それは「生きる力」です。

「生きる力」とは?

「困難や予期しない出来事に遭遇した際に、自分で考えて行動して乗り切れる力」だと私は定義しています。

そして、その力の基礎となるものこそが「国語力」「思考力」なのです。

「国語力」とは「客観的に論理的に考える力」です。それを「国語」という教科を通じて養って欲しいと強く願っています。



では、大人になってからだと「遅い」?

そんなことはありません。

人は一生学び続けることが出来ますし、学ぶことが生きることだと思います。

人は「言語」という便利なツールを駆使できる生き物ですが、便利なツールとは使い方を間違えると大きな誤解や過ちを招くことに繋がります。

だからこそ正しく言語や言葉を使いこなすノウハウを学ぶことが社会で生き抜くためには必要となってくるのです。

私は既存の教育産業に身をおいていないからこそ、今後の社会の動きや流れに応じて、今後の社会に通用する「真の力」を感じ取ることが出来、それらを皆さまに惜しみなく提供することが可能になるという自負があります。

言葉の力(論理力や分析力)を身につけ、よりよく社会で活躍出来るよう応援させていただきたいと考えています。

こちらもぜひご覧くださいね。
https://morishitaairi.com

https://peraichi.com/landing_pages/view/49kokugo

https://peraichi.com/landing_pages/view/49kakeru

https://peraichi.com/landing_pages/view/mk5i2

       




  指導担当 森下藍理(もりしたあいり)

   

                        

                                

・国語指導歴27年以上。

・学生時代から、開成ゼミナール、日本教育センターなど複数の塾や家庭教師として多数の生徒を指導。

・学生時代に進研模試採点スタッフ経験。

・2010年〜2017 北海道河西郡芽室町の読書感想文審査員を務める。

・「国語」こそが学力の基本だと考え、2013〜2018.4「めむろ国語専門塾」を開講。

・2016. 7〜2018. 4 第4水曜日FMウィング「やるなら今だよ国語の時間」に出演。

・北海道立池田高校にて研修会講師を務める。(2017.7.27)

・2018.  9〜茨城県水戸市で「文章術」「国語指導」の活動開始。

・2019.  2.19 「つくばふれあいプラザ」において「世界一かんたんな文章講座」を主催。

・2019.  7.12 「つくばラジオ」ゲスト出演。

・2019.  7.13 「つくばカピオ」において「読書感想文」講座開催。

・2019.  8  「エクセルカルチャーセンター水戸」にて読書感想文講座開催。

・2020.  11  「つくば市吾妻交流センター」において「世界一かんたんな文章講座」を主催。

・2021.  2.25      毎日新聞 2021年(令和3年)2月25日付 茨城版に掲載される。

・2021.  6. 3       茨城新聞 2021年(令和3年)6月3日付 に掲載される。

・2021.  7,8       鉾田中央公民館(茨城県鉾田市)において読書感想文講師を務める。

 

  

私の想い・・・ 受講される皆様へ

 「国語」と聞くと皆さんは何を想像するでしょうか?おそらく、「勉強」、具体的には「受験に必要な科目」というイメージでしょう。でも果たして「国語」≒「受験科目」なのでしょうか? 受験さえ無事にクリアすれば「国語」は必要なくなるのでしょうか。 決してそんなことはありません。 「受験の先」にあるもの・・・それは「生きる力」です。 「生きる力」とは? 「困難や予期しない出来事に遭遇した際に、自分で考えて行動して乗り切れる力」だと私は定義しています。 そして、その力の基礎となるものこそが「国語力」「思考力」なのです。 「国語力」とは「客観的に論理的に考える力」です。それを「国語」という教科を通じて養って欲しいと強く願っています。 



                             

  では、大人になってからだと「遅い」? そんなことはありません。 人は一生学び続けることが出来ますし、学ぶことが生きることだと思います。 人は「言語」という便利なツールを駆使できる生き物ですが、便利なツールとは使い方を間違えると大きな誤解や過ちを招くことに繋がります。 だからこそ正しく言語や言葉を使いこなすノウハウを学ぶことが社会で生き抜くためには必要となってくるのです。 私は既存の教育産業に身をおいていないからこそ、今後の社会の動きや流れに応じて、今後の社会に通用する「真の力」を感じ取ることが出来、それらを皆さまに惜しみなく提供することが可能になるという自負があります。 言葉の力(論理力や分析力)を身につけ、よりよく社会で活躍出来るよう応援させていただきたいと考えています。


                

メールマガジンバックナンバー

初めまして!「作文110番」です!
配信日: 2021-10-17 17:41:25
皆さま、はじめまして! 「作文110番」です。 オンラインで文章・国語指導をしている 森下藍...

ショップ情報

ショップ名 作文110番 ショップへお問い合わせ
ショップページ おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」店
https://tsuku2.jp/sakubun110
サイト運営責任者 森下満智子

〒310-0802
茨城県水戸市柵町柵町2丁目
【ご連絡先】michikomorishita@kcf.biglobe.ne.jp

販売事業者名 森下満智子
サイト運営担当者 森下満智子
ソーシャルメディア facebook
メールマガジン登録
メールマガジン登録用QRコード
QRコードクリックで簡単登録

メルマガ登録いただいた方に冊子「(元)採点者だけが知っている!!『作文審査員・入試担当者はここを見る!』入試に合格できる作文のコツ」をプレゼントします。 学生はもちろんのこと大人にとっても目からうろこ?!です! ※毎週日曜日に配信します。

特定商取引法に基づく表記
ウェブチケット
商品代金以外の必要料金 送料・銀行振込手数料・代引き手数料
注文の受け付け方法 ショッピングカートによるオンライン注文
商品代金のお支払い時期 【クレジットカード決済】:ご注文完了時 【銀行振り込み】:ご注文完了後
商品の引き渡し時期 商品により変動いたします。商品画面に記載しております。
返品・交換について 未開封品に限り7日間受け付けいたします。
資格・免許 特に無し