カバー画像

児童デイサービス あった

児童デイサービス あった

札幌 豊平 中央

児童デイサービス あった
児童デイサービス あった

★★★人財募集★★★
https://www.jinrecruit.com/

一人ひとりにあった療育。子どもの中にあった可能性。
ご家族にあったらうれしい場所。「あった」で、きっと見つかります。

あった 豊平 011-887-0202
札幌市豊平区豊平2条8丁目1-25
あった 中央 011-211-0695
札幌市中央区南18条西7丁目1-1

お問い合わせ 011-887-0202
受付:月〜金 (年末年始を除く)
http://www.atta-jin.com/

ショーケース

ショップコメント

ギャラリーにあったでの様子をアップしています☆彡
https://home.tsuku2.jp/storeGallery.php?scd=0000161193

動画も視聴いただけます☆彡
https://youtu.be/ija9EspwCQg

○+●+○+●+○+●+○

子どもたちのすこやかな成長と、ご家族の安心のために。
「あった」が大切にしていること。

●未就学のお子様のみを対象とした自走発達支援事業所
「同じくらいの年齢のお友だちとの関わりをもってもらいたい」というご家族の思いを叶えるため、「あった」では未就学のお子様のみを受け入れています。そうすることで、使用する教材や遊具を統一して揃えることができ、活動内容や関わり方など、一人ひとりのお子様に寄り添う質の高い対応ができると考えています。

●日常生活の中にこそ大切な要素が山ほど隠れている
お子様の特性に合わせた教材を使用したり、専門的なカリキュラムを実施することももちろん大切です。ただそれ以上に、一日の生活の何気ない動作一つひとつに、大切な学びが隠れていると私たちは思っています。お子様一人ひとりをしっかりと把握し、こまめに声かけしながら「少し頑張れば自分でできる」という環境をつくり、自分の身の回りのことを少しずつできていけるよう関わっていきます。

●働くご家族にも安心の療育時間
お子様の健やかな成長のためには、ご家族の笑顔や心のゆとりが不可欠です。「あった」の療育時間は10:00〜17:00。働くご家族にゆとりを持っていただける時間設定で、少しでも「助かる」と思っていただける時間をお届けすることを大切にしています。

●何をするかよりもどのような体験をできるか
「あった」が最も大切にしているのは、私たち大人が、どれだけ子どもたち一人ひとりに「目と心」をむけられるかということです。「あった」で過ごす一日の中で、ひとつでも多くのプラスの感情を経験できるよう、どんなに小さな成功体験でも見逃さず、喜びを分かち合う。そして子どもたち全員が毎日笑顔で帰っていける施設を目指しています。

○+●+○+●+○+●+○

お問い合わせ 011-887-0202
受付:月〜金 8:15〜17:15(年末年始を除く)

○+●+○+●+○+●+○

Q.対象年齢制限はありますか?また、何歳くらいの子が多く通っていますか?
A.2歳から小学校に入る前のお子様を対象としています。3歳前後のお子様の割合が多いですが、2歳の子から5歳の子まで何人も通っています!乳幼児健診の際に発達に関する指摘を受けたり、現在通っている保育園や幼稚園の先生からお話があって利用を検討されるケースが多くみられます。

Q.料金はどれくらいかかりますか?
A.利用者さまのご負担は、サービス利用料金の1割と定められておりますが、ひと月の負担額には上限が定められています。
【ひと月ごとの利用者さまご負担の上限額】
●生活保護世帯……………………………………0円
●市民税非課税世帯………………………………0円
●市民税課税世帯
 市民税所得割28万円未満…………4,600円
 上記以外……………………………37,200円
活動に必要な教材費や材料費などはいただいておりません。毎日のおやつ代も無料となっております。お昼ごはんに給食を利用される場合のみ、給食費のご負担をお願いしています。(あった豊平300円/日、あった中央350円/日)詳しくはお気軽にお問い合せ下さい。
お問い合わせ 011-887-0202
受付:月〜金 8:15〜17:15(年末年始を除く)

Q.「あった」に通うには、どうしたら良いですか?
A.まずお住まいの市区町村にお問い合せの上、「受給者証」の取得申請を行う必要があります。(療育手帳は必要ありません)
なお、札幌市の場合は受給者証の発行にあたり、事前に札幌市児童相談所への相談が必要となります。
(札幌市児童相談所:札幌市中央区北7条西26丁目 011-622-8630)

Q.受給者証ってなんですか?
A.正式には、『障害福祉サービス受給者証』といい、福祉サービスを受けるために必要な費用や、利用できるサービスの種類、1ヶ月に利用できる日数などの情報が記されています。なお、すでに受給者証をお持ちで他の施設を利用されている場合も、掛け持ちで利用することができます。

Q.幼稚園に通っているのですが、利用することはできますか?
A.もちろん大丈夫です。幼稚園や保育園、または他の児童デイサービスと併用して利用されているお子様もたくさんいます。曜日によって使い分けをしたり、幼稚園が終わってから通ったりしているお子様もいらっしゃいますので、利用方法についてはぜひご相談下さい。
お問い合わせ 011-887-0202
受付:月〜金 8:15〜17:15(年末年始を除く)

Q.「あった」には、どんな資格をもった先生がいるのでしょうか?
A.保育士・看護師・教員免許取得者や、他の事業所での経験者、子育ての経験者、親として他の児童デイサービスを利用しているなどさまざまです。しかし「あった」では、資格や知識、経験の有無よりも「お子様一人ひとりに本気で向き合い、寄り添う」という、「あった」の想いに共感してくれることを一番大切にしています。もちろん基本的な知識は必要ですので、研修会への参加や、資格を取得するための勉強も全体で行っています。

Q.自宅まで距離があるのですが、送迎範囲はどれぐらいでしょうか?
A.できるだけ皆さまのご希望に沿いたいという思いから、住所による明確な送迎範囲は設けておりません。各施設から車で片道15分ぐらいまでの距離を目安としております。また、曜日によっては個別に対応できる場合もあるため、ご相談のつどお応えしております。

Q.見学や体験はできますか?
A.事前にお問合せをいただければ、ご見学や無料体験が可能です。ぜひお子様と一緒にお越しいただき、施設の雰囲気や他のお子様との関わりを体験してみて下さい。
お問い合わせ 011-887-0202
受付:月〜金 8:15〜17:15(年末年始を除く)

○+●+○+●+○+●+○

<活動内容>

●わくわくワーク
みんなで机に向かい、お絵かきや折り紙、粘土あそびなどを行います。基本的にはみんなで同じツールを使用しますが、一人ひとりに合わせた内容を設定し、子どもたちがわくわく夢中になれる活動を目指しています。

●やってみよう
おうちではなかなかできないことにみんなで挑戦!季節のイベントの準備をしたり、大好きなおかしをつくったり、帰ってからおうちの人に話したくなるような”お楽しみ感”がある活動です。

●レッスン
イラストなどが描かれたカードを子どもたちに見せ、すばやくめくっていくフラッシュカードなどを使い、視覚と音の刺激から言語への関心や理解を広げていく活動です。子どもたちが楽しく行える内容・集中できる時間を考慮して行うことを大切にしています。

●あったパーク
施設内に大型遊具を並べ、やりたいと思うもので全身を使って思いきり遊びます。ただ遊ぶだけではなく、順番を守ってお友達と遊ぶルールの認識や身体の使い方を覚えていきます。

●体操レッスン
週に1〜2回、外部講師を招き、跳び箱や鉄棒、マット運動などサーキット形式で行う活動です。

●遠足
月に1度のお楽しみ!動物園や水族館、大きな公園や新千歳空港、夏には海にもお出かけします。子どもたちはわくわくドキドキ、何日も前から遠足を待ちわびる気持ちが伝わってきます。遠足後に「どの動物が一番大きかった?」など、体験を振り返るひとときも、豊かな感情を育む大切な時間です。

●イベント
お誕生会、クリスマス会、ハロウィンパーティーなど、普段とは違った“特別感”のあるイベント。イベントの準備や飾り付けも「やってみよう!」で自分たちで楽しく進めます。中でもクリスマスは1日まるごとイベントDAY!スペシャルな飾り付けや豪華なお昼ご飯、みんなでクッキングも行います。

○+●+○+●+○+●+○

<あった10の約束>
子どもたちにとって最善の療育を実践するために、「あった」は10の約束のもと、常に考え、行動し続けます。

1.「怒る・否定する・命令する」ような声がけはしません。
感情的になることなく子どもに寄り添い、必要な場面を見極め、最適な声がけをします。
2.自分がされて嫌なことは、子どもにしません。
子どもを自分自身に置き換え、常に相手の気持ちになって接します。
3.常に「言葉は手渡す」意識で接します。
言葉を投げつけるのではなく、伝え方・目線・表情・トーンに配慮し接します。
4.呼び捨て・あだ名では呼びません。
子どもとどれだけ仲がよくても、全スタッフが統一した呼び名で声かけします。
5.赤ちゃん言葉は使いません。
子どもがこれから先、ずっと使っていく言葉で話をします。
6.子どもをモノのように扱う表現や対応はしません。
「〜させる」のような表現や対応はせず、同じ目線に立って子どもと接します。
7.子どもの羞恥心を考え、プライバシーに配慮した対応をします。
場所やタイミングが変わっても、子どもが心地よく過ごせる環境とは何かを常に考えます。
8.マイナスな表現はしません。
子どもにとって適切な表現かどうかを常に考え、「わがまま」「うるさい」「しつこい」などの言葉は使用しません。
9.子どもとの関わりを最優先します。
デスクワークや洗い物などは優先することなく、子どもとの関わりのあとで状況を見ながら行います。
10.できることは待ち、できないことは「少し頑張ればできる」環境を提供し、一人ひとりに丁寧に関わります。
大人が全てやってしまうのではなく、子どもが「できた!」の経験を積み重ねられるよう工夫します。

○+●+○+●+○+●+○

株式会社 仁 代表取締役の田中仁と申します。弊社は2011年5月に高齢者や障がいをお持ちの方のお宅に訪問し、一人ひとりの生活の中にある悩みや困りごとを解消するお手伝いをさせていただく「訪問介護」に着手しました。「児童発達支援」においては高齢者介護と障がい者福祉で培ってきた経験とノウハウを生かしながら、「一人ひとりに寄り添い、一人ひとりに向き合って、一人ひとりを笑顔に変える あったかくて優しい第2の我が家」という理念のもと、2016年8月に「児童発達支援事業所 あった」を開設させていただいています。
会社名である「仁」という文字は、互いに向き合う人と人を表しており、「人を慈しみ思いやる心」という意味があることから、私たちは人と人との関わりを最も大切にしています。「あった」においても、子どもたちが安心して自分のありのままの姿を表現できる場所(居場所)になることで、一人ひとりにもともとあった個性(強み)と真剣に向き合い、それを認めて、伸ばすお手伝いをさせていただきたいと考えております。

会社名:株式会社 仁
所在地:〒064-0810 札幌市中央区南10条西6丁目6-13 第7大岡ビル1階
TEL:011-252-7101 FAX:011-252-7102
創設:2011年 5月
代表者:田中 仁
http://www.atta-jin.com/

田中仁 あった


児童デイ 札幌

 今日のわくわくワークでは、
 みんなでお弁当やおにぎりのぬりえに挑戦しました🖍
 これはなぁに?何色かな?と
 みんな思い思いの色に塗ってくれました
✨
 みんなでぬりえを頑張ったあとは、お絵描きをしましたよ🎶

 ご見学・ご相談
 いつでもお待ちしております😊🎶
 児童発達支援事業所 ATTA🌈
 〠064-0918
 札幌市中央区南18条西7丁目1-1
 ☎︎011-211-0695





メールマガジンバックナンバー

公開されているメールマガジンはありません。

ショップ情報

ショップ名 児童デイサービス あった ショップへお問い合わせ
ショップページ おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」店
https://tsuku2.jp/ATTA
サイト運営責任者 株式会社 仁

〒064-0914
北海道札幌市中央区南十四条西9丁目2−18
【ご連絡先】t-jin@atta-jin.com

販売事業者名 株式会社 仁
サイト運営担当者 田中 仁
ソーシャルメディア instagram
メールマガジン登録
メールマガジン登録用QRコード
QRコードクリックで簡単登録

イベント・お得な情報等、メールマガジンにてご案内させて頂きます。是非この機会にご登録をお願い致します。