カバー画像

ビックハート不動産

ビックハート不動産

「高齢福祉系不動産」認知症対策に必要なこと

ビックハート不動産
ビックハート不動産

《高齢福祉に特化した不動産会社》
福祉施設を運営している当社が高齢者の不動産問題をサポートします。
住み続ける工夫。住み替える工夫。
お客様に寄り添いながら一番良い方法を考えていきましょう。

【ご家族へ】
認知症になってしまうと親の介護費や生活費も子供が負担しなければならなくなることがあります。
事前の対策から、相続、不動産処理など総合的にご相談にのります。

代表アドバイザー 若松貴男
宅地建物取引士・ケアマネージャー・柔道整復師

ショーケース

ショップコメント

家族信託で資産を守る
なんの対策もしないまま認知症と診断されてしまうと、銀行預金の引き出しができなくなり、ご両親の生活費や医療費が全て子の負担になってしまいます。さらに、家の売却・リフォームなどの契約もできなくなってしまいます。
当センターでは、上記を事前に防ぐ為、家族信託制度の活用をサポートします。

☆成年後見人制度との違い
成年後見人制度では、裁判所が人選する点が不便です。また、財産を積極的に投資して増やそうとする行為には許可が下りません。

☆特殊詐欺対策になる
オレオレ詐欺、点検詐欺等、高齢者を狙った詐欺に対し、資産の管理を家族が行う為、未然に防ぐことができます。


今のお住まいを考える
例えば高齢者施設に入居が決まった場合、元々住んでいた家をどうするか・・・
自宅での介護を選択した場合、今の間取りや設備・環境で危険はないか・・・
介護の経験してみないとなかなか気づくことができない、ご自宅の活用方法やアドバイスをいたします。

ショップ情報

ショップ名 ビックハート不動産 ショップへお問い合わせ
ショップページ おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」店
https://tsuku2.jp/bicheart
サイト運営責任者 (株)ビックハート

〒247-0008
神奈川県横浜市栄区本郷台2−6−17
【ご連絡先】bicheart@outlook.jp

販売事業者名 (株)ビックハート
サイト運営担当者 107885