グッドスリーププロジェクト

“ねむりに、やる気。” 睡眠のチカラで日本を元気にする それが グッドスリーププロジェクトです。 “GOOD SLEEP, GOOD LIFE.” みんなにとっての “GOOD SLEEP” を発見して、“GOOD LIFE” のアシタとミライをつくること。 睡眠のチカラで日本を元気にするために、睡眠力向上に関するセミナーや講座の主催、 睡眠商材のプロデュースやプロモーションをサポート。 グッドスリーププロジェクト公式ブログ https://good.sleepproject.jp/

ABOUT US

product

  • 通販
  • ウェブチケット

mail magazine

グッドスリーププロジェクト(GOOD SLEEP PROJECT)では、“GOOD SLEEP, GOOD LIFE.” のためのヒントやお得な情報など、メールマガジンにてご案内しています。是非この機会にご登録をお願いします。

“GOOD SLEEP, GOOD LIFE.”
 ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
みんなにとっての “GOOD SLEEP” を発見して、“GOOD LIFE” のアシタとミライをつくること。
それは『日本を元気にする』ことで、私たちプロジェクトの目的です。

コンセプトは “GOOD SLEEP JOURNY”
朝起きてから眠るまでの全てが “最幸睡眠への旅” であり、睡眠もまた、素晴らしいアシタのための未知なる旅。
そんな想いを込めて…

“ねむりに、やる気。” のプロジェクトメンバーが、みんなの “GOOD SLEEP” をサポートします。

睡眠のポテンシャルを紐とき、睡眠をマネジメントする知識や実践方法、アイデアやヒントを提供し、
“GOOD SLEEP” をつくる商品プロデュースやプロモーションをしていきます。


グッドスリーププロジェクト公式ブログ
https://good.sleepproject.jp/

────


グッドスリーププロジェクトでは、以下のような企画や活動もしています。

“グッドスリープを発見しよう。”
 ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
グッドスリープを実践しているグッドスリーパーや、
グッドスリープを提供している方(個人・法人・団体)にインタビュー。
YouTube や 弊社 Web サイトでご紹介。
多くのヒントと発見がいっぱい。

グッドスリーパー・グッドスリープ提供者を募集(自薦・他薦は問いません)
ご応募をお待ちしております。
*選考結果に関する個別のお問合せはお受けできませんので予めご了承ください。

“ぐっすりの日”
 ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
毎月19日は『ぐっすりの日』。
「いつもよりちょっと早く寝床に入ろう」「手ぶらで寝床に入ろう」を提唱。
ぐっすりの日には、不定期でイベントも開催。

“みんなでつくる睡眠講座”
 ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
みんなの『知りたい』や『学びたい』睡眠のテーマを講座にしていきます。
睡眠に関するテーマを広く募っています。
ご応募をお待ちしております。
*選考結果に関する個別のお問合せはお受けできませんので予めご了承ください。

“プロジェクトメンバー募集”
 ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
グッドスリーププロジェクトの活動にご興味のある方(個人・法人・団体は問いません)、
プロジェクトへの参加を広く募っています。
まずはお問合せください。
info@sleepproject.jp


────


“代表からのMassage”
 ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
“最幸の睡眠で、ご機嫌なアシタとミライを。”

グッドスリーププロジェクト代表 大原 智子
最幸睡眠研究家/健康管理士一般指導員/健康経営アドバイザー


あなたにとっての “最幸睡眠" とはどんなものでしょうか?

ベッドに入った瞬間「今日も充実した1日だった〜」とニンマリ。
いつの間にか眠りにつき、朝までぐっすり…
目覚めからカラダもココロも軽やかで、テキパキ動ける。

そんな夢みたいな話し…と思われる方も多いかもしれませんが
本当にそうでしょうか?

この食材がカラダにいいとメディアが発信すれば、あっという間に売り切れ。
健康意識の高いジョガーがあちこちで密になっているというニュース。
多くの人たちは健康でありたいと願い、食事や運動を意識して生活しているのに、

睡眠についてはどうでしょうか?

どちらかといえば、短時間睡眠を望む声が多く、何らかの理由で「眠れない」と
切実な状況になって、初めて、どうしたものかとあたふたする現状。
平均睡眠時間は世界ワースト1位、5人に1人は睡眠に問題を抱えている日本人は、
量も質も不十分な睡眠事情。
仕事、家事、家族のことなどたくさんの役割を抱えて目が回るような日常を送る
40代、50代女性たちの睡眠不足は特に顕著で、社会問題レベルです。
同じ女性として、そんな頑張るひとたちを応援したい!

私たちが目指すのは、最幸睡眠のための眠れるカラダになるための生活習慣化。
起きた瞬間から始まっている、今夜の ”最幸睡眠" のための活動。
だから、決して眠ることだけにフォーカスするのではなく、ライフスタイルそのものを
大事に考えます。

難しいことや面倒臭いことは続かない…
だから、生活の中のほんの小さな習慣に意識を持ってみること。
そして、ほんの少しだけ睡眠時間を増やす努力をしてみること。

ご機嫌なアシタとミライのための “GOOD SLEEP” を。

shop fan club

お気に入りのお店のショップ ファンクラブに参加して、
ポイントやお得な情報を手に入れよう!

powered by グッドスリーププロジェクト

ファンクラブ