カバー画像

当麻グリーンライフ

当麻グリーンライフ

有機野菜とお米と加工 | 農業の未来を見つめて

当麻グリーンライフ
当麻グリーンライフ

「素晴らしい農業を次の世代に引継ぐために」を経営目的にかかげ有機農業を中心とした農業生産法人を設立。有機農産物の生産から加工、販売まで一環した 経営を開始し現在に至っています。
農業生産法人有限会社当麻グリーンライフは、世代を超え、継続、継承できうる有機農業と位置づけ、新規・参入希望者等の研修・実習の受け入れ対応を積極的に行い 農業を志す人々を応援して行きます。
ホームページhttp://tohmagreenlife.co.jp/

ショーケース

ショップコメント

北海道のほぼ中心に位置する当麻町で、有機野菜とお米を作っています。
自社で栽培から加工までを行ったトマトジュースや加工品は味・品質とも自信をもってご提供しております。

ー有機農産物についてー
「有機農産物」とは、化学肥料・化学農薬を3年以上使用しないほ場で収穫された農産物のことを言います。             
弊社は、基本的には化学肥料・化学農薬を使用しないで栽培することを大前提として運営しています。
安心・安全の農作物を多くの方に届けたく、北海道当麻町で日々「有機農産物栽培」に取り組んでいます。

ー作物も自然と共存するー
「作物として栽培しているものが、雑草などに圧倒的に負けてしまってはこまりますが、自然とのバランス(共生)が取れているのが1番理想的です。」
作物もほかの植物と一緒に自然の中で共生して育ちます。自然環境との共生、生物多様性、循環性、そこにあるのが有機農業の原点なのです。
有機農業は、土、生き物、作物の健康な状態を保つことで、いろいろな問題を解決する「持続可能」な生産システムです。

ー有機農業をやるということは生き様であるー
「日本も、やらざるを得ないところに来ています。農家はみんな、覚悟を持って作っています。覚悟をしないとできないのです。自分達が作ったものを人に食べてもらうのだから」。社会的意義と環境的意義を持つ有機農業。それは次の世代へと繋げるためにも、私達が変えていくことなのだと。

イトミミズが豊富な水田で、驚きの活性値200万越えを達成

日本で有名な農学者「横山和成」さんのYoutubeで当社が紹介されています

メールマガジンバックナンバー

公開されているメールマガジンはありません。

ショップ情報

ショップ名 当麻グリーンライフ ショップへお問い合わせ
ショップページ おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」店
https://tsuku2.jp/greenlife
サイト運営責任者 瀬川 守

〒078-1314
北海道上川郡当麻町四条東3丁目6−1
【ご連絡先】segawa.m@tohmagreenlife.co.jp

販売事業者名 瀬川 守
サイト運営担当者 瀬川 守
メールマガジン登録
メールマガジン登録用QRコード
QRコードクリックで簡単登録
特定商取引法に基づく表記
通販
商品代金以外の必要料金 送料・銀行振込手数料・代引き手数料
注文の受け付け方法 ショッピングカートによるオンライン注文
商品代金のお支払い時期 【クレジットカード決済】商品発送後に決済が完了します。引落し日は、各クレジットカード会社の締め日、支払日をご確認下さい。
【銀行振り込み】:ご注文完了後7日以内にお振込下さい。。なお、お振込の際にかかる手数料はお客様でご負担下さい。
商品の引き渡し時期 入金確認後、営業日3日以内に発送いたします。
返品・交換について 未開封品に限り7日間受け付けいたします。
ただし生鮮物など一部の商品で返品交換をお受けいたしかねるものもございます。
資格・免許 特に無し