la-chic design room

lachicは、自分らしく。 マイホームの主人公はお客様だから その人らしさや個性をデザインした 美しい住まいづくりをしたいのです。 ヨーロッパにインスパイアされた、 洗練されたデザインを提案。 la-chic design room 金沢 ちかこ KANAZAWA Chikako

ABOUT US

mail magazine

ヨーロッパにインスパイアされた、洗練されたデザイン提案。
もともと私は、インテリアデザインが専門だったんです。インテリアデザインを考えていると、必然的に間取りやライフスタイルも視野に入ってくるので、そこから建築の道に入りました。だからプランニングも、最初にお客様らしいスタイルを見つけ出し、その空間イメージを住まい全体に広げていくという手法です。
自分のスタイルが決まっている方、好きなものがありすぎて混乱している方、何が好きなのかわからない方…どんなお客様にも対応するためには、たくさんの引き出しを持っておきたい。だから海外での情報収集を意識的に行ってきました。インスパイアされるのはヨーロッパ。中でもフランスやイタリアは人々のインテリアへの関心が高いですね。古い建物が多いため、すでにある空間でいかに自分らしく暮らすかを、みんな工夫しておられます。日本でも最近いろいろなインテリア雑貨がたくさん輸入され、それとともに家に興味関心を向ける人も増えてきました。日本人の感性やライフスタイルも変わってきているように感じます。

ゲストを招くための、空間のつながりと見せ場の演出。
欧米の人たちは、ホームパーティが大好き。お家も広くて「人が集まるために家がある」という感覚があります。日本でもホームパーティを楽しむ方が多くなってきました。欧米のように広い家は難しいけれど、空間のつながりを意識して大勢が楽しく集える家づくりを意識しています。LDKなら、ママたちが集まってお茶を楽しめるダイニングがあって、パパたちがお酒を飲みながらくつろげるリビングがあって。窓の外の広いバルコニーでは、子どもたちがペットと一緒に水遊びをしていたり。
数年前に設計した家も、人を招くのが大好きなお客様でした。バーベキューができる広い庭とゆったりしたLDKがあるシンプルなプランですが、空間の見せ場として飾り棚をたくさんつくったんです。ご入居されてからそのお宅に行くたびに、室内の様子が変わっていくんですよ。飾り棚に可愛いロンドンのグッズが増えていたり、洒落た椅子が置かれていたり、住まい手らしさがどんどん出てくる。そんなふうに家も生きているんだと思います。

「らしく」がつくり出す、個性的な空間、お気に入りの暮らし。
その人「らしく」をうまくカタチにしていくのが、私の仕事です。お掃除が苦手という方にはシンプルな間取りで収納を増やすとか、お気に入りの椅子が映える空間をつくるとか。螺旋階段が憧れだとおっしゃるお客様のために、玄関扉を開けたら広いホールに螺旋階段がオブジェのようにそびえる空間をつくったこともあります。
最近お客様のニーズで多いのが、オープンなキッチンを中心とした家づくり。ゴージャスなキッチンもいいけれど、敢えてシンプルなデザインにして、お気に入りのキッチングッズで自分らしいコーディネートを楽しまれる方も増えています。
「らしく」を優先するあまり標準仕様からはみだした建築デザインになることもあって、工務店さんにはいつも「お願いします」と頭を下げてばかり…。でも、お客様それぞれのスタイルを追求した住まいづくりは私にとっても楽しくて、つい夢中になってしまうんです。もしかしたら私は、お客様のマイホームに自分の夢を重ねているのかもしれません。

shop fan club

お気に入りのお店のショップ ファンクラブに参加して、
ポイントやお得な情報を手に入れよう!

ファンクラブ