カバー画像

子ども(小学生)向け【アート教育|教材】wakucow Art(ワクカウアート)

子ども(小学生)向け【アート教育|教材】wakucow Art(ワクカウアート)

子ども(小学生)向け【アート教育|教材】wakucow Art(ワクカウアート)
子ども(小学生)向け【アート教育|教材】wakucow Art(ワクカウアート)

東海エリアを拠点に小学生(子ども)向け【アート(美術)】の体験型ワークショップ教育サービスを地域の教育機関と連携して提供しています。保育園、幼稚園、小学生頃の子どもたちの脳は、大変感性が豊かで日常の体験を通して目一杯吸収しようとする多感な時期です。作品を作成する過程で、形状・色彩・独自性・バランスなどを思案するため、イメージ発想力、集中力、対応力、コミュニケーション力など様々な角度から脳の成長にアプローチします。私たちが開発したアート教育の教材を教育関係者様にぜひご活用いただきたいです。小学生に大好評です!

ショーケース

ショップコメント

一般社団法人COWが運営する【wakucow Art(ワクカウアート)】では、東海エリアを拠点に【美術・アート】を通して、子ども(小学生)向けの教育サービスを地域の教育機関と連携して実施しています。保育園、幼稚園、小学生の子どもたちの脳は、感性が豊かで、日常の体験を通して目一杯吸収しようとする多感な時期です。子どもはアートに関わるものづくりの過程で、形状・色彩・独自性・バランス・レイアウトなどを独自に思案するため、イメージの発想力、集中力、対応力、コミュニケーション力など様々な角度から脳の成長にアプローチします。私たちが開発した[小学生(子ども)向けアート教材(教育)]を全国の教育関係者様たちにぜひ有効にご利用いただきたいと願っています。感性豊かな子どもたちが育つことは、今の私たちに出来る次世代の日本に向けた期待と貢献です。これからも子どもたちと教育関係者様、親御様たちがより楽しみやすく、吸収しやすく、汎用性を持てる教育水準の支えとなりますよう私どもは子ども向けの教育教材の開発に努めて参ります。

[代表メッセージ]
アート(美術)は、私にいろいろなおどろきと発見、そして、もっと人生をおもしろく豊かにしていくひらめき・アイデアに出会わせてくれました。人生は、角度を変えればもっともっとおもしろくなり、アイデアでどんどん世界は広がっていきます。また、アート(美術)は人と人をつなぎ、笑顔も生み出してくれます。アート(美術)の力は、すばらしいです! 私自身、日々いろいろなことに触れ、心を“わくわく”させています。子どもたちには、当社の子ども向け教育教材・提携型教育サービスを活用して驚き・感動する…目がきらきらするような「わくわく」体験を、いっぱい提供していきたいと思っています。

[代表プロフィール]
小さい頃から、デザイナー(ファッション)だった母の横で、絵を描いたり、なにかつくったり…母親の影響も大きかったと思いますが、何かを自分の中から生み出すことがとても好きでした。デザイナーという職業に憧れ、高校・大学と美術(アート)を学びました。卒業後は名古屋のデザイン事務所に入社し、カタログ、チラシ、ポスター、パンフレットや月刊誌などの制作…夢だったグラフィックデザイナーとして活躍し、出産を期に、子どもたちが本来持っているすばらしい力に衝撃をを受け、もっともっとその力(=未来に必要な力)を伸ばしていきたい!思いで、アート(美術)とあそびを組み合わした子ども向けアート教育プラグラム【wakucow Artプログラム】を立ち上げました。

[wakucow 思い]
wakucow…「わくかう」waku…一番のテーマである「わくわく」の“わく”cow…”うし“を組み合わせたものです。なぜ、牛なのか?私は、「牛」が、好きです。グッズを集めてたり、牛をテーマに作品もつくっています。牛の柄なのか…もぉ〜と鳴くところなのか…のんびりしたところなのか…きらきらくりくりの目なのか…理由はよくわからないけど好き!なのです。みなさんも、理由はよくわからないけど、なんとなく好きなものありませんか?「赤色が好き」「キンモクセイの匂いが好き」などなんとなく好きなものには、わすれてしまっているかもしれないけれど、「好きな理由には、必ず…しあわせな記憶」があるそうです。たとえば、お母さんが、赤い服で抱きしめくれたとか、プロポーズの時、キンモクセイの匂いがしたとか。「牛」にも、幸せな記憶があるんだと思います。子ども(小学生)たちにも『幸せな記憶・好好きなものに、いっばい出会ってほしい』いっぱいの「わくわく」で心をいっぱいにしたいです。


【アートは教えられるか?「図画工作」が好きな子どもの育て方】
「センスが良い」「審美眼がある」と言われて嬉しくない人は少ないでしょう。さっと絵を描いたり楽器が弾ける人に誰もが感心するものですね。従来、こうしたアート(美術)感覚は、特別な人だけが身につけるべきものか、趣味の領域だとみなされてきました。しかし近年、【アート(美術)】は、個人的なセンスや一芸を超えて誰もが身につけるべき能力として見直されつつあります。変化のスピードが早まる現代、既存の知識や概念の延長での論理的思考だけでは、将来の選択肢が狭まるのではないかという危機感が背景にあります。多様化が叫ばれるなかで、異なる文化や慣習を理解し吸収するためにも芸術的な感性が必要となります。では、子ども(小学生)たちは、いかにアート(美術)を学ぶことが望ましいのか。現状、ほとんどの子ども(小学生)たちにとって、学習としてアート(美術)分野に触れるのは学校での「図画工作」「音楽」といった科目ですね。よくありがちなのが、大人の一言が、図画・工作嫌いの子どもを生み出してしまうこと。幼稚園・小学校の教員を目指す学生たちが図画工作の授業を嫌うもう一つの要因は、絵を描くことに苦手意識のある学生が多いという事実があります。授業を通じての学生たちとの交流から、彼らの「苦手意識」の原因を考えてると、幼少時の心ない指導によるものが大きいのではないかと思います。子どもは、親や先生の言葉に対して過敏に反応します。大人の何気ない一言で図画工作が嫌いな人間となってしまいます。嫌いになれば敬遠します。そうすると、生涯、積極的に描くことや作ること(美術|アート)に触れないまま成長してしまうわけです。その「図工嫌い」は、その子だけにとどまりません。そうした子どもが親になれば、子どもに「図工嫌い」が伝播してしまうかもしれません。そんな人が幼稚園・小学校の教員になれば、その負の影響力はさらに大きなものになります。
【子どもの絵に技能は不要】
子ども(小学生)たちは、どのような形で図画工作嫌いになっていくのでしょうか。図画・工作の授業は個々人の多様性を認めることによって成り立つ授業です。子ども(小学生)の個性を尊重する教育が行われている現在、子どもに面と向かって「○○ちゃんは絵が下手だね」と言う教師はいないでしょう。しかしながら子どもたちは些細な否定する言葉でも心に傷を負ってしまいます。「もう少し丁寧に形を見てごらん」、「実際にこんな形をしていないよね」から「○○くんは、発想は良いんだけどね……」などと大人からみて児童を傷つけない言葉を選んでいるつもりでも子どもたちの受け止め方は異なります。以上の言葉は実際オリエンテーションの時、図画・工作が苦手になった理由をたずねた際の学生の返答です。その一言によって描くことや作ること(美術|アート)が嫌いになるまでに至らなくても、図画・工作は面倒くさいなと思い込んでしまう。描くことが嫌いになる主な要因は絵を教える大人の方が作っているのです。図画工作と言っても範囲が広いので絵画を例にとって考えてみると、そもそも絵画にとって上手、下手などあるのでしょうか。大人たちは何を基準に上手、下手と考えているのか。確かに、技能の上手、下手はあります。しかし、子どもの絵画表現にとって技能など必要ありません。一般的には、上手な絵画とは対象となる形態を正確に描ける能力を指しているかもしれません。しかし、対象物を正確に写しとることがそんなに大切なことでしょうか。また、絵画における「正確に」とはどういうことでしょうか。人はそれぞれ個性が異なるように、人それぞれ対象への見方も違うし、見え方も異なります。誰もが、それぞれに興味があるもののみに焦点が合わせて外界を見ていることを自覚しなければなりません。アート表現においては、一番印象に残ったカタチや色彩から描かれ始め、徐々に詳細にそして大胆にデフォルメして表現されます。感じたことを絵に表現することも大切ですが、まずは外界の何に心引かれ興味を感じたのか、それを自覚することが大切です。心引かれるものを自覚できれば、その絵画表現はより豊かなものとなります。子どもは大人が考えつかない問いや行動が出てきます。図画工作にはルールはないに等しい以上、教員の資質が大切です。「図画工作を教える授業ではなく、楽しさを共有する授業」を重点にプログラムを計画します。図画・工作は感性を育む授業です。楽しくもなく緊張だけが続く授業の中では子どもの感性は育ちません。のびのびと制作できる教育環境をつくることも大人たちの責任です。
【アート教育を通して子どもたちとどう向き合うか】
① 描くことや作ることが好きな子もいれば、きらいな子もいます。まずは子どもたちと楽しく遊びましょう。
②季節、自然、園内行事、家族、友だち、生活の中にはあらゆるテーマや題材が隠れています。
③見るもの、見えるもの、感じ方などは人それぞれです。子ども一人一人の個性をしっかり受け止めましょう。
④上手い、下手の基準はありません。大人の尺度で作品の良し悪しを決めることはできません。たとえ技術が未熟でも楽しさや愛情が伝わってくる表現は評価する。
⑤手が遅い子どもも、早い子どももいます。無理強いすることなく完成まで付き合いましょう。最後まで仕上げることが大切です。
⑥子どもの表現の中から、その子どもの個性や家庭環境、生活状況などが見えてきます。ていねいに読みとりましょう。
⑦道具は上手く扱えば便利で楽しいもの。きちんと使い方を教えましょう。
⑧観察力を養うことは大切です。外界への興味は人格形成の始まりです。
⑨描き方、つくり方を教えるのではなく、描くことの楽しさやつくる喜びを伝えましょう。
⑩みんなで一緒に作品づくりをすることも必要です。人と人との関わり合いの中で社会性、協調性が養われます。

子ども(小学生)教育において、無理に描くことを押しつけることは、図画嫌いを引き起こすことになりかねません。元々子ども(小学生)たちはお絵かきが大好きですので、楽しいテーマであれば喜んで描こうとします。いろいろな形で自己表現を行いたい時期です。実際描く際、子どもにとってアート(美術)のテーマを決めることは大切です。なるべく興味がわくようなテーマであることはもちろん、絵の中から子ども(小学生)との会話が生まれるような題材が理想です。子ども(小学生)の絵の中には物語や事件が隠されています。描かれた絵を囲めば自然に会話が始まります。抽象的過ぎるテーマでは興味が削がれてしまいますし、テーマの範囲が狭ければ想像力は沸きません。まずは目的を持ったテーマ選びが大切です。普段の生活が表現されるもの、楽しい記憶を思い出させるもの、季節を感じさせるもの、想像力を働かせるもの、日々生活の中には多くの題材が散在しています。目的を定めたテーマ選びを実践してください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一般社団法人COW
〒500-8273 岐阜県岐阜市加納矢場町2丁目27番地

[オフィシャルサイト]
http://wakucow.justhpbs.jp/index.html

[Facebook]
https://www.facebook.com/wakucow-Art-576383702380151/

[アメブロ]
https://ameblo.jp/wakucow/

○代表理事:土井さおり
○設  立:2020年5月

○会社沿革
 2008年 小学生・子ども向けwakucow Art プログラム 立ち上げ
 2009年 少人数アート教室 開始
 2011年 小学校・幼稚園アートイベント 開始
 2014年 放課後等デイサービス 講師 開始
 2015年 幼稚園保育内アート教室 開始
 2020年 一般社団法人COW 設立

○アクセス(自動車の場合)
・名鉄名古屋本線・各務ヶ原線 「名鉄岐阜駅」より車で約6分
・JR高山本線・東海道本線「岐阜駅」より車で約6分
※駐車場5台 ※周辺一方通行の道が多いのでご注意ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジンバックナンバー

ワークショップ教材 wakucouArt(ワクカウアート)ホワからさんアートミッション
配信日: 2020-07-31 11:56:59.534078
教育関係者様、子育て中の父兄様こんにちは♪ 小学生を中心に【感性・イメージ力・アイデア脳を育てる...

小学生向けワークショップ教材 wakucouArt(ワクカウアート)ホワからさんアートミッション
配信日: 2020-06-17 16:31:13.231687
教育関係者様、子育て中の父兄様こんにちは♪ 小学生を中心に【アートで豊かな感性を育てる教育サービス...

小学生向けワークショップ教材 wakucouArt(ワクカウアート)ホワからさんアートミッション
配信日: 2020-06-17 16:26:11.859307
教育関係者様、子育て中の父兄様こんにちは♪ 小学生を中心に【アートで豊かな感性を育てる教育サービス...

小学生向けワークショップ教材 wakucouArt(ワクカウアート)ツクツクショップOPEN!
配信日: 2020-05-22 14:22:18.133098
小学生を中心に【アートで豊かな感性を育てる教育サービス】を提供しています一般社団法人COW(カウ)プ...

ショップ情報

ショップ名 子ども(小学生)向け【アート教育|教材】wakucow Art(ワクカウアート)
ショップページ おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」店
https://tsuku2.jp/cow
サイト運営責任者 一般社団法人COW

〒500-8273
岐阜県岐阜市加納矢場町2丁目27番地
【ご連絡先】Issha.cow@gmail.com

販売事業者名 一般社団法人COW
サイト運営担当者 土井さおり
商品代金以外の必要料金 配送料・銀行振込手数料。
キャンセル返金の場合は銀行振込手数料・システム処理料(220円)が掛かります。
返品に掛かる配送料はお客様側での負担となります。
注文の受け付け方法 ショッピングカートによるオンライン注文
商品代金のお支払い時期 カード決済:ご注文完了時
銀行振込み:ご注文完了後(商品発送前支払い)
銀行振込指定の場合、ご注文から1週間以内の入金が確認できない場合は自動的にキャンセル扱いとさせていただきます。
商品の引き渡し時期 商品により変動いたします。商品画面に記載しております。
返品・交換について ご注文後のキャンセル・返品の際、返金に掛かる銀行振込手数料・システム処理料(220円)・配送料はお客様のご負担となります。返品は未開封、未使用品に限ります。クレジットカード決済の場合、購入日の次月9日までのキャンセルが可能です。それ以降になる場合、クレジット決済処理が止めれない為、ポイントが付与され、ポイント分も差し引いた金額の返金となります。[キャンセル・返品不可]の記載がある商品については受注発注品となるため、キャンセル・返品を受付ができません。
資格・免許 特に無し
当店へのお問い合わせ ショップへお問い合わせ頂くにはツクツク!!にログインして頂く必要がございます。
メールマガジン登録
メールマガジン登録用QRコード
QRコードクリックで簡単登録