カバー画像

大分県中津市/ビスマン本舗「殿畑双葉堂」/明治22年創業老舗菓子司ビスマン

大分県中津市/ビスマン本舗「殿畑双葉堂」/明治22年創業老舗菓子司ビスマン

大分県中津市/ビスマン本舗「殿畑双葉堂」/明治22年創業老舗菓子司ビスマン
大分県中津市/ビスマン本舗「殿畑双葉堂」/明治22年創業老舗菓子司ビスマン

大分県中津市創業131年の老舗の御菓子ビスマン本舗殿畑双葉堂。
昔からの珍しい菓子作りに原材料に吟味を重ね今の時代に合わせて守ってまいりました。
今年で66年目になる「ビスマン」中津生まれの大変、美味しい黄身餡の焼き菓子です。

【店舗情報】
株式会社殿畑双葉堂「ビスマン本舗」

◆本店
8:00〜18:30
大分県中津市植野523-2
TEL 0979-32-6151

◆中津yumetown店
9:30〜21:00
〒871-0065 大分県中津市蛭子町3丁目 99番地
TEL0979-23-7757

ショーケース

ショップコメント

【ツクツク出店記念キャンペーン中!!】
ホームページ開設とツクツク出店を記念しまして
お得な送料無料の双葉堂定番商品詰め合わせセットを3種類ご用意させていただきました!!

[5種詰め合わせ]2500円(税込)
https://ecsp.tsuku2.jp/viewDetail.php?itemCd=05019028210490

[7種詰め合わせ]3500円(税込)
https://ecsp.tsuku2.jp/viewDetail.php?itemCd=02850002498340

[6種詰め合わせ]4000円(税込)
https://ecsp.tsuku2.jp/viewDetail.php?itemCd=20083020547084


◆お知らせ◆
haconiwaというWEBマガジンのおみやげクリップコーナーにビスマンを掲載して頂きました!
レトロで可愛いパッケージという事で取り上げて頂いております☆
ありがとうございます♪
ぜひ、チェックしてみてください!!

・おみやげクリップ記事一覧ページ
https://www.haconiwa-mag.com/tag/omiyageclip/

◆haconiwa
http://www.haconiwa-mag.com/

-----------------------

[haconiwa]
世の中にあるクリエイティブを見つけ、届けるWEBマガジン。
クリエイティブがつくる楽しさの循環を目指し、デザイン・アート・プロダクト・旅などジャンルを問わず、オリジナルな視点で切り取った情報を配信。

============================================
《殿畑双葉堂の歴史》
明治二十二年(1889年)初代「殿畑作一」が大分県中津市小祝町にて金花糖を製造、お菓子屋を創業。

二代目「龍雄」が、麹での甘酒饅頭を製造販売、大いに人気を博す。
そして、小祝港で働いていた少年時代の後の第35代横綱「双葉山」を深く愛し、饅頭を食べさせて可愛がった。
双葉山が相撲界入りしてからは、後援会の世話役を勤め上げ、そのお礼として、屋号の「双葉堂」は横綱、双葉山関より頂戴した。

三代目「忠」は、洋風なハイカラ好みで、伝統に新しい時代の感覚を加味した菓子作りに研究を重ね「ビスマン」が誕生した。
ビスケット生地に黄味あん入りの焼き菓子は大ヒットし
「第20回全国菓子大博覧会 名誉無鑑査賞」
「日本洋菓子協会連合会 技術大金賞」
などの数々の賞を受賞した。

四代目現社長の「安司」は自ら豆の風味豊かな自家製餡づくりに精進。
あんこが香る「もなか」や双葉山から頂いた双葉堂の「軍配どら焼き」を開発。

五代目「敦士」は「ビスマン」や本葛「けんちん」等、既存の商品のグレードアップに尽力。
今ではビスマンの生地を製造し親子二代、餡子と生地のこだわりビスマンを製造し、焼きたてビスマンなど、その日に焼いた焼きたてビスマンを限定販売している、さらに時代にあった新しい事にチャレンジし世にビスマンを広めようと精進している。

◆商品紹介(一部)◆

【ビスマン】
殿畑双葉堂の代表銘菓ビスマンは1954年に誕生し長い間、愛され続けてきました。
当時ビスケットが高級な時代に三代目、殿畑 忠のアイデアにより、お手頃で食べられるビスケットを作りたい。
その思いからビスケットに真似た生地が完成されました。
現在では四代目が餡を練り、五代目が生地を仕込み焼き上げております。
しっとりと柔らかなビスケット生地に、自慢の黄身餡を包んで風味よく焼き上げ、どこか懐かしい味わいのビスマンをお召し上がりください。
人気の一口、プチビスマン、若い方からも人気の商品です。

【中津ういろう】
外郎は室町時代に中国より日本に伝来不老長寿の神薬として全国に広まりました。
中津では江戸時代、茶席の菓子として使われており、小ぶりで花型の茶口物はとても珍しいとされています。餡入り、餡無しの2種類でご用意しております。

【本葛けんちん】
江戸時代後期に医者であり、書家であった田中信平が長崎より中津に持ち帰り広まりました。
キクラゲを使った菓子は全国にも珍しく栗、豆をあしらい本葛ベースで仕上げており健康に優れたお菓子になっております。
90年前より製造を行なっており、中津市の伝統ある御菓子となっております。
お土産にも喜ばれるお手頃のハーフサイズも販売しております。

【中津合わせボーロ】
本来は佐賀生まれのマルボーロ。
中津でも江戸時代から定番のお菓子になり、中津では一袋に2枚入った合わせボーロが主流となっております。
素朴でシンプルで優しい味わいで赤ちゃんからご高齢の方々まで幅広くご愛顧頂いている一品です。

【諭吉の里】
カステラ生地に黄味餡入りの風味豊かなホイルケーキです。
生地の底にはアーモンドスライスをひいて、しっとり優しく焼き上げました。福沢諭吉の故郷「諭吉の里」お土産に人気の商品です。

【四季の実】
生地は優しい口当たりで、白餡の中心に金柑ジャム・栗ジャムを包み三重包餡子で仕上げております。
季節の味わいの焼き菓子です。ビスマンとはまた、違ったしっとりとした食感でお茶菓子に大変人気のある商品です。

【あわゆき】
早春のふわっとした雪を表現した「あわゆき」は幕末の慶応年間に創業した創製で初代内閣総理大臣の伊藤博文が「春の淡雪を思わせる」として命名されたお菓子です。
卵白を泡立て、砂糖と寒天を合わせたフワッとした食感が優しい和菓子です。

※発送の際は冷凍で送らせていただきます。

【石垣餅(芋もち)】
大ヒット商品!!
殿畑双葉堂名物の芋もちです。
職人が丁寧に手作業で毎朝美味しい蒸し立てをご用意しております。完売になる事もあり、ご注文の際は前日までのご予約でお願い致します。
10個から冷凍で遠方の方にも発送出来ます。
※餡入り、餡無し2種類ございます。

【とのはたロール】
当店のロールケーキは中津市では先駆けとなり、約20年ほど前に誕生してから今現在も変わらぬ味で親しまれております。
双葉堂のロールケーキはこだわり製法で柔らかくスポンジを焼き上げ、卵は、ビタミンE豊富の長崎県産の太陽卵をふんだんに使用しております。
九州産の生クリームを使用し、甘さ控えめさっぱりとした人気の味わいです。
家庭用、お土産にもおすすめしております。

※冷凍発送は生ロールのみに限らせていただきます。


【店舗情報】
ビスマン本舗
◆殿畑双葉堂本店◆
営業時間/8:00〜18:30
定休日/元旦
住所/〒879-0103大分県中津市植野523-2
TEL/0979-32-6151
FAX/0979-32-5658

◆殿畑双葉堂中津youmetown店◆
営業時間/9:30〜21:00
定休日/年中無休
住所/〒871-0065 大分県中津市蛭子町3丁目 99番地
TEL/0979-23-7757
FAX/0979-23-7757

ツクツク出店記念!!

↓↓↓送料無料のお得なセットはこちら(画像をクリック♪)↓↓↓


殿畑双葉堂定番商品詰め合わせ送料無料ビスマン

殿畑双葉堂定番商品詰め合わせ送料無料ビスマン                                     殿畑双葉堂定番商品詰め合わせ送料無料ビスマン


◆お知らせ・メディア情報◆

haconiwaというWEBマガジンのおみやげクリップコーナーにビスマンを掲載して頂きました!

レトロで可愛いパッケージという事で取り上げて頂いております☆

ありがとうございます♪ぜひ、チェックしてみてください!!

ハコニワ

ハコニワビスマン

◇おみやげクリップ記事一覧ページ

https://www.haconiwa-mag.com/tag/omiyageclip/

◇haconiwa

http://www.haconiwa-mag.com/

世の中にあるクリエイティブを見つけ、届けるWEBマガジン。

クリエイティブがつくる楽しさの循環を目指し、デザイン・アート・プロダクト・旅などジャンルを問わず、オリジナルな視点で切り取った情報を配信。


〜殿畑双葉堂の歴史〜

明治二十二年(1889年)初代「殿畑作一」が大分県中津市小祝町にて金花糖を製造、お菓子屋を創業。

二代目「龍雄」が、麹での甘酒饅頭を製造販売、大いに人気を博す。

そして、小祝港で働いていた少年時代の後の第35代横綱「双葉山」を深く愛し、饅頭を食べさせて可愛がった。

双葉山が相撲界入りしてからは、後援会の世話役を勤め上げ、そのお礼として、屋号の「双葉堂」は横綱、双葉山関より頂戴した。

三代目「忠」は、洋風なハイカラ好みで、伝統に新しい時代の感覚を加味した菓子作りに研究を重ね「ビスマン」が誕生した。

ビスケット生地に黄味あん入りの焼き菓子は大ヒットし

「第20回全国菓子大博覧会 名誉無鑑査賞」「日本洋菓子協会連合会 技術大金賞」

などの数々の賞を受賞した。

四代目現社長の「安司」は自ら豆の風味豊かな自家製餡づくりに精進。

あんこが香る「もなか」や双葉山から頂いた双葉堂の「軍配どら焼き」を開発。

五代目「敦士」は「ビスマン」や本葛「けんちん」等、既存の商品のグレードアップに尽力。

今ではビスマンの生地を製造し親子二代、餡子と生地のこだわりビスマンを製造し、焼きたてビスマンなど、その日に焼いた焼きたてビスマンを限定販売している、さらに時代にあった新しい事にチャレンジし世にビスマンを広めようと精進している。


        

左 / 五代目「敦士」 右 / 四代目現社長「安司」                   自家製餡をつくる安司社長


九州朝日放送 アサデス。KBC 【ナゾ食】ビスマン 2012.10.26放送 


双葉堂の定番商品


ビスマン facebook ビスマンインスタグラム

【店舗情報】
ビスマン本舗
◆殿畑双葉堂本店◆
営業時間/8:00〜18:30
定休日/元旦
住所/〒879-0103大分県中津市植野523-2
TEL/0979-32-6151
FAX/0979-32-5658

◆殿畑双葉堂中津youmetown店◆
営業時間/9:30〜21:00
定休日/年中無休
住所/〒871-0065 大分県中津市蛭子町3-99
TEL/0979-23-7757
FAX/0979-23-7757

ショップ情報

ショップ名 大分県中津市/ビスマン本舗「殿畑双葉堂」/明治22年創業老舗菓子司ビスマン
ショップページ おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」店
https://tsuku2.jp/bisuman
サイト運営責任者 株式会社殿畑双葉堂

〒879-0103
大分県中津市植野523−2
【ご連絡先】jackdaniel69dr@gmail.com

店舗所在地
〒879-0103
大分県中津市植野523−2
販売事業者名 株式会社殿畑双葉堂
サイト運営担当者 殿畑敦士
商品代金以外の必要料金 送料・銀行振込手数料・代引き手数料
注文の受け付け方法 ショッピングカートによるオンライン注文
商品代金のお支払い時期 【クレジットカード決済】:ご注文完了時 【銀行振り込み】:ご注文完了後
商品の引き渡し時期 商品により変動いたします。
返品・交換について 要相談
資格・免許 特に無し
当店へのお問い合わせ ショップへお問い合わせ頂くにはツクツク!!にログインして頂く必要がございます。
メールマガジン登録
メールマガジン登録用QRコード
QRコードクリックで簡単登録
「ビスマン3個」プレゼント♪ メルマガ購読で限定クーポンGET!

無料メルマガ登録で当店の定番人気商品《ビスマン3個入り》をプレゼントさせていただきます!!(来店時プレゼント) 季節の新商品やお得な情報等メールマガジンにてご案内させていただきます。 ぜひこの機会にご登録くださいませ♪