うなぎ|玄白−GENPAKU−|福井|問屋直営店

−旬の旨み味わう喜び−
当店は問屋直営店としての利点を生かして、国産、中国産、台湾産の産地を問わず、その時々の最良の鰻を仕入れております。中間問屋を介さないため、鮮度は抜群。注文が入ってから焼き上げて、お席へお届けします。少し贅沢な和の味わいをどうぞごゆっくりご堪能くださいませ。
福井県福井市二の宮3丁目36-27
TEL:0776-97-9904

ABOUT US

product

  • 通販
  • グルメ

news

ご挨拶

グルメ

2019.08.09

はじめまして。福井市の『和食うなぎ 玄白-GENPAKU-』でございます。 =鰻師が厳選した新鮮な鰻と地元食材を中心とした和食をゆったりとした店内でご賞味ください= 当店では、本格炭火焼で丁寧に焼き上げた鰻や地元の食材を使った和食や一品料理など多彩なメニューを取り揃えております。福井の地酒をはじめとしたお酒の種類も豊富です。 お酒と料理を楽しみながら、ゆったりとした雰囲気の中で大切な方との時間を心ゆくまでお過ごしください。 個室から大人数の宴会まで、目的に合わせ柔軟に対応させていただきます。 =玄白のこだわり= ◎鰻 産地にこだわらずその時その時期のよい鰻を厳選しバナジウムが豊富な富士山の湧き水を使って休ませ、臭みが取れた柔らかい状態でご提供しております。外はパリッ、中はふっくらジューシー。香ばしさがやみつきになります。 ◎タレ 独自に配合した秘伝のタレは甘さと上品な香りが鰻とお米によく合い旨味とコクが箸を進めます。 ◎米 やわらかい鰻は程よい歯ごたえのあるお米が合います。福井県産にこだわり探し求めた結果大野産コシヒカリにたどりつきました。寒暖差が激しい大野の水はミネラルが豊富で名水百選にもなっています。 ◎お酒 鰻の味に負けない辛口の地酒を中心に用意しております。地酒はもちろん女性に優しい果実酒もそろっております。 --------------------------------------------------------- =鰻ブーム発信の向こうに、福井人との意外なつながり= 店名「玄白」は、若狭・小浜藩医の蘭学者、杉田玄白からきています。 「土用の丑の日」という言葉の発案者は、エレキテルで有名な文化人、平賀源内といわれています。売り上げ不振に悩んだ鰻屋から相談を受けた源内が、「今日は土用の丑の日」「土用の丑の日に鰻を食べると元気になる」と張り紙を出して宣伝し、鰻屋は繁盛したそうです。 玄白と源内は親交が深かったようで、あの有名な医学書『解体新書』のタイトルは、源内がデザインしたという説があります。 もしかすると夏バテに鰻が良いと提案したのは医学者である玄白のほうかもしれませんね。 --------------------------------------------------------- みなさまのご来店を心よりお待ちしております。 玄白-GENPAKU- 続きを読む

mail magazine

当店ではお客様にお得な情報、季節の美味しい情報、店舗クーポン、通販情報など盛りだくさんな特典をメールマガジンにてご案内させて頂きます。 ご登録のお客様には特典などもお付けしております。是非ともこの機会にご登録くださいませ。

shop fan club

お気に入りのお店のショップ ファンクラブに参加して、
ポイントやお得な情報を手に入れよう!

powered by うなぎ|玄白−GENPAKU−|福井|問屋直営店

ファンクラブ
ショップ情報 お問い合わせ