カバー画像

鍋の場の持つパワーで作り手を支援する【日本一鍋プロジェクト】農家さんなどモノ作り支援!

鍋の場の持つパワーで作り手を支援する【日本一鍋プロジェクト】農家さんなどモノ作り支援!

鍋の場の持つパワーで作り手を支援する【日本一鍋プロジェクト】農家さんなどモノ作り支援!
鍋の場の持つパワーで作り手を支援する【日本一鍋プロジェクト】農家さんなどモノ作り支援!

【鍋の場でモノ作り支援】
鍋の場には、話しやすいリラックスした雰囲気と、誰とでも仲良くなれる一体感があります。
そんな鍋パワーを活用し、異なる業種の作り手のモノ作りを応援するのに活用するプロジェクトです。

主な活動として、農家さんが育ててくれたモノを使ったお鍋の場を設け、参加者の皆さんで味わう会や、実際に現場に行かせてもらう会などを主催しております!

ショーケース

ショップコメント

日本一鍋プロジェクトは、
「鍋の場のパワーを使って、モノ作りを支援する」
プロジェクトです。

【鍋の場でモノ作り支援】
鍋の場には、話しやすいリラックスした雰囲気と、誰とでも仲良くなれる一体感があります。
そんな鍋パワーを活用し、異なる業種の作り手のモノ作りを応援するのに活用するプロジェクトです。

Facebookにて、活動内容をアップしておりますので、ぜひご覧ください☆
https://www.facebook.com/no1nabe/

【日本一鍋プロジェクトが目指すモノ作り】
 1.作り手の想いをモノに込める
 2.視野が広がりアイデアがどんどん出る
 3.チームが同じ方向を向き一体感がある
 4.モノを作り上げた時に「できた!」を十分に味わえる
 5.使い手の喜びを共有し、「役に立てている!」と実感できる
 6.自分らしさ、自分の価値観、得意なことをモノ作りに反映できる

【鍋の理由】
 1.日本一鍋の場がモノ作りと相性が良い理由があります。
 2.コミュニケーションが苦手な人でも話しやすい。
 3.あらたまった場でない方が話しやすいことが多い。
 4.鍋を囲むだけでコーチングと同等の効果が期待できる。
 5.鍋の場はアイスブレークなどの雰囲気作りを必要としない
 6.同じものを囲むことで自然と一体感が生まれる
 7.鍋の場は料理が作られ続けている、つまり創造的な場である。
 8.鍋の中では具材たちが引き立てあっている、ここから学ぶことがある
 9.鍋奉行が場作りをするので、アイデア出し、チームビルディングなど目的に応じて効果的にコミュニケーションが取れる


ある研究では、8時間の会議をするよりも、1回の鍋を囲む方が、チームに一体感が出るということを実証しています。
日本古来からある鍋の場を利用して、人はコミュニケーションをとってきました。
さらに、料理が作られ続けている、具材たちが引き立て合うなど、モノ作りと通じるものが鍋の中にあります。
だから、鍋からモノ作りへのヒントがいろいろあります。

そして、日本一鍋の場では、その場を最大限に活用するため、鍋奉行が場作りをします。
単なる「おいしい!」「楽しい!」の場に留まらず、コミュニケーションを活用できる場所です。
その結果、アイデアが出たり、チームワークが向上したりする場として機能するのです。

↓↓日本一鍋プロジェクトのプロモーションムービーはこちら↓↓
https://youtu.be/P3zMwAk2fAo


現場でこんなこと感じていませんか・・?
 ・忙しくて考える時間がない
 ・本当にやりたいことができていない
 ・新しいアイディアを考えるけどパッとしない
 ・みんな頑張っているのだが、報われていない気がする
 ・一生懸命それぞれやっているけど、なんかバラバラだ
 ・プロジェクトや会社がどの方向に進んでいるかわからない
 ・本当に使ってもらえるモノを作っている実感がない

モノ作りの現場で感じる閉塞感をなんとかしたい...。


”鍋を囲むところから始めませんか?”


リラックスして話しやすい場、
同じものを食べて一体感がある場、
料理が作り続けられているクリエイティブな場、
日本が誇る鍋の場のパワーを活用しましょう!!


日本一鍋プロジェクトでは、鍋の場を囲むことからこの閉塞感から脱却することを提案します。

誰でも話しやすい鍋の場、囲むと誰でも仲良くなる鍋の場。
おいしい鍋をリラックスして囲むと気持ちが自然と前向きになります。
そして、鍋奉行がさらに場作りをして、さらに話しやすい雰囲気を作ります。
本当はこう思っている、本当はこれをやりたいなど、普段の現場でも話す機会が少ないことも、話せるような雰囲気を作ります。
特に頑張って話そうと思わなくても、楽しく話せます。

そして、「アイデアを出したい」「チームワークを高めたい」などテーマに応じた場作りをします。
囲んでいる人から話を引き出し、それらを融合したり、互いのヒントになるようにしていきます。
また、人の問題解決や、目標達成を支援する技術にコーチングがあります。
日本一鍋プロジェクトでは、鍋奉行が鍋の場でコーチングの技術を屈指して場作りをします。
鍋を囲むだけでコーチング相当の支援を受けることができます。


以前、『ありがとう!TV』に出演させていただいた時の映像です↓↓
わたくし鍋奉行 岡村がなぜ鍋会を始めたのか、どういうコンセプトでやっているかを語らせていただきました!!
「鍋を囲んでコーチング」(2014/10/21に公開されたものです。)
https://youtu.be/PnuNNUxFVZ0


ホームページはこちら
http://no1nabe.com/

日本一鍋プロジェクトは
「鍋の場のパワーを使って、モノ作りを支援する」
プロジェクトです。

モノ作りの現場で感じる閉塞感をなんとかしたい...。

日本一鍋プロジェクトでは、鍋の場を囲むことからこの閉塞感から脱却することを提案します。

誰でも話しやすい鍋の場、囲むと誰でも仲良くなる鍋の場。おいしい鍋をリラックスして囲むと気持ちが自然と前向きになります。そして、鍋奉行がさらに場作りをして、さらに話しやすい雰囲気を作ります。本当はこう思っている、本当はこれをやりたいなど、普段の現場でも話す機会が少ないことも、話せるような雰囲気を作ります。特に頑張って話そうと思わなくても、楽しく話せます。

そして、「アイデアを出したい」「チームワークを高めたい」などテーマに応じた場作りをします。囲んでいる人から話を引き出し、それらを融合したり、互いのヒントになるようにしていきます。また、人の問題解決や、目標達成を支援する技術にコーチングがあります。日本一鍋プロジェクトでは、鍋奉行が鍋の場でコーチングの技術を屈指して場作りをします。鍋を囲むだけでコーチング相当の支援を受けることができます。



日本一鍋プロジェクトが目指すモノ作り

  1. 作り手の想いをモノに込める
  2. 視野が広がりアイデアがどんどん出る
  3. チームが同じ方向を向き一体感がある
  4. モノを作り上げた時に「できた!」を十分に味わえる
  5. 使い手の喜びを共有し、「役に立てている!」と実感できる
  6. 自分らしさ、自分の価値観、得意なことをモノ作りに反映できる

鍋の理由

日本一鍋の場がモノ作りと相性が良い理由があります。

  1. コミュニケーションが苦手な人でも話しやすい。
  2. あらたまった場でない方が話しやすいことが多い。
  3. 鍋を囲むだけでコーチングと同等の効果が期待できる。
  4. 鍋の場はアイスブレークなどの雰囲気作りを必要としない
  5. 同じものを囲むことで自然と一体感が生まれる
  6. 鍋の場は料理が作られ続けている、つまり創造的な場である。
  7. 鍋の中では具材たちが引き立てあっている、ここから学ぶことがある
  8. 鍋奉行が場作りをするので、アイデア出し、チームビルディングなど目的に応じて効果的にコミュニケーションが取れる


ある研究では、8時間の会議をするよりも、1回の鍋を囲む方が、チームに一体感が出るということを実証しています。日本古来からある鍋の場を利用して、人はコミュニケーションをとってきました。さらに、料理が作られ続けている、具材たちが引き立て合うなど、モノ作りと通じるものが鍋の中にあります。だから、鍋からモノ作りへのヒントがいろいろあります。

そして、日本一鍋の場では、その場を最大限に活用するため、鍋奉行が場作りをします。単なる「おいしい!」「楽しい!」の場に留まらず、コミュニケーションを活用できる場所です。その結果、アイデアが出たり、チームワークが向上したりする場として機能するのです。


↓↓日本一鍋プロジェクトのプロモーションビデオです↓↓


以前、『ありがとう!TV』に出演させていただいた時の映像です↓↓
わたくし鍋奉行 岡村がなぜ鍋会を始めたのか、どういうコンセプトでやっているかを語らせていただきました!!

「鍋を囲んでコーチング」

2014/10/21に公開されたものです。



リンク

FB  ホーム

メールマガジンバックナンバー

梅とレンコンを一緒に鍋に
配信日: 2019-11-10 09:35:18
日本一鍋に参加していただいた皆様、 一緒に鍋を囲んでいただき、ありがとうございました。 鍋の...

豚の幸せといただく人の幸せ
配信日: 2019-10-03 08:37:58
日本一鍋に参加していただいた皆様、 一緒に鍋を囲んでいただき、ありがとうございました。 暑さ...

朝採れレタスと一緒に来るのは?
配信日: 2019-08-28 19:11:36
日本一鍋に参加していただいた皆様、 一緒に鍋を囲んでいただき、ありがとうございました。 少し...

爽やか搾りたて青みかんポン酢!その場でおろした魚をしゃぶしゃぶ!
配信日: 2019-07-20 09:40:18
日本一鍋に参加していただいた皆様、 一緒に鍋を囲んでいただき、ありがとうございました。 来週...

天然のアロマルーム鍋 or ルンルン牛と鍋?
配信日: 2019-05-13 08:49:12
日本一鍋に参加していただいた皆様、 一緒に鍋を囲んでいただき、ありがとうございました。 ゴー...

ショップ情報

ショップ名 鍋の場の持つパワーで作り手を支援する【日本一鍋プロジェクト】農家さんなどモノ作り支援! ショップへお問い合わせ
ショップページ おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」店
https://tsuku2.jp/no1nabe
サイト運営責任者 株式会社ナーベ

〒101-0047
東京都千代田区内神田1−10−8
【ご連絡先】okamura.hideaki@gmail.com

販売事業者名 株式会社ナーベ
サイト運営担当者 岡村 英明
メールマガジン登録
メールマガジン登録用QRコード
QRコードクリックで簡単登録