news

お知らせ

顔歪みでお悩みでしたがこんなに変わりました

ビュティー

2021.08.09

顔歪み、肩こり、首の痛みなどお悩みだったfさん
10回の施術わずか4ヶ月でここまで変化しました。 続きを読む

顔歪みでお悩みでしたがこんなに変わりました 顔歪みでお悩みでしたがこんなに変わりました

お顔の歪みとほうれい線がスッキリしました

ビュティー

2021.08.03

お顔の歪み、ほうれい線が気になっていた大澤さん
数回の施術だけでここまで変わりました。
アフター写真は下記リンクからどうぞ
https://www.izato.com/face-adjustment/befores-afters/ 続きを読む

お顔の歪みとほうれい線がスッキリしました お顔の歪みとほうれい線がスッキリしました

食いしばりで顎にコブが出来る?

ビュティー

2021.07.02

下の歯ぐきの内側や、上あごの真ん中あたりに、ボコボコとしたコブ状のものがありませんか?

指や舌で触ると、表面はツルツルとしていて硬い・・・でも痛くはない。

これは、「骨隆起」と呼ばれるものです。

強い食いしばりや、噛みしめ、歯ぎしりが原因で起こります。

食いしばると歯や歯茎に負担が掛かり、歯が割れたり欠けたり、歯ぐきが炎症を起こしてしまいます。

それ以外に、顎の骨に掛かる力に耐えようとして、骨が過剰に発達してしまうのです。

骨折レベルの力が、アゴに掛かっているとも言われています。

子供の頃は、ほどんどみられることはなく、年齢を重ねるにつれて徐々に現れ、大きくなるので、
その状態が当たり前となり、違和感を覚えない場合もあります。

男性より、女性に多くみられる傾向があるのだそうです。

骨隆起そのものは、骨の塊なので、痛みを伴わなければそのままにしていても問題はありません。

しかし、大きくなりすぎて発音がしづらい、将来的に入れ歯などを入れる際に当たってしまって痛い、などの支障をきたすこともあります。

その場合は外科的な手術によって取り除くこともあリます。

一度出来た骨隆起は、大きくなることはあっても、小さくなることはありません。

また、強い食いしばりや噛みしめがもたらすものには、肩こり・首コリ・頭痛も挙げられます。

片噛み癖があれば、アゴに歪みが生じ、お顔の歪みにもつながります。

顎への負担を、出来る限り軽減させるために、マウスピースを装着するようにしてください。


IZATO整体院
村瀬 美幸 続きを読む

食いしばりで顎にコブが出来る? 食いしばりで顎にコブが出来る?

最強の腸活ファスト食材とスロー食材

ビュティー

2021.07.01

食べ物には、短時間で消化される「ファスト」と、消化に時間のかかる「スロー」があります。

組み合わせを考慮しないと、腸内で渋滞を起こします。

その負担から、体調不良や免疫力の低下につながってしまいます。

渋滞を起こさないためには?

●「ファスト」の食べ物を、「スロー」と一緒、または、後に食べない
●「ファスト」を食べたら、1時間半以上空けて、次の食事をとる
●「スロー」の食べ物の後は、5時間以上間隔を開ける

これを守るのですが・・・
実践していくうえで問題があるとすれば、「ファスト」の食品ではないでしょうか。

【ファスト】

●ほぼ全ての果物 (ココナツとアボカドはスロー)
  ドライフルーツや梅干し、ジャム、砂糖漬けもふくむ
●フルーツジュース、果実ベースのお酒 (ワインを除く)
●はちみつ、メープルシロップ、ヨーグルト、緑茶
●トマト、かぼちゃ、パプリカ、唐辛子
  カレー粉やパプリカパウダー(唐辛子・パプリカ由来のスパイス)もふくむ
【スロー】

●ファストではない野菜全般 (タマネギとナスは「ニュートラル」)
 これは、生・加熱済みかは関係はありません
●穀物、コンニャクの加工品
●動物性・植物性たんぱく質
●ナッツ類、オリーブ
●海藻類


【ニュートラル】…どちらでもないので、関係なく組み合わせられるもの

●油、お酢 (ワインビネガーをふくむ)
●タマネギ、ナス、にんにく、エシャロット、ケッパー、バジル
●わさび、コショウ、マスタード
●ワイン、ビール、コーヒー、紅茶、牛乳、砂糖
●ビターチョコレート (ミルクチョコレートは×)

・・・食生活の見直しが、かなり必要になりますね。

次回は、組み合わせが悪くても、ちょっと工夫をすれば大丈夫なコツをお伝えしますね。

IZATO整体院
村瀬 美幸

参考文献 フランク・ラポルト=アダムスキー博士著 「腸がすべて」より 続きを読む

最強の腸活ファスト食材とスロー食材 最強の腸活ファスト食材とスロー食材

最強の腸活ファスト食材とスロー食材2

ビュティー

2021.07.01

【ファスト】の食べ物を見て、驚かれた方は多いのではないでしょうか?

食後に緑茶を飲んだり、果物を食べたり、デザートではちみつをかけたヨーグルトを食べたり・・・
これらを、「スロー」の食事の1時間半前に済ませないといけません。

(もしくは、5時間以上空けてから)

トマトは「リコピン」をふくみ、健康に欠かせない食品ですが、「ファスト」となります。

トマトソースのパスタや、マルゲリータピッツァ、カプレーゼなどは良くないということなります。

他にも、タンドリーチキンや野菜のピリ辛ソテー、生ハムめろん、カボチャのリゾット、
焼き魚にレモン汁も、「ファスト」と「スロー」の組み合わせに当たります。

唐辛子を使った料理は、好きな方が多いです。
こう考えると、私達は普段の食事で、常に腸に負担を掛けていることになりますね。

まずは一週間、意識して食事を摂るようにすると、身体が軽くなるのを実感出来るのだそうです。

しっかり取り組むとなると、数カ月は必要になってきます。
全てを完璧にしようとするのは、根気が要りますし、なかなか大変です。

どうしても、トマト料理や辛い物を食べたいときは、食事の前にスプーン1杯のオイルを飲むように。
腸の中で潤滑油として働いてくれて、「スロー」の食材を運びやすくしてくれます。

この場合のオイルとは、「エキストラバージンオリーブオイル」・「亜麻仁油」・「ココナッツオイル」です。
直接オイルを飲むことに抵抗がある場合は、サプリメントでも大丈夫です。

大好きな食べ合わせを我慢しないといけませんが、チャレンジしてみてくださいね。

※オイルサプリメントを飲んでいるから、組み合わせが悪くても大丈夫〜と、
 油断しないようにしましょう。

オイルの取りすぎはコレステロールの問題もあります。


IZATO整体院
村瀬 美幸

参考文献 フランク・ラポルト=アダムスキー博士著 「腸がすべて」より 続きを読む

最強の腸活ファスト食材とスロー食材2 最強の腸活ファスト食材とスロー食材2

最強の腸活

ビュティー

2021.06.11

腸には、2つの大きな役割があります。

●生命の維持に必要な、栄養素と水分を吸収する働き
●病気から命を守る、人体最大の免疫システムの働き(約80%を消化管が占めています)

しかし、腸壁に汚れが溜まっていたらどうでしょうか?

身体に良いといわれる栄養素をふくんだ物を食べても、しっかりと吸収されません。
免疫機能も、十分に働くことが出来なくなり、身体の不調を起こしやすくなります。

腸の乱れが原因で起こるといわれている、代表的な身体の不調には、このようなものが挙げられます。

●便秘、下痢
●頭痛
●不眠
●肌荒れ
●腰痛、坐骨神経痛、首の痛み
●高コレステロール血症
●腎盂炎、尿道炎、膀胱炎
●食道裂孔ヘルニア

腸には自浄作用があるといわれています。
空っぽのまま何もせずに休む時間…「すき間の時間」を作ってあげると、汚れが剥がれ落ちて、流れていこうとするのです。

食事と食事の間を、最低4時間空けること!
消化管に、休息をとらせてあげることが大切となります。

ここで、問題となるのが、「食べ物の消化速度」なのです。

じつは、食べ物には、腸での消化速度が早い「ファスト」と、時間のかかる「スロー」に分かれます。
「ファスト」は、30分〜2時間、
「スロー」は、8〜10時間、消化に時間がかかります。

一緒に食べてしまうと、腸内で渋滞を起こしてしまい、消化に18時間以上かかってしまうこともあるのです。

食べた食事が、正しい組み合わせで腸に全く負担を掛けず、スムーズであっても、腸は常に5〜6回分の食事を抱えていて、頑張って消化をしています。

なのに、組み合わせが悪い食事のせいで、渋滞を起こしていたら・・・
ちょっと、怖いですよね。

正しい食べ合わせで、身体の不調を解消し、免疫力を上げましょう。

IZATO整体院
村瀬 美幸

参考文献 フランク・ラポルト=アダムスキー博士著 「腸がすべて」 続きを読む

最強の腸活 最強の腸活

老化防止の決め手はGI値

ビュティー

2021.06.10

食べた食品が、消化される際、どのくらい血糖値を上昇させるかを示す「GI値」(グリセミックインデックス)

この「GI値」が高いと、食品から分解された糖が、血中に大量に入りこむため、血糖値が急激に上がります。

すると、血糖値を下げようとして、インスリンの分泌が増えてしまいます。

「糖化」を招きますし、脂肪も蓄積しやすくなってしまうのです。

「GI値」の高い食品と低い食品を知っていると、普段の食生活で気をつけることが出来ますよ。
※60より高いか低いか?が見極めポイントです。

●白米(84)→赤飯(77)→玄米(56)→五穀米(55)●フランスパン(93)→食パン(91)→バターロール(83)→ライ麦パン(58)→全粒粉パン(50)

●うどん(80)→インスタントラーメン(73)→パスタ(65)→蕎麦(59)→春雨(32)ブログ画像●果物は、パイナップル(65)以外は、大体60未満となるのでOK

●野菜は、ジャガイモ・人参・山芋・トウモロコシ・カボチャ・長いも・里芋は、90〜64と高いのでNG
  キャベツ・大根・ブロッコリー・ほうれん草は、26〜15と低いのでOK

●豆類・肉類・魚介類・キノコ類・乳製品・鶏卵・海藻類は、60〜30未満と低いのでOK

●お菓子類は、大抵高め・・・低いのはプリン(52)やゼリー(46)、ナッツ類(29〜20)

参考にしてみてください。

IZATO整体院
村瀬 美幸 続きを読む

老化防止の決め手はGI値 老化防止の決め手はGI値