澤山農園

ABOUT US

私達について

鹿児島県指宿市でオクラやミディトマトを生産している「澤山農園」です。
鹿児島県の薩摩半島の南端に位置しています。

澤山農園では、指宿市の中部にある九州最大の湖「池田湖」の水を利用し、【土づくり】や【天敵を利用したIPM農法】にこだわっています。

皆さん知っていましたか?
指宿市はオクラの生産量日本一の産地です。
その指宿市から、丹精込めて育てた野菜たちをお届け致します!!


【 澤山農園のこだわり 】

1. 土作り
当農園は、糖含有珪藻土で太陽熱還元消毒を行い、焼酎粕で発酵させた堆肥や稲わらを使用し、良い微生物を増やし、病原菌を抑え込むという土作りをしています。
人でいう「腸活」と一緒ですね。しっかりした健康な根を張らせてあげることが野菜にとって一番大事なことだと思っています。

肥料はカルシウムやマグネシウムなどのミネラルをたっぷり施し、アミノ酸や海藻エキス、脂肪酸などを施肥することにより、糖度が高く、アクの少ない野菜ができます。


2. できるだけ農薬に頼らない農法
病害虫対策として畑の周りにはバンカープランツを植え、できるだけ農薬に頼らず天敵を活用したIPM技術による害虫防除に取り組んでいます。

私は趣味で日本みつばちを飼っているのですが、近年みつばちの個体数が減少していることが問題になっています。
この原因が農薬の影響である可能性があるといわれています。

IPMはみつばちを守る技術でもあり、消費者の皆様に安心、安全な野菜を届ける一番の方法だと確信しています。


【 澤山農園の想い 】

農家として、私たちにできることは、消費者の皆様に安心、安全な野菜を届けることです。

私たちの丹精込めて作った野菜たちを食べて笑顔になっていただけたら幸いです。
同時に、農家として、みつばちの減少は死活問題となっています。

みつばちの受粉活動のおかげで、たくさんの作物が収穫できます。
そのため、みつばちの減少を少しでも食い止めたいと思い、趣味ではありますが、週末養蜂も行っています。

自然、人、みつばちにも優しい農法を継続し、今後も自信をもって皆様に、南国指宿より安心、安全な野菜をお届けしたいと思っています。