about us

わたしたちについて

ニワトリは日齢120日からたまごを産み始めますが、その頃はまだ栄養素や品質が安定していません。
私たちは1964年から続く養鶏の経験から、最高のたまごを産み落とせる期間は日齢210〜270日であるという答えに辿り着きました。
その間、わずか2ヶ月間。最も生命力が溢れた期間だからこそ、栄養価が高く・旨味豊かな・殻の硬い・美しい褐色のたまごが産まれるのです。
このわずかな期間にとれた希少なたまごを是非みなさまの元へお届けしたい。
そのような想いから「ほんの少しの間」という意味の「たまゆら」と、宝石のようなたまごという意味を込めて「たまゆら琥珀」と名付けました。