ロゴ

about us

わたしたちについて

【ありがとうランド誕生への道】

「ありがとうの達人に会いに行かない?」
仲間に誘われて行ったのが小林正観さんとの出会いだった
聞いたことのない話に食いついて聞いていた私
特に印象に残ったのが “サボテンの話“でした
自分の身を守るためにとげとげしく生きてるサボテンちゃん
そのサボテンちゃんに毎日.毎日
「ありがとう,大好き」と声をかける
するとサボテンちゃん しっかりと聞いていて
「私は愛されてるんだ もうとげとげしく生きなくていいんだ」
そう思って なんと なんと ある日突然
痛々しいとげが全部落ちて ツンツルテンになるか
はたまたとげがフニャフニャになる 
ビックリ仰天の話をされた
これは面白い ぜひやってみたいと思い
すぐにスーパーに行って
サボテンを買わずに タマネギを買ってきた
当時 カレー屋をやっていた私
サボテンちゃんも面白いけど
「ありがとう」と言いながらカレーを作ったらどうなるの?
そう思ったのでした
カレーの食材を買って来て
早速カレーを作り出した
まずはタマネギを切り出した
「タマネギちゃん ありがとう」そう言って切った
すると 涙が出ない⁇
不思議に思い まな板の近くに顔を持っていき
再び「タマネギちゃん ありがとう」
やっぱり涙が出ない⁈
続いて「ジャガイモちゃん にんじんちゃん ありがとう」
フライパンで炒めだした 「おいしくなって ありがとう」
キラキラしている 野菜が喜んでいるのか?
そして鍋に入れてコトコト炊きだした
「ありがとう ありがとう」と言い続けた
しばらくするとカレーが沸騰してきた
グツグツ グツグツ グツグツ
グツグツ 「ありがとう」‼ えっ❓❓
まさか 空耳でしょう
「美味しくなって ありがとう」
グツグツ 「ありがとう」‼ やっぱり聞えるやん
カ カ カレーが 
あ あ ありがとうって言ってる!!
興奮して 嬉しくなって 続けた
私「ありがとう♪ 〜 ありがとう♬」
カレー「ありがとう♫ 〜 ありがとう♬」
カレーと私のハーモニーがずっと続く
時間を忘れて「ありがとう ありがとう」
そして いきなり 「眩しい!!」
カレーが光った
何が起こったのか???
恐る恐る鍋を覗き込んだら
すごい綺麗にカレーが変身していた
ドキドキして味見をしてみた
なんとも言えない やさしい 笑顔になるような味に
ありがとうカレー誕生の瞬間です

【住所】〒656-2311 兵庫県淡路市久留麻54-3
【電話】080-4243-0358
【MAIL】arigatou0358@gmail.com
【HP】https://arigatou-land.com/
【Facebook】https://www.facebook.com/inokumaya/
【Instagram】https://www.instagram.com/hageoyaji0358
【アメブロ】http://ameblo.jp/miraihaseiten0358
【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UCzhKPQvmVZeTWOgiyiQsy2w

ありがとうキッチン

こんにちは!ありがとうキッチンです!!

ありがとうキッチンは全ての料理を作る時に
ありがとうの感謝の思いを込めて

素材に対して「ありがとう」
料理できる喜びに 「ありがとう」
お客様に喜んでいただけて 「ありがとう」

笑顔で楽しく営業させていただいております
皆様と出会える時を楽しみにお待ちしております


ありがとうキッチン


■ありがとう親父と龍 第一話■


■ありがとうカレー誕生秘話■



『丸ごと淡路島ありがとうカレー』

淡路島の素晴らしい空気とエネルギーを浴びながら

全てを淡路島の食材で作りました丸ごと淡路島ありがとうカレーです

・淡路島の大村農園の無農薬たまねぎ
・淡路島のせんざん醤油
・淡路島のおのころ塩
・淡路島の淡路島牛乳
・淡路島のかわばた味噌甘酒
・淡路島のクサカの酢
・淡路島の祖山のトマト


ありがとうキッチン


ありがとうキッチン

『淡路島の猪豚の角煮ありがとうカレー』

南あわじにある嶋本食品さんの育てる

猪豚を角煮にしてありがとうカレーに入れました。

トロトロの猪豚脂の旨みが口の中でトロけます。




ありがとうキッチン

 

ありがとうキッチンありがとうキッチンありがとうキッチン

ありがとうキッチンありがとうキッチンありがとうキッチン