ロゴ

お問い合わせはこちらから

友だち追加


一般的なバストアップとの違い

最近増えてきたバストアップの施術は、機械を使用したり、一時的なバストアップを目的としたものが多いです。

おっぱいメイクは、柔らかくした脂肪を移動させ、バストで定着しやすくする独自の技術を使って施術します。

一度出来たら一生物のバストを手に入れる為の施術です。

美白、引き上げ、バスト周りの細胞活性を同時に行うオリジナルジェルを使用することで、今までになかったバストメイクを実現しました。


なぜバストケアなのか

現在女性の乳がんは年々増加しており、20代でかかる方もいます。

乳がんの方が今後も増加すると言われている中、電磁波でより細胞の健康を損なうような施術はあまりおすすめ出来ません。

バストに悩みがあるのに、整形や機械の施術では本来の健康まで損なってしまうこともあります。

おっぱいメイクでは、天然成分のジェルを中心とした施術により、細胞の活性化とバストケアの両方を同時に行うことが出来ます。


最大の魅力

おっぱいメイクは、施術で使うジェルパックに水素をたっぷりと配合。

バストアップの施術を受けながら、体の活性酸素も同時にケアすることで、体の疲れもスッキリケア。

ストレスの溜まりやすい現代の女性にぴったりの施術です。


バストジェルパックの特徴

おっぱいメイクで使用しているバストジェルパックは、お米をジェル状にした「米ゲル」主体のオリジナルジェルパックです。

水素、霊芝、イソフラボンなど、免疫や女性ホルモンにしっかりとアプローチしつつ、口に含んでも大丈夫な成分のみを使用し、授乳中でも安心して使って頂けるように作られています。

産後のバストの変化が気になる方にもおすすめです。