【ソプラノ歌手 宗田舞子 プロフィール】

                 

ソプラノ歌手 宗田舞子 板橋区ピアノ教室

                   

 東京音楽大学ピアノ科卒業。同研究科オペラコース修了。
二期会オペラ研修所54期修了。

日本サロンコンサート協会オーディション最優秀賞。

ソレイユ新人、大曲新人音楽祭,オペレッタコンクール入選。

日本クラシック音楽コンクール本選にて好演賞。

これまでにピアノを三谷温、三浦捷子、声楽を市川倫子
平田典之、田手道子、横山美奈の各氏に師事。

文京区民オペラ「愛の妙薬」のアディーナでオペラデビュー後
「魔笛」パミーナ、「フィガロの結婚」伯爵夫人、ケルビーノ
「マイフェア・レディ」のイライザなどに出演。

東京シティフィル、シレジアフィルハーモニーなどのソリストとして共演。    

 聖路加国際病院院長・日野原重明氏の105歳のバースデーパーティーにて演奏 、
 NY国連大使公邸での天皇お誕生日レセプションにて君が代独唱など
国内、海外で活躍中。                         


【演奏実績】

2011年に渡米しジュリアード音楽院Evening Divion Opera Work Shop クラスに1年半在籍。

NY Grand Opera音楽監督Vincent La Selva氏に師事。

2013年6月より世界的テノールFrancisoco Casanova氏に3年間師事。

2013年3月New Jersey Ridgewoodにて「東日本大震災チャリティーコンサート」開催。

2013年9月にはマンハッタンマーキンホールにて第6回「風の環コンサート」に出演し、マンハッタンオーケストラと共演。

10月には念願だったカーネギー大ホールデビュー。「第2回日米合唱祭」に出演しソプラノソリストとしてマンハッタンオーケストラと共演する。2014年11月NJリッジウッドにてソロリサイタルを開催。

2015年3月ヴェラムジカプロダクション、オペラ「ラ・ボエーム」ミミ役を演じる。4月同プロダクション、オペラ「椿姫」ヴィオレッタ役を演じる。

2015年7,8月日本にてソロリサイタル、トリオコンサートを開催。12月NY国連大使公邸での天皇お誕生日レセプションにて国連事務総長ご列席の元、君が代独唱。

2016年NYCにてレコーディング。CD「The Beauty of Nature」をNYCと日本においてリリース。

2016年4月マンハッタンにてフランシスコ・カサノヴァ氏とジョイントリサイタルを開催。

またNY国連大使公邸にて、ソプラノ歌手として初めて招待されソロリサイタルを開催。各国大使から好評を得る。

5月カーネギーワイルリサイタルにてNYリリックオペラガラコンサートに出演。

2016年5月5年間のNY生活を終え、東京に帰国。

2016年9月聖路加国際病院院長・日野原重明氏の105歳のバースデーパーティーにて演奏

2016年10月JTアートホールにて帰国リサイタル開催。

2016年12月渋谷ラトリエにてCD「ラ・スパニョーラ」のリリースコンサートを行う。

2017年1月豪華客船ぱしふっくびーなす号にてタヒチまで演奏旅行に行く。

2017年3月東京二期会オペレッタ研究会コンサートに出演。

2017年5月三軒茶屋サロンテッセラにてリサイタルを開催。

2017年7月オペラ「椿姫」主役ヴィオレッタ役を演じる。

他、演奏実績多数。



【宗田舞子 オフィシャルFacebookページ】


【ソプラノ歌手 宗田舞子 アメーバブログ】
https://ameblo.jp/mylovesound/

【ソプラノ歌手 宗田舞子 オフィシャルサイト】
http://maiko-souda.com/