mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

筋活通信22号  貯「筋」残高。

皆さん、おはようございます。
筋活アドバイザー星野です。

「貯金」
じゃなく
「貯筋」

お金を貯めるのは好きだけど
筋肉貯めるのは苦手な方多いですね。

皆さんには生まれてから
預「筋」通帳が発行されています。

初めは残高0でも、どんどん貯まっていき
20~25歳で残高マックスになっていきます。
(ここ最近の子どもたちはちょっと違ってきてますが)

そして25歳をピークに残高減り始めて
40歳から下がり方が大きくなっていきます。
特に運動しなければ
平均「1年で約1%」減ります

80歳になるころにはピーク時の半分以下に(汗)

ちなみに
入院など1日中横になってると1日で1%近く
減ってしまうこともあります(汗)


これまで多くの患者さんをみていて
やはり貯筋残高の多い方からは
「気持ちの余裕」や「生きる自信」みたいなのを感じます。
ポジティブなんですよね。

でも、残高少ない方はそういった余裕がなく
ネガティブな方が多いように見受けられます。

ただ「貯筋残高」増やすだけで生き方や人生までも
変わってきます。

「できる」「出来ない」ではないですよ!
「やる」か「やらない」かですよ!!!

いくつからでも残高は増やせます。

寝たきり予防とかそんな野暮なことは言いません。

死ぬまで自分らしく生きていたくないですか?
年取って、息子さん娘さんたちの世話になりたいですか?

僕は絶対イヤ!

だから貯筋残高を増やし続けます!!!

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する