左右対称の造形美顔 / 自力整形メソッド・ 軸美人®️九州アカデミー講師 【小顔矯正サロン 佐賀県伊万里市/星・つむぎ】

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

ほほのリフトアップは骨の位置から上げることだってできちゃうんです!

皆様こんばんは!
ほほのリフトアップは骨の位置から上げることだってできちゃうんです!
ただし、シンメトリー美人のメソッドだったらね!

というお話をしたいと思います。

前回のメルマガで、お客様がセルフケアで
頭の形まで変わってしまっていた!!!

というお話をしました。
まずはそこから紐解いていきましょうね!

顎のエラあたり、ちょうど耳の穴の手前に指3本を当てて
みてください。

そして、奥歯を『クック!』とかみしめると
ぼこぼこ動く筋肉が存在します。
そこが『咬筋』噛む時に働く筋肉です。

次は、こめかみを覆うように手の平で
側頭部を覆って、同じく『クック!』と
噛みしめると、そこにも動く筋肉があります。


この2つの場所!
毎日毎日使うわけです。

歯列矯正や、入れ歯になると
噛む力が弱まり、衰えていく部位でもあります。


筋肉の位置が把握出来たら、解していきましょう。
わかりやすく、咬筋から始めてみてくださいね!

必ず、ビフォーアフターを比べましょう。

先ず、指3本を咬筋に当てたら、
指の位置はそこから引きずったり
しないように気を付けてね!


筋肉をとらえたら、
天井方向へ筋肉を上へ持ち上げます。

ゆっくり3秒かけて持ち上げたら
上げた位置から、後ろ方向へストレッチさせるように
3秒かけて持っていきます。

3秒経ったら指の力を抜き筋肉を元の位置へ
戻します。

戻すというより、圧を抜くだけで
勝手に筋肉が戻ります。

3角形を描ように動かすわけです。
決して、筋組織の下の『骨』まで貫通するような
強い力は入れない事!


これを、20回繰り返しましょう。
終わったら、口を開け閉めしてみてください。

とっても開けやすくなっているはず!
そして、顎周辺がスッキリ!
うまくできた方は、ちょうど顎関節や、鼻のから下のエリアが
コンパクトになっていると思います!


1番のポイントは3角形に動かして
解しを入れる事。
筋膜をリリースするのに
強い力は要らないの。

ここがシンメトリー美人のメソッドの
素晴らしいところ。

筋膜をゆるっと緩めて
中の動きを良くすることが出来ちゃう!!

ゴリゴリすると、筋繊維を痛めて
余計にたるませてしまいますので
ご注意を。

あららっ、、、
リフトアップ内容まで
たどりつけませんでした。

ですが、まずはこの部分の
固さを取り除く事で
ほほの骨からのリフトアップが
叶いますので

次にほほのリフトアップについては
お話、しますね!

ごめんなさい。

やってみて、効果あったよ!
という方は、メッセージ下さいね!
楽しみに待っています!

ではーーー!

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する