mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

成績を伸ばし続ける子。そして、合格して終わる子

こんばんは。

学習ジム・コーチの堀です。

ずっと勉強し続けているのに成績が伸びない子の話です。そして、勉強し続ける子の違い

についてです。

■合格して伸びなくなる子

小学校からずっと勉強しているのにもかかわらず、

「中学から成績の伸びなくなる子」
「高校から成績の伸びなくなる子」

がいます。その子の能力はおいておいて「勉強のやり方」についてお話したいと思います。

■大手塾での話

以前勤めていた大手の塾での話。その校舎の校責(校舎責任者)と話をしていたときのことです。その内容は

「どうすれば成績を伸ばし続けられるのか」

というもの。というのは、「中学受験」が終わったものの「中学に入って伸びなくなる子」が多かったのです。

受験が終わった途端

「勉強をしなくなる子」

もいるのです。せっかく勉強して希望の学校に合格したのにその後勉強しなくて、希望の大学には入れなかった。また、逆に

「中学に入っても勉強を続ける子」

もいます。そして、

「希望の大学に合格」

する子もいるのです。子育てをしてみるとわかりますが「中学受験」「高校受験」「大学受験」がゴールでなく、大切なことはもっと先にあるのです。

もちろん「合格する」ということも大切ですが、「その過程」もかなり大切なのです。

私は塾の先生だから「勉強しなさい」とは言いますし、現実に「勉強しないと自分の夢は達成できない」というのもわかっています。

受験を乗り越えるだめには「苦しいこと」があるのも十分わかっています。ですが、

「勉強しないといけない」
「苦しいことを乗り越えないといけない」

と「~ねばならない」だけでは、「成績は伸び続けない」のです。

■勉強を楽しむという考え

勉強を「楽しまない」と。こんなことを書くと

「何を理想的なことを」
「そんなのであればやってみて」

と言われそうですが、実は私も元々

「~せねばならない」

タイプです。塾に行かなくて一人で勉強していたときも、

「勉強をしないと・・」
「××をしないと・・」

でした。そうすると「長くやっていると疲れてしまう」のです。

「勉強はやらないといけないもの」
「勉強はしないと・・」

とその気持ちだけでやってしまうと長く続かないのです。さらに、続かないのが

「周りから言われてする勉強」

です。小学校のときには、「親の管理で成績アップ」しますが、成長するごとにそれも使えなくなります。反抗期が始まるからですね。

結局は「自分でやろうとしないと続かない」のです。

■勉強を続ける子

では、「どうすれば続くのか?」と言うと

「勉強を楽しむ技術(スキル)」

を持っている子なのです。例えば、単純作業である「辞書での単語調べ」も「ダラダラと調べている」と時間がすごくかかります。

ですが、キッチンタイマーを使って「ヨーイ、ドン」で調べてタイムを記録するだけで、「単語調べの記録会」になります。

実際に私もこれを子どもにやってもらっています。すると

「今度は30秒を切るぞ」
「次は新記録だ」

と喜々としてやるようになります。また、これを

「他の子と競争する」

とお互いに勉強の励みになります。また、問題集を解くときも

「連続してどれだけ〇が続くのか?」

を「チャレンジ目標」にすると

「連続〇記録更新中」

となって慎重に問題を読むようになります。これを子どもは「喜んでやる」のです。

■単純作業の仕事を楽しむ

実はこれは仕事でも同じです。私は「派遣の仕事」を何年間かやっていました。具体的には

「大手の会社で電子レンジの組み立て」
「自動車用オーディオの組み立て」

など本当に「単純作業」です。でもやっている人はみんな

「退屈そうにして、終了時間を気にして時計を見ているようでした」

その中で

「いかにたくさん作れるのか」
「いかに楽にできるのか」

とかいろいろ自分自身に「チャレンジ目標」を決めて取り組んでいました。そうして、仕事をしていたら面白くなってきました。また、

「こうすればもっとよくなるのでは?」

と提案していました。働く場所によっては

「ありがとう。それはいいね」

と提案を受け入れてもらうことができました。そして、どうなったのか?

「時給が上がった」

のです。派遣のときには

1300円→1400円

経理のアルバイトのときには

800円→900円

と評価してもらうことができたのです。今まで

「退屈で苦痛だった作業」が「面白い仕事に変わった」

のです。今まで作業だったものがいろいろアイデアが浮かんでくるのです。

■新入社員でも楽しむ

また、最初に入った職場でもダイレクトメールを送る仕事をしていました。

「顧客にセミナーに来てもらう」

仕事です。そのときも作業をしていたのですが、当時の上司から

「君は仕事をしているのか?」

と。一生懸命袋詰めしている私に対して言うのです。そして

「君のやっているのは【作業】。【仕事】をしなさい」

と。どういうことかと言うと

「言われたことを単純にやっているのは単に作業をやっているだけ。仕事はいかにお客さんにこのダイレクトメールを見てもらうのか?いかに手に取ってもらうのか?それを考えること」

と言われました。それから

「詰める順番を変えてみる」
「ダイレクトメールのタイトルを変える」
「封筒に見てもらう工夫をする」

などいろいろ考えていきました。こうやって

「チャレンジ目標を持つ」
「自分でできる工夫を考える」
「工夫をやってみる」

ことで楽しくなっていくのです。勉強も「楽しさ」を入れていけば長く勉強することができます。
これが実は

「就職のときも使える楽しむ方法」なのです。

そして、「楽しむから続けられる」のです。勉強も仕事も。

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する