ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

『成幸の法則2022』11.6

どんな人と出会い、どんな人生を送るかは、その人の「命の器」次第なのだ。
<宮田輝>

今、目の前にある現実は、10年前、20年前に考えていた通りのものですか?

10年前、20年前にハッキリと未来の姿を描いていましたか?

夢は「儚い」ものです。

夜、あんなにハッキリと見た夢も、朝、目を覚ませば何も覚えていない。

たった一度のこの人生で、「あれがしたい」「あの人のようになりたい」
「自由に旅をしてみたい」などなど...

人が見る夢は、あれこれ考えてもなかなか実現しないから、にんべんに夢と書いて「儚い」という漢字が生まれたのでしょう。

夢を叶えたい人にとって、とても重要なことがあります。

大きくハッキリと描くことの大切さは幾度となく伝えていますね。

それとは別の視点で、今日は夢の実現のご案内です。

それは、「内的変革へのチャレンジ」です。

ここをすっ飛ばしている人は、結構います。

ここをすっ飛ばしていると、夢は叶いません。

これは、夢を叶えるための、「基本の法則」なのです。

「内的変革チャレンジ」というのは、
■自分を許すこと
■自分を認めること
■他人と比べないこと
など、内面的に今までの自分を乗り越えることです。

本当の意味で夢が叶うのは、「内的変革チャレンジ」に勝利した後なのです。

内面的に今までの自分を乗り越えられないと、夢は不自然な形で目の前に現れます。

夢を叶えるチャレンジと聞くと、夢に対する具体的な幸動の方に注目しがちです。
 
でもそれ以前に、大きな夢を入れるための「器」ができていないと、本当の意味で夢は叶えられません。

ですから、私たちは「やり方」だけでなく、常に「在り方」にアプローチしているのです。

自分と向き愛う事の大切さ。

自分を知ることの価値。

自分を信じることの意味。

これらは「内的変革チャレンジ」の結果得られるものです。

「器」を大きく育てることにしっかり意識を向けましょう。

ーーーーーーーーー

※シェア元は私のメンター
成幸コンシェルジュ
 ”見る人を幸せにする” 人見幸男先生です 

ーーーーーーーーー

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する