ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

『成幸の法則2022』10.24

知識は経験とのバランスが取れて、はじめて生かされる。
<坂上忍>

「バランスが大切」
こんな表現はよく耳にします。

栄養のバランス、ホルモンバランス、
体幹の左右バランス...

仕事と生活のバランス...

心と体のバランス...

陰と陽のバランス...

中庸に整えるとは、両極を体験してこそ生まれる在り方です。

いつも氣忙しく(きぜわしく)動いている人、こんなタイプは反対の極である、「時間をかけていい」という許可を、自分に出せるかどうか。

じっくりと時間をかけて生まれる現実を味わうことで、時間に対する中庸が太く育ちます。

例えば平均台の上で、バランスを無理に取ろうとすれば逆にフラフラしてしまいます。

遠くを見つめ、平面を歩いているつもりで心と体のバランスを取る。

平均台から落下しても、その体験が、落下しないで歩くという未来の力を支えるのです。

両極の体験は、自分の中に中庸というバランスを作ります。

人生の体験も正に同じ。

片側だけの体験で、成幸への王道を歩むことは出来ません。

敢えて困難な道を選ぶことで、今までと違う筋肉が鍛えられるのです。

そして、バランスが整う。

失敗してもいいのです。

泣いてもいいのです。

間違えていいのです。

それらは全て財産になります。

失敗することで成幸するための筋肉が育ちます。

泣くことがあるから、素敵な笑顔が手に入ります。

間違えることは、正しい方向を示す羅針盤の精度を高めます。

しかし、それには条件があります。

目標を掲げて、自分を磨き続けるという意志を持つこと。

自分ができたことを、続く人たちへシェアし、分かち愛いの環境を育てること。

輝く未来は自分たちの手で作り出せるんだという信念の種を、多くの人に植える努力を怠らないこと。

顔晴りましょう。

ーーーーーーーーー

※シェア元は私のメンター
成幸コンシェルジュ
 ”見る人を幸せにする” 人見幸男先生です 

ーーーーーーーーー

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する