ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

『成幸の法則2022』10.8

本人にとっては「ありのまま」でも、他の人から見れば、その人に都合よく見えているだけ。
<阿満利麿>

今日も私たちの「認知」に関するお話。

私たちは、自分の思った通りに物事を認知し、思考しています。

それは、必ずしも事実に基づくものとは限りません。

ですから、歪んで見ている場合も決して少なくないのです。

その思考の歪みのことを「認知の歪み」といいます。

代表的な「認知の歪み」は、「百かゼロか思考」です。

「百かゼロか思考」というのは、物事を見るときに、

「善か悪か」

「正しいか間違いか」

「白か黒か」

といった両極端な見方をしてしまうクセのことです。

別名「白黒思考」と言います。

ほとんどの問題において、事実は白と黒の間のどこかにあるものですが、「百かゼロか思考」の人は、「白でないならば黒だ」と考えます。

それは、「100パーセントでないならばゼロと一緒だ」という極端な捉え方。

例えば、
自分のやった仕事に対しても、

「パーフェクトでないならば失敗だ」
(=白でないならば黒だ)という見方をしてしまうので、自分のやった仕事に一部でも欠点やミスが見つかると、「失敗だ」とか「ダメだ」といったぐあいに、仕事全部を否定してしまいます。

甘いものを控えていたダイエット中の女性が、ケーキを一つ食べたことで
「今までの努力が台無しになった」
と考えて自己嫌悪に陥ってしまうのも、「百かゼロか思考」です。

世の中には、パーフェクトな善人もいなければ、100パーセント悪人だという人もいません。

そういう意味で、人は皆、グレーな存在なのです。

「百かゼロか思考」のクセを持っている人は、相手の中に少しでも悪い点をみつけると、その人のことを「悪い人だ」と捉えがちです。

このような思考のクセは、明らかに成幸の妨げです。

自分のクセをしっかり捉え、成幸に必要なものに変えていくことが、私たちがすべきチャレンジなのです。

ーーーーーーーーー

※シェア元は私のメンター
成幸コンシェルジュ
 ”見る人を幸せにする” 人見幸男先生です 

ーーーーーー

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する